ドラマ「美食探偵明智五郎」最終回ネタバレあらすじ | 原作漫画からの予想

いよいよ、4月12日夜10時30分から放送がスタートする日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」ですが、最終回が気になる方も多いです!

こちらでは、日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の原作漫画「美食探偵 明智五郎」から、メンバーで最終回の予想をまとめてみました。

皆さんもどんな最終回が当たっていそうか、理想なのか考えてみてください!

スポンサーリンク

日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の最終回はいつ?

日曜ドラマは全話で10話もしくは11話で最終回を迎えることが多いです。

よって、日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の最終回は、予定通り放送されれば、10話で6月14日(日)の放送、11話で6月21日(日)の放送となります。

日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の最終回ネタバレ予想①

この「美食探偵明智五郎」は東村アキコさんの漫画をドラマ化ししており、江戸川乱歩氏の明智小五郎と同じ私立探偵です。

ただ探偵であると共に美食家でありますが、美食を舞台にして犯罪が起きるなどして、事件の裏には美食がカギを握ることになります。

ドラマでは中村倫也さんが明智五郎役を演じており、端正な顔立ちでもあることから役柄としてはふさわしいという意見も多かったです。

なお明智五郎は地味な夫人から夫の浮気調査を依頼されるわけですが、その夫が若い女性の家に通っていることを突き止めます。

それを依頼主の夫人に報告すると、翌日には刺殺されてしまう事件が起こります。

当然にこれは夫人の仕業と明智五郎が悟るわけです。

明智五郎も最後の晩餐ということで夫人を美食に誘いますが、明智が見ている前でそのまま崖から身を投じ自殺をします。

ただ崖から身を投じたことで死んだと明智も思ったわけですが、奇跡的に夫人は命が助かります。

しかも生還したことで第二の人生を送ることになり、マグダラのマリアという差出人からのメールが明智五郎の元に届きます。

そのメールを見た明智は夫人の生存を確信し、その夫人の人生は殺意を抱く人たちの事件の裏に暗躍するべき存在となるわけです。

もっとも最終回ではその事件の裏に暗躍した理由が明らかになり、実は好意を抱いていた明智に知ってもらいたい願望があったからだと明らかにされると予想されます。

数々の謎と共に登場する美食が異彩を放ち、最終回では数々の謎が明かされていき、登場する美食が謎を解くカギを握るはずです。

日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の最終回ネタバレ予想②

2020年4月放送開始予定のドラマ美食探偵明智五郎は、少女漫画が原作の作品で、探偵の明智五郎が主人公です。

中村倫也が演じる明智五郎は、探偵業を営む一方で、美食倶楽部を主宰する美食家でもあります。

月1回のペースでメンバーが集まり、皆で美食を味わうことを楽しみとしている人物です。

美食探偵明智五郎は美食がテーマの作品ですが、それはあくまでも物語の舞台装置で、事件が発生したりサスペンスの展開を見せるのが魅力です。

原作漫画では、竹澤夫人を名乗る女性が明智の元に、旦那の浮気調査依頼が舞い込みます。

浮気の疑いを抱いた発端は、夫の服から毎日異なる香りがしたことです。

それも香水ではなくスパイスなのが特徴で、自宅では食べない料理の香りを感じたことから、浮気の疑いに繋がっています。

しかし、旦那は女性が住むアパート前で刺され、亡くなったというニュースが流れます。

明智は依頼主を疑い、デートを口実に食事に誘うのでした。

ところが明智は竹澤夫人に睡眠薬を盛られ眠らされます。

目を覚ました明智は逃げた竹澤夫人を探して見つけますが、まさに目の前で身投げしてしまいます。

実は竹澤夫人は生きており、マグダラのマリアを名乗り、殺意を抱く人に手を貸すことで暗躍を続けます。

気になるのは最終回の結末ですが、原作漫画は5巻で止まっており、物語は完結していない状態です。

この状態から予想されるドラマの最終回は、順当に明智がマグダラのマリアを逮捕まで追い詰めるか、ドラマオリジナルの結末を迎えると考えられます。

あるいは、あと一歩のところでまた逃げられてしまい、物語は続くという形で終わることも、最終回としてあり得る結末です。

日曜ドラマ「美食探偵明智五郎」の最終回ネタバレ予想③

ドラマは原作が最終回を迎える前に終わりを迎えるため、原作の途中経過とは違う結末を迎えると予想します。

また、人物設定も若干異なっており、ドラマでは明智五郎の年齢が18歳の高校生となっているのが特徴。

そして大学受験を控えているということも考慮すると、ドラマ版の最終回は五郎が究極のカレーを求めてインドへと留学すると予想しています。

なぜインドへの留学を五郎が考えているのかというと、原作の4巻目に父親が以前インドの北西部にある小さな街で働いていたという回想を五郎はしていました。

この時、家族でインドで4年間暮らしていたとも付け加えているので、大学に通っていたと推理することが可能です。

原作の場合は、明智五郎は42歳の男性であるため、ドラマはある意味過去のストーリーとなっているといえます。

最終回は明智のライバルである金田一幸一とのエスニック料理対決になると考えられるため、明智にとっては青年期の大きな人生の転機が訪れるといっても過言ではありません。

ヒロインである山村早苗との結婚は恐らくないでしょうから、五郎はひとりでインドへと旅立つことでしょう。

なお、今作で作品が結末となるのではなく、パート2へと続く伏線も用意されていると考えています。

原作もまだ未完であり、1年間に1回で明智五郎の成長を追った壮大なヒューマンドラマになることでしょう。

美食を求める旅を続け、究極のグルメにたどり着くことを見届けたい作品です。