「ロスジェネの逆襲」のあらすじ!半沢直樹2第一部の原作

2020年7月19日スタートした、日曜ドラマ「半沢直樹2」の原作は、池井戸潤作品の「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」の2つです。

「半沢直樹2」は2部構成で最初の1部が「ロスジェネの逆襲」のストーリーとなっています。

こちらは、池井戸潤作品「ロスジェネの逆襲」のあらすじネタバレになります。

ドラマとはストーリーが違うところが多いので、どこが違うのかお楽しみください。

スポンサーリンク

「ロスジェネの逆襲」のあらすじに登場する主要人物一覧

「ロスジェネの逆襲」のあらすじに登場する主要人物は以下のとおりです。

こちらでは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第1部のキャスト情報も掲載していますが、原作「ロスジェネの逆襲」に登場する人物のみをピックアップしています。

日曜ドラマ「半沢直樹2」第1部のキャスト・出演者一覧
出演者関係・役柄
東京セントラル証券
半沢直樹堺雅人営業企画部長
岡光秀益岡徹社長(銀行出向組)
諸田祥一池田成志営業企画部次長(銀行出向組)
三木重行角田晃広営業企画部(銀行出向組)
森山雅弘賀来賢人営業企画部調査役(プロパー社員)
東京中央銀行
中野渡謙北大路欣也頭取
三笠洋一郎古田新太副頭取
伊佐山泰二市川猿之助証券営業部長
野崎三雄小久保寿人証券営業部次長
渡真利忍及川光博融資部(半沢直樹の同期)
苅田光一丸一太情報システム部(半沢直樹の同期)
電脳雑伎集団
平山一正土田英生社長
平山美幸南野陽子副社長(平山一正の妻)
玉置克夫今井朋彦財務担当役員
戸村逸樹営業担当役員
Spiral(スパイラル)
瀬名洋介尾上松也社長
加納一成井上芳雄戦略担当役員
清田正伸加藤啓財務担当役員
買収関連企業
郷田行成戸次重幸ファックスの社長
広重多加夫山崎銀之丞太洋証券の営業部長

「ロスジェネの逆襲」のあらすじネタバレ

「ロスジェネの逆襲」では、大きく以下の9つの章であらすじネタバレを紹介します。

  • 第1章「椅子取りゲーム」
  • 第2章「奇襲攻撃」
  • 第3章「ホワイトナイト」
  • 第4章「舞台裏の道化師たち」
  • 第5章「コンゲーム」
  • 第6章「電脳人間の憂鬱」
  • 第7章「ガチンコ対決」
  • 第8章「伏兵の一撃」
  • 第9章「ロスジェネの逆襲」

ロスジェネの逆襲「第1章 椅子取りゲーム」のあらすじ

東京中央銀行の営業第二部次長だった半沢直樹は、子会社の東京セントラル証券の営業企画部長として出向していました。ある日、その東京セントラル証券に、大型の買収案件のアドバイザー依頼がきたのです。

依頼者はITベンチャー企業の「電脳雑伎集団」の平山社長夫妻でした。

彼らは事業拡大のために、同じくITベンチャーの「東京スパイラル」の買収をしたいというのです。東京セントラル証券には企業買収の実績が少ないため、実績を上げるために半沢達は、この依頼を受けました。

しかし、そこで問題が生じたのです。証券会社内部には、銀行からの出向組と証券会社で採用されたプロパー社員がいるのですが、出向組が優遇される雰囲気があり、この買収案件も本来なら担当するはずだったプロパー社員の森田が外され、能力も実績もない出向組の三木が担当となったのです。

森田は、三木と彼を押した上司の諸田に怒りを感じ、どうせ自分はロストジェネレーション世代だと、仕事への熱意を失いかけます。ところが、ここで予想もしない事態が起こるのです。

三木が何の買収計画も立てられないことに腹を立てた平山社長が、突然、アドバイザー契約を打ち切ると告げたのです。さらに平山社長が改めてアドバイザー契約を結んだ相手が判明するのでした。

それはなんと、親会社の東京中央銀行だったのです。怒る森山たちに、半沢は告げるのでした。「やられたら、倍返しだ」と。

以上が「ロスジェネの逆襲」第1章椅子取りゲームのあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第2章 奇襲攻撃」のあらすじ

親会社に大型案件を奪われた東京セントラル証券内では、どうして東京中央銀行がこの件を知ることができたのかと疑う中、諸田と三木に銀行へ戻ることになりました。

このタイミングでの辞令をいぶかしく思う半沢や森田たちでしたが、半沢にはもう一つ不可解な点がありました。平山社長はなぜ実績のない東京セントラル証券をまず選んだのかということです。

何か事情が裏にあるのではないかと半沢は、銀行本店に勤務する同僚に探ってもらうように頼みます。一方、本社に配属となり意気揚々とする三木でしたが、配属先ではコピーばかり取らされ、年下の上司や同僚に小馬鹿にされていました。

その三木が話が違うと詰め寄ったのは、なんと平山社長の新たなアドバイザーチームの部長である伊佐山だったのです。三木は今回の件で、自分が騙されたことを知ったのでした。

そして銀行から平山社長への融資が決定します。

その情報を得た半沢は、買収先である「東京スパイラル」の株価に注目したのですが、株の買い占めの気配が見られません。

しかし証券取引終了の午後3時を過ぎた時、同僚の渡真利から一報が入りました。なんと時間外取引で、「東京スパイラル」株の三割弱が取得されたというのでした。当事者の「東京スパイラル」に悟られることのない見事な奇襲攻撃だったのです。

以上が「ロスジェネの逆襲」第2章奇襲攻撃のあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第3章 ホワイトナイト」のあらすじ

一方、買収を仕掛けられた「東京スパイラル」の瀬名社長は、窮地に陥っていました。時間外取引により「電脳」の平山社長に株を売り渡したのは、会社設立メンバー達だったのです。

会社の方向性で対立した彼らはすでに会社を去っていました。

残された若いメンバーは頼りなく、「電脳」による株の公開買い付けを阻止する手立てが見つかりません。そんな中で、大洋証券が打開策を持ち込んできたのです。

それは「電脳」が「東京スパイラル」株の過半数を取得することを阻止するために、新株を発行し、それを協力的な会社(ホワイトナイト)に買い取ってもらうという策でした。

瀬名社長は悩みますが、その時、学生時代の友人から電話が掛かってきます。実はその友人は、半沢直樹の部下の森田でした。瀬名を心配していた森田は、瀬名と会って話します。

そこで森田は、ホワイトナイトが現れたこと、それが「フォックス」の郷田社長だということを聞くのですが、釈然としないものを感じるのです。「フォックス」の最近の業績が良くない中で、どうやって郷田社長は新株を購入する資金を調達するのか確かめた方がよいと瀬名に助言を与えました。

そしてこれからも何かあれば協力すると告げたのです。

以上が「ロスジェネの逆襲」第3章ホワイトナイトのあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第4章 舞台裏の道化師たち」のあらすじ

ある日、森田は「フォックス」の郷田社長が「電脳」に入っていく姿を見かけました。瀬名の味方のはずの郷田社長が、なぜ敵対する会社を訪問するのかと疑問を抱いた森田は、半沢に相談します。

そして瀬名と一度直接話して欲しいと頼みました。

その席で半沢と森田は、瀬名の口から、郷田社長が新株購入の資金のために「白水銀行」から融資を受けたことを聞きます。しかしここで半沢が異議を唱えるのでした。

なぜなら独自に「フォックス」を調べた半沢は、「フォックス」に融資をしたのが「白水銀行」ではなく、「東京中央銀行」だと知っていたからでした。疑問を持った半沢は、三木に接触します。

やりがいのない仕事に絶望していた三木は、「電脳」からの買収案件の情報を銀行に流したのが、諸田であり、それを知った自分は口留め料として銀行に戻してもらったと白状します。

協力を求められた三木は、ある重要な情報を半沢にもたらします。それは「電脳」が「フォックス」を買収する計画でした。そう「東京スパイラル」の新株を得た「フォックス」をまず買収することで、「電脳」は「東京スパイラル」を手に入れようとしているのです。

それが東京中央銀行の買収計画でした。

ホワイトナイトも、大洋証券も全てグルだったのです。全てを知った半沢は、瀬名に協力を申し出ます。瀬名のアドバイザーとして、本来なら逆らうことなど許されない東京中央銀行と真っ向から闘う覚悟を決めるのでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第4章舞台裏の道化師たちのあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第5章 コンゲーム」のあらすじ

「東京スパイラル」の瀬名社長のアドバイザーとなった半沢達は、「電脳」からの買収を阻止するためにある奇策を思いつきます。

それが「フォックス」の買収でした。

半沢の部下の森田が、「フォックス」の持つ隠れた強みを発見し、両社が手を結ぶことによって発展していくと考えたのです。一方、「フォックス」の郷田社長は追い詰められていました。経営の悪化の穴埋めのための投資で、莫大な損失を出しており、自主再建が不可能だったのです。

残された手段が「電脳」からの救済であり、そのため仕方なく偽りのホワイトナイトを引き受けたのです。しかし、ひた隠していた財務悪化がマスコミに告発されてしまいました。

それに加えて、「電脳」と「フォックス」の裏取引が半沢にバレてしまったことを知った東京中央銀行の伊佐山たちは、「フォックス」を介した買収策を諦め、「東京スパイラル」の株式の公開買い付けに手段を変更するのです。

だが、その相談の最中、同じく「東京スパイラル」による「フォックス」株の公開買い付けの報が入り、伊佐山は驚き、裏で糸を引いている半沢に激怒するのでした。

また「電脳」内部でも動きがありました。買収話を強引に進める平山社長夫妻に、財務部長の玉置が反発したのです。彼は会社を見限り、辞職したのでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第5章コンゲームのあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第6章 電脳人間の憂鬱」のあらすじ

半沢達による逆買収策が親会社の利益に反するのではないかと、東京中央銀行の三笠副頭取に呼び出された半沢は、元々顧客を横取りしたのは銀行側であり、お互いの顧客の利益を最優先するのが頭取の理念だと主張するのです。その主張が通り、半沢と伊佐山は真っ向から勝負することを許されます。

その中で、意見を変えだしたのが「電脳」でした。

「フォックス」の財政悪化が報道され、利用価値が無くなったと判断した平山社長は「フォックス」救済を渋りだします。銀行側の説得にも耳を傾けません。

それを知らない「フォックス」の郷田社長は、「東京スパイラル」の瀬名社長と会見し、騙したことを謝罪します。瀬名に避難される郷田は、自分にはもう若い頃のような切れがないことを認めるのです。

その郷田に、瀬名と半沢は「東京スパイラル」と手を組むように持ち掛けますが、平山社長に恩義を感じる郷田は断ります。しかし郷田は、その後の平山社長との会見で、彼が「フォックス」を見限ったことを知るのです。

唯一「電脳」内で話が通じる玉置の辞職も知り、郷田は絶望します。仲介を期待した銀行からも返事がなく、彼はただ一つ残された道を選ぶのです。

それが、一度は拒否した瀬名の助けを求めることでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第6章電脳人間の憂鬱のあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第7章 ガチンコ対決」のあらすじ

瀬名の傘下に入ることを決めた郷田には疑問がありました。衰退の一途をたどる「フォックス」のどこに魅力があるのかと尋ねる郷田に、瀬名は「フォックス」の子会社の名をあげます。

それはサンフランシスコにある「コペルニクス」という小さな会社でした。

その秘めた可能性と「東京スパイラル」が手を結べば、アメリカ進出で大きな成功を望めるというのです。半沢が、この「コペルニクス」の可能性を週刊誌と証券会社のアナリスト達に流した途端、「東京スパイラル」の株価が急騰するのです。

「東京スパイラル」の株の公開買い付けを行っていた伊佐山には、大打撃でした。買い付け価格を上げるためには、更なる巨額な融資が必要となるため、株価が下がるのを待ちますが、一向に下がる気配がありません。

策に困った伊佐山と諸田は、半沢と内通している三木を通じて、頭取がとても怒っており、このまま買収を続ければ、半沢は今のポストからも引きずり降ろされるだろうと偽情報を流して、心理的な揺さぶりをかけるのです。

しかし半沢は、森山の前で毅然と答えるのです。人事が怖くて、サラリーマンが務まるか、と。

また「電脳」を退社した玉置は、個人的に郷田と話していたのですが、なぜ平山社長は最初に東京セントラル証券に依頼したのだろうという半沢の疑問を聞き、ある事に思い当たります。

そして半沢の着眼点を褒めるのでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第7章ガチンコ対決のあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第8章 伏兵の一撃」のあらすじ

玉置は、郷田によって半沢と瀬名、森山に紹介されます。その場で、玉置自身は「東京スパイラル」の買収に反対だったと告げるのです。その彼に半沢は、なぜ平山社長が東京セントラル証券にまず依頼したのかという疑問をぶつけます。

玉置はあるヒントを与えてくれました。そのヒントに森山は思い当たることがありました。森山が以前に「電脳」から手に入れた資料に、「電脳」の子会社の情報があったのです。

直感的にそれだと確信した半沢と森山が調査を進めると、なんと「電脳」の粉飾決算が判明したのでした。

実は「電脳」表向きは黒字なのですが、実質は大幅な赤字だったのです。今回の買収の目的も、「東京スパイラル」という大物を手に入れることにより、赤字決算をうやむやにすることでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第8章伏兵の一撃のあらすじネタバレです。

ロスジェネの逆襲「第9章 ロスジェネの逆襲」のあらすじ

半沢は情報を手に、伊佐山に面会を申し込みますが、彼は拒否します。そして「電脳」への追加融資を決定する会議において、半沢は全てを公表し、銀行は融資を中止し、「電脳」への経営介入を決めるのです。

出世の道を立たれた伊佐山と三笠副頭取は、報復として半沢を「電脳」へ出向させようとしますが、頭取によって阻止され、逆に自分たちが「電脳」へ送り込まれることを知るのでした。

一方、半沢は、今回の手柄により、古巣の本店営業第二部に栄転することが決まります。そして半沢の姿を目にした森山は、今の仕事に意義を見出し、証券会社の一員として瀬名のアドバイザーを引き受けるのでした。

以上が「ロスジェネの逆襲」第9章ロスジェネの逆襲のあらすじネタバレです。

「ロスジェネの逆襲」を読んだ感想

相変わらず面白い池井戸潤作品。

数年前に「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」の書籍を購入して、読んだ記憶がよみがえりました。

そして、思い出されるのがモデルとなっているであろうホリエモンがフジテレビにしかけたライブドア事件。

このときのホワイトナイトは、SBIホールディングスの北尾吉孝氏でした。

親会社と子会社でバトル話は創作ですが、もうひとつのインデックスホールディングスの粉飾決算事件もあわせて史実を知るとより楽しめる一冊です。

それとドラマ「半沢直樹」は7年ぶりに続編がスタートしましたが、ストーリーの大筋は踏襲していますが、だいぶ流れが変わっていますね。

ドラマ「半沢直樹2」のあらすじを知りたい方は、「ドラマ『半沢直樹2』のネタバレ!あらすじを最終回まで全10話紹介」で詳しくまとめていますので、ご確認ください。

特に森山と瀬名が対立するシーンは原作にはないので、ドラマならではの面白さもあります。

日曜ドラマ「半沢直樹2」は第二部の「銀翼のイカロス」へ

日曜ドラマ「半沢直樹2」では「ロスジェネの逆襲」から第二部の「銀翼のイカロス」へとあらすじが続きます。

原作「銀翼のイカロス」のあらすじが知りたい方は、「『銀翼のイカロス』のあらすじ!半沢直樹2第二部の原作」で詳しくまとめていますので、ご確認ください。