『半沢直樹2』第2話のネタバレあらすじ!卑劣な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!

こちらでは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじのネタバレや、半沢直樹2と原作の比較、感想をまとめています。

半沢直樹2の第1話「子会社VS銀行!飛ばされた半沢の新たな下剋上が始まる」では、出向先の東京セントラル証券に大型の買収案件のアドバイザー依頼が来るストーリーの予定です。

半沢直樹2の第2話「卑劣な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!」では、電脳からの敵対買収を阻止するために、東京スパイラルにホワイトナイトが現れるストーリーの予定です。

日曜ドラマ『半沢直樹2』
2020年7月26日(土)放送
第2話タイトル「ホワイトナイト現る」

半沢直樹2の最終回までのあらすじ≫

スポンサーリンク

日曜ドラマ『半沢直樹2』第2話のネタバレあらすじ

ここからは、7月26日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじ予想をまとめたネタバレです。

「半沢直樹2」2話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予想です。

  • 買収をしかけられた

親会社に大型案件を奪われた東京セントラル証券内では、どうして東京中央銀行がこの件を知ることができたのかと疑う中、諸田と三木に銀行へ戻ることになりました。

このタイミングでの辞令をいぶかしく思う半沢や森田たちでしたが、半沢にはもう一つ不可解な点がありました。

平山社長はなぜ実績のない東京セントラル証券をまず選んだのかということです。

何か事情が裏にあるのではないかと半沢は、銀行本店に勤務する同僚に探ってもらうように頼みます。

一方、本社に配属となり意気揚々とする三木でしたが、配属先ではコピーばかり取らされ、年下の上司や同僚に小馬鹿にされていました。

その三木が話が違うと詰め寄ったのは、なんと平山社長の新たなアドバイザーチームの部長である伊佐山だったのです。三木は今回の件で、自分が騙されたことを知ったのでした。

そして銀行から平山社長への融資が決定します。

その情報を得た半沢は、買収先である「東京スパイラル」の株価に注目したのですが、株の買い占めの気配が見られません。

しかし証券取引終了の午後3時を過ぎた時、同僚の渡真利から一報が入りました。

なんと時間外取引で、「東京スパイラル」株の三割弱が取得されたというのでした。

当事者の「東京スパイラル」に悟られることのない見事な奇襲攻撃だったのです。

一方、買収を仕掛けられた「東京スパイラル」の瀬名社長は、窮地に陥っていました。

時間外取引により「電脳」の平山社長に株を売り渡したのは、会社設立メンバー達だったのです。

会社の方向性で対立した彼らはすでに会社を去っていました。

残された若いメンバーは頼りなく、「電脳」による株の公開買い付けを阻止する手立てが見つかりません。

そんな中で、大洋証券が打開策を持ち込んできたのです。

それは「電脳」が「東京スパイラル」株の過半数を取得することを阻止するために、新株を発行し、それを協力的な会社(ホワイトナイト)に買い取ってもらうという策でした。

瀬名社長は悩みますが、その時、学生時代の友人から電話が掛かってきます。

実はその友人は、半沢直樹の部下の森田でした。

瀬名を心配していた森田は、瀬名と会って話します。

そこで森田は、ホワイトナイトが現れたこと、それが「フォックス」の郷田社長だということを聞くのですが、釈然としないものを感じるのです。

「フォックス」の最近の業績が良くない中で、どうやって郷田社長は新株を購入する資金を調達するのか確かめた方がよいと瀬名に助言を与えました。

そしてこれからも何かあれば協力すると告げたのです。

ある日、森田は「フォックス」の郷田社長が「電脳」に入っていく姿を見かけました。

瀬名の味方のはずの郷田社長が、なぜ敵対する会社を訪問するのかと疑問を抱いた森田は、半沢に相談します。

そして瀬名と一度直接話して欲しいと頼みました。

その席で半沢と森田は、瀬名の口から、郷田社長が新株購入の資金のために「白水銀行」から融資を受けたことを聞きます。

しかしここで半沢が異議を唱えるのでした。

なぜなら独自に「フォックス」を調べた半沢は、「フォックス」に融資をしたのが「白水銀行」ではなく、「東京中央銀行」だと知っていたからでした。

疑問を持った半沢は、三木に接触します。

やりがいのない仕事に絶望していた三木は、「電脳」からの買収案件の情報を銀行に流したのが、諸田であり、それを知った自分は口留め料として銀行に戻してもらったと白状します。

協力を求められた三木は、ある重要な情報を半沢にもたらします。

それは「電脳」が「フォックス」を買収する計画でした。

そう「東京スパイラル」の新株を得た「フォックス」をまず買収することで、「電脳」は「東京スパイラル」を手に入れようとしているのです。

それが東京中央銀行の買収計画でした。

ホワイトナイトも、大洋証券も全てグルだったのです。

全てを知った半沢は、瀬名に協力を申し出ます。

瀬名のアドバイザーとして、本来なら逆らうことなど許されない東京中央銀行と真っ向から闘う覚悟を決めるのでした。

 

 

ここまでが、7月26日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじ予想のネタバレです。

「半沢直樹2」第3話のあらすじ予想を知りたい方は、第3話『子会社VS銀行の狼煙』へ読み進めてください。

日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話の感想まとめ


こちらは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

「半沢直樹2」第2話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、日曜ドラマ「半沢直樹2」第2話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。