『半沢直樹2』第3話のネタバレあらすじ!子会社VS銀行の狼煙

こちらでは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話のあらすじのネタバレや、半沢直樹2と原作の比較、感想をまとめています。

半沢直樹2の第2話「ホワイトナイト現る」では、電脳からの敵対買収を阻止するために、東京スパイラルにホワイトナイトが現れるストーリーの予定です。

半沢直樹2の第3話「子会社VS銀行の狼煙」では、東京スパイラルからの依頼で買収防衛策のアドバイバーにつくストーリーの予定です。

日曜ドラマ『半沢直樹2』
2020年8月2日(土)放送
第3話タイトル「子会社VS銀行の狼煙」

半沢直樹2の最終回までのあらすじ≫

スポンサーリンク

日曜ドラマ『半沢直樹2』第3話のネタバレあらすじ

ここからは、8月2日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話のあらすじ予想をまとめたネタバレです。

「半沢直樹2」3話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予想です。

  • ファックスの買収に動く

「東京スパイラル」の瀬名社長のアドバイザーとなった半沢達は、「電脳」からの買収を阻止するためにある奇策を思いつきます。

それが「フォックス」の買収でした。

半沢の部下の森田が、「フォックス」の持つ隠れた強みを発見し、両社が手を結ぶことによって発展していくと考えたのです。

一方、「フォックス」の郷田社長は追い詰められていました。経営の悪化の穴埋めのための投資で、莫大な損失を出しており、自主再建が不可能だったのです。

残された手段が「電脳」からの救済であり、そのため仕方なく偽りのホワイトナイトを引き受けたのです。

しかし、ひた隠していた財務悪化がマスコミに告発されてしまいました。

それに加えて、「電脳」と「フォックス」の裏取引が半沢にバレてしまったことを知った東京中央銀行の伊佐山たちは、「フォックス」を介した買収策を諦め、「東京スパイラル」の株式の公開買い付けに手段を変更するのです。

だが、その相談の最中、同じく「東京スパイラル」による「フォックス」株の公開買い付けの報が入り、伊佐山は驚き、裏で糸を引いている半沢に激怒するのでした。

また「電脳」内部でも動きがありました。買収話を強引に進める平山社長夫妻に、財務部長の玉置が反発したのです。彼は会社を見限り、辞職したのでした。

半沢達による逆買収策が親会社の利益に反するのではないかと、東京中央銀行の三笠副頭取に呼び出された半沢は、元々顧客を横取りしたのは銀行側であり、お互いの顧客の利益を最優先するのが頭取の理念だと主張するのです。

その主張が通り、半沢と伊佐山は真っ向から勝負することを許されます。

その中で、意見を変えだしたのが「電脳」でした。

「フォックス」の財政悪化が報道され、利用価値が無くなったと判断した平山社長は「フォックス」救済を渋りだします。

銀行側の説得にも耳を傾けません。

それを知らない「フォックス」の郷田社長は、「東京スパイラル」の瀬名社長と会見し、騙したことを謝罪します。

瀬名に避難される郷田は、自分にはもう若い頃のような切れがないことを認めるのです。

その郷田に、瀬名と半沢は「東京スパイラル」と手を組むように持ち掛けますが、平山社長に恩義を感じる郷田は断ります。

しかし郷田は、その後の平山社長との会見で、彼が「フォックス」を見限ったことを知るのです。

唯一「電脳」内で話が通じる玉置の辞職も知り、郷田は絶望します。

仲介を期待した銀行からも返事がなく、彼はただ一つ残された道を選ぶのです。

それが、一度は拒否した瀬名の助けを求めることでした。

 

 

ここまでが、8月2日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話のあらすじ予想のネタバレです。

「半沢直樹2」第4話のあらすじ予想を知りたい方は、第4話『フォックスの買収開始!』へ読み進めてください。

日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話の感想まとめ


こちらは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

「半沢直樹2」第3話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、日曜ドラマ「半沢直樹2」第3話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。