『半沢直樹2』第5話のネタバレあらすじ!電脳の知られざる真実

こちらでは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話のあらすじのネタバレや、半沢直樹2と原作の比較、感想をまとめています。

半沢直樹2の第4話「フォックスの買収開始!」では、東京スパイラルのアドバイザーについて半沢たちがフォックスの買収を開始するストーリーの予定です。

半沢直樹2の第5話「電脳の知られざる真実 」では、電脳がなぜ子会社に最初に依頼したのかその真実が暴かれるストーリーの予定です。

日曜ドラマ『半沢直樹2』
2020年8月16日(土)放送
第5話タイトル「電脳の知られざる真実」

半沢直樹2の最終回までのあらすじ≫

スポンサーリンク

日曜ドラマ『半沢直樹2』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、8月16日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話のあらすじ予想をまとめたネタバレです。

「半沢直樹2」5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーの予想です。

  • 伊佐山に面会を断られる

半沢は情報を手に、伊佐山に面会を申し込みますが、彼は拒否します。

そして「電脳」への追加融資を決定する会議において、半沢は全てを公表し、銀行は融資を中止し、「電脳」への経営介入を決めるのです。

出世の道を立たれた伊佐山と三笠副頭取は、報復として半沢を「電脳」へ出向させようとしますが、頭取によって阻止され、逆に自分たちが「電脳」へ送り込まれることを知るのでした。

一方、半沢は、今回の手柄により、古巣の本店営業第二部に栄転することが決まります。

そして半沢の姿を目にした森山は、今の仕事に意義を見出し、証券会社の一員として瀬名のアドバイザーを引き受けるのでした。

 

 

 

ここまでが、8月16日に放送される、日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話のあらすじ予想のネタバレです。

「半沢直樹2」第6話のあらすじ予想を知りたい方は、第6話『帝国航空の再建』へ読み進めてください。

日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話の感想まとめ


こちらは、日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

「半沢直樹2」第5話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、日曜ドラマ「半沢直樹2」第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。