きょうの猫村さん第1話のネタバレあらすじ!家政婦紹介所を尋ねるねこ

こちらでは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

いよいよ始まりました!松重豊さんが演じる主人公・猫村ねこの物語「きょうの猫村さん」

記念すべき、きょうの猫村さんの第1話「家政婦紹介所を尋ねるねこ」では、家政婦紹介所を訪れ門前払いを食らうのですが、気にすることなく家に入り家事能力をみせつけるストーリーとなっています。

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』
2020年4月8日(水)放送
第1話タイトル「家政婦紹介所を尋ねるねこ」

きょうの猫村さんの最終回までのあらすじ≫

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」を見逃した方は、「きょうの猫村さん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』第1話のネタバレあらすじ

ここからは、4月8日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話のあらすじをまとめたネタバレです。

きょうの猫村さん1話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

村田家政婦紹介所に向かう途中

河川敷をカゴを持ちながら歩く猫村ねこ(松重豊)。

蝶々が目の前を通ると手で取ろうとしますが、逃げられてしまいます。

鮮魚『魚清』の横を通り過ぎると『魚清』の店主が何者だと不思議そうに猫村を見ていました。

狭い路地を小走りで走っていると、ブロック塀の上に置いてある、たくさんのペットボトルを見つけます。

そこを通り過ぎるとき、水の入ったペットボトルが苦手なようで思わずよけてしまいます。

これは、猫よけのペットボトルで住人が置いたようですね。

そして、ついに目的地である古い古民家にたどりつきました。

そこには『労働大臣許可 家政婦紹介所 電話(352)四〇一二番』と書かれています。

どこに向かっていたかというと、この村田家政婦紹介所を尋ねてきたのでした。

家政婦の求人でやってきた猫村

紹介所の看板を確認した猫村は、敷地に入り玄関脇にあったチャイムを鳴らします。

は~いと言って出てきたのは、紹介所で住み込みで働いている家政婦仲間の山田さん(市川実日子)でした。

山田が「あれ猫じゃない。何の用?」というと、これを見てきてと言って、家政婦募集のチラシを見せます。

猫が家政婦の求人でやってきたことに驚く山田。

そこへ、部屋の奥から村田の奥さん(石田ひかり)がやってきました。

村田の奥さんは、パーマロッドをつけた状態で、

猫は他あたったらどうだい?

うちが出してるのは、求人広告だからね。

といって、門前払いを食らうのです。

しかし、そんなことはお構いナシに「そうですか。じゃあ失礼して。」と、勝手に家の中に入ってしまいました。

えっ?ちょっとアンタ!と言って、勝手に家の中に入る猫村に驚く二人。

家事を勝手に始める

居間に入ると、ピンクのエプロンをつけて、早速家事を始めます。

猫村は、自前の家事能力を証明することで採用してもらおうと考えたわけです。

まずは、掃除機で和室の部屋のゴミを掃除します。

緑色の畳縁の部分も床ブラシのヘッダーを外して、入念にゴミを取り除きます。

次は、布団をベランダに干して布団たたきでばたばたホコリをとります。

掃除が終わると最後は、お茶を淹れて、山田さんと村田の奥さんに

私、猫舌だからぬるいかもしれないけど。

といって、振舞うのです。

そのお茶を飲んだ二人は、おいしいとびっくりしたご様子。

猫村も

ホント?ならよかった。

と喜び、畳にゴロンとなるのです。

さらに、

買い物も得意よ。1円でも安い店知ってるわ。

というと、山田が思わず拍手してしまいます。

村田の奥さんも

やるじゃない。猫村さん。

と関心しっぱなしのご様子。

猫村はまだまだといわんばかりに

ネズミが出たら、またすごいんだけどね。

とドヤ顔で山田に話し、山田は猫村の頭をなでなでしました。

ここまでが、4月8日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話のあらすじのネタバレです。

きょうの猫村さん第2話のあらすじを知りたい方は、第2話『奉公先が決まった!』へ読み進めてください。

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話の感想まとめ


こちらは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、きょうの猫村さん1話では、家政婦紹介所を訪れ門前払いを食らうのですが、気にすることなく家に入り家事能力をみせつける回でした。

松重さんの身長ができすぎる!

「きょうの猫村さん」1話では、村田家政婦紹介所に猫村さんが訪ねていくというあらすじでしたが、松重豊さんが演じる猫村さんの姿は、188センチと長身である上に、猫村さんの衣装を身に着けていることで耳の長さを足すと2メートルを超えていると思われます。

石田ひかりさんや市川実日子さんと一緒に並んで画面に映るシーンでは、松重さんの存在感に圧倒される映像となっているのが、おもしろかったです。

そんな松重の姿ですが、最初は違和感を感じる猫村さんの姿も、ドラマの中で猫よけのペットボトルをちゃんとよけて通っていたり、猫ならではの演技もちょいちょい入っていましたね。

家事を完璧にこなすねこ

まず、縦ちょうちょ結びされているエプロン姿は非常に可愛らしく、見ているだけでも心がほっこりと癒やされました。

ドラマの中で、村田家政婦紹介所の山田さんと村田の奥さんに自分の家事の腕前を見せるシーンでは、布団を干す際の叩き方が非常にパワフルでしたね。

手際よく掃除機をかけて丁寧にお茶を入れてくるなど、原作である漫画の中の猫村さんのイキイキとした性格がそのまま実写となってドラマの仲で映し出されている様子は、短い作品だからこその魅力となっていました。

ドラマのロケ地は、玄関に丸い電灯がある昭和レトロな感じの古民家で、作品の背景に合う雰囲気もマッチしていますね。

以上が、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第1話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。