きょうの猫村さん第2話のネタバレあらすじ!奉公先が決まった!

こちらでは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第1話「家政婦紹介所を尋ねるねこ」では、家政婦紹介所を訪れ門前払いを食らうのですが、気にすることなく家に入り家事能力をみせつけるストーリーでした。

エールの第2話「奉公先が決まった!」では、奉公先が決まったストーリーとなっています。

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』
2020年4月15日(水)放送
第2話タイトル「奉公先が決まった!」

きょうの猫村さんの最終回までのあらすじ≫

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」を見逃した方は、「きょうの猫村さん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』第2話のネタバレあらすじ

ここからは、4月15日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話のあらすじをまとめたネタバレです。

きょうの猫村さん2話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

家政婦として働きだした猫村ねこにとって、心の支えとなっているのが坊ちゃんでした。夢の中で坊ちゃんと再会を果たし、命を救ってもらったお礼をした猫村であったが、突然巨大な人影に襲われて目を覚ましたのです。

その人影とは雇い主の尾仁子であり、寝坊をして朝食の支度すらしていない猫村に対して怒りをぶつけていたのです。家政婦としてまたしても失敗をしてしまったと反省をする猫村であったが、尾仁子はすぐにいつものぶっきらぼうな態度になって化粧に専念をしだしました。

「今日はまだ機嫌がいい」、尾仁子の元を訪れて1か月目となった猫村は随分と人間の内面を探れる能力が高くなっている。思い返せば家政婦になって赴任した最初の家は猫アレルギーの家主がいて即クビ、2軒目はキッチンにあった魚を盗み食いしたのがバレてクビと猫村にとって試練の日々といえる時を過ごしていました。

3軒目のこの尾仁子邸はこれまでの家とは違って年頃の娘一人暮らしの家で、猫に拒絶反応をすることも無し。猫村の少しずれた感覚や猫特有の習性も大目に見ており、彼にとってとても居心地のいい場所となっています。それ故に飼い主であった坊ちゃんとの思い出も頭をよぎりやすく、またしても縁側でその思い出に浸って涙を流しているのでした。

尾仁子は「またはじまった」と一言つぶやいて、仕事へと出かけていきます。洗濯・掃除を終わらせて近所のスーパーマーケットへとやってきた猫村は、近所の奥様達と談笑を楽しんでいました。「うちの旦那はまた二日酔いなの」という愚痴に対して、マタタビなら酔ってもすぐに元通りなるという猫目線の二日酔い経験を語るなど、すっかり人間社会に馴染んでいる猫村です。

そして彼にとって悩ましい問題が夕飯作りであり、以前尾仁子に厳しいダメ出しをされたオムライスに挑戦ししょうと考えました。以前のダメ出しは卵が半熟ではなかったことだと反省して、今回は卵2個と牛乳を混ぜて半熟になりやすいように改良をします。

さらに香ばしさを出すためにバターを2個投入。猫村特製オムライスが完成したところで尾仁子も帰宅。部屋に立ち込めるバターの香りに惹かれて、着替える間もなくオムライスを一口食べるのでした。猫村にとって緊張の瞬間、また尾仁子の「まずい」という声が飛び出すかと身構えた瞬間、「美味しい100点」という半ば信じられない評価に猫村は心の中でガッツポーズをするのでした。

家政婦歴2か月目、猫村さんはまた家政婦レベルがアップしたのです。

ここまでが、4月15日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話のあらすじのネタバレです。

きょうの猫村さん第3話のあらすじを知りたい方は、第3話『初めての奉公先がお屋敷だなんて!』へ読み進めてください。

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話の感想まとめ


こちらは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、きょうの猫村さん2話では、奉公先が決まった回でした。

きょうの猫村さん2話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第2話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。