きょうの猫村さん第5話のネタバレあらすじ!もったいないわネコムライス

こちらでは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第4話「ほっとけますか?ほっとけるもんですか!」では、ねくれ娘を家族がほっとけと言いますが、ほっとけるもんですか!と興奮するストーリーでした。

エールの第5話「もったいないわネコムライス」では、ひねくれ娘にネコムライスをもっていくといらねーとキレられるストーリーとなっています。

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』
2020年5月6日(水)放送
第5話タイトル「もったいないわネコムライス」

きょうの猫村さんの最終回までのあらすじ≫

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」を見逃した方は、「きょうの猫村さん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

水曜ドラマ『きょうの猫村さん』第5話のネタバレあらすじ

ここからは、5月6日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話のあらすじをまとめたネタバレです。

きょうの猫村さん5話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

この話は松重豊さんが猫の着ぐるみをかぶって猫の家政夫の役で出演しているのが話題となっています。

そもそもは自分を拾ってくれたぼっちゃんとの再会を果たすためにお金を貯めようとする猫の健気な話を描いた物語ですが、今回はおにぎりを握る姿が非常に愛くるしいと評判です。

そもそも猫は人間に可愛がられながらも迷惑をかけている方が多いと考えられるものなので、猫が自分の目的のために人間の社会に入り込み働いてお金を貯めると言う発想が非常に特殊で意外なものである事は言うまでもありません。

特殊な内容となりがちなこの話を、松重豊さんがその演技力で何事もなかったように演技をしているのが非常にシュールなものとなっています。

複雑な家庭環境の家に家政夫として働いている主人公の猫村さんは、単にお金の為だけではなく様々な人間の世界を猫の目を通してみていることになり、非常に特殊な関係性が維持されているものとなっているのも特徴といえます。

猫村さんが横行している犬神家は、母1人子1人と言う非常に複雑な事情を抱えていそうな家庭で、娘の反抗的な態度が非常に目につく家でもあります。

夕食の時間になっても食卓につかずに自室に引きこもっている娘のためにネコムライスを作り部屋まで届けに行った猫村さんでしたが、その皿を「愛情なんていらねーよ」と娘の尾仁子ははねのけてしまいます。

当然ご飯はテーブルの上にぶちまけられてしまうのですが、これを猫村さんは「もったいないわ、ネコムライス。おにぎりに、おにぎりに」とつぶやきながらそのネコムライスをかき集め始めるのでした。

次に「にぎにぎ、にぎにぎ」と言いながらおにぎりを握り始める猫村さんの姿が切なくも可愛らしいと言う話となっています。

非常に短い番組ではありますが、そのシーンひとつひとつが非常に印象的に凝縮されているのが特徴です。

今回は反抗期の娘の態度にめげずに一生懸命かいがいしく世話をする中村さんの姿がしっかりと描かれており、猫の家政夫と言う設定もさることながら、これを見事に演じている松重さんの演技力にも注目が集まっています。

また娘を演じるのは池田エライザさんで、セーラー服姿にも非常に魅力的で可愛らしいと評判です。今後の猫村さんと尾仁子との関係性がどのようになっていくのか、一般的にはだんだん打ち解けていくと言うような気持ちもしますが、人間であればいざ知らず相手は猫なので、その辺も予測もつかない展開が待ち受けているとも考えられます。

ここまでが、5月6日に放送された、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話のあらすじのネタバレです。

きょうの猫村さん第6話のあらすじを知りたい方は、第6話『今日も明日になれば昨日』へ読み進めてください。

水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話の感想まとめ


こちらは、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、きょうの猫村さん5話では、ひねくれ娘にネコムライスをもっていくといらねーとキレられる回でした。

きょうの猫村さん5話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、水曜ドラマ「きょうの猫村さん」第5話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。