『レンタルなんもしない人』ネタバレあらすじ第3話|

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話のネタバレあらすじと感想まとめです。

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』
2020年4月22日(水)放送
第3話タイトル『』

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』を見逃した方は、『U-NEXT』の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて見れます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話のネタバレあらすじ

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話「」(4月22日)のネタバレあらすじです。

「レンタルなんもしない人」第3話あらすじの簡単な要点はこちらになります。

一風変わったレンタル業を始めることにした森山将太(増田貴久)が持っているツイッターアカウントに、ある日一通のDMが送られてきました。そのDMは、女子大生である島袋香奈(福原遥)からのもので、内容は誕生日を一緒に祝ってほしいというものです。

香奈には友達はもちろんいます。しかし、その友達は彼氏が久々に休みになったという理由で映画に行く約束をしていたのがキャンセルされました。予定が空いてしまった彼女がふと思い出したのがレンタルさんとのことで、依頼の内容としては「その友達に対しては自分の誕生日のことはなかなか言い出しにくく、依頼した日の明後日が誕生日であり、誕生日の日付が変わったときに一緒にお祝いをしてほしい」ということでした。

そこで、香奈の誕生日の前夜である23時に依頼のあった香奈の自宅に行きお祝いをすることになりました。
香奈が買ってきたケーキを2人で囲んで一緒にお祝いする準備のときのこと。将太の頭によぎるのは、香奈の年齢である21歳のときに先だってしまった姉のことです。将太は、それを思い出して21歳の誕生日は特別な日であることをふと話します。

誕生日の日付を待っている間に、いくつか質問を受けました。まず「21歳のときには何をしていたか?」で将太は、そのときは地震学の勉強を大学でしていたと答えました。将太は、地震学の勉強はそれなりにしていたものの地震の予知が難しいということを感じてから地震関係の学者への道へは進みませんでした。

そういった話をしている最中、香奈のグループLINEから通知が入ります。対応したあと、香奈は将太に「他の人をとカブると、手を抜いていると思われてしまうこと」と、「逆に違う内容であると、空気を読めないと思われてしまうこと」を話しました。そして、「同じだけど少し違うというそういうの(文面)を送らないといけないからグループLINEは難しい」とコミュニケーションの難しさを少し愚痴っているようでした。

将太は、続けて香奈から大学で一番仲が良かった人は誰かという質問を受けました。それに対する将太の答えは、「覚えてません。特にいませんでしたから。」という回答で、香奈はこの返答を聞いて「少しうらやましいです」という感想を語ります。

24時の日付を迎える瞬間に香奈は用意していたホールケーキを出し、誕生日の写真を撮ってから一緒に食べました。写真をSNSに撮ることについては、香奈はためらっていましたが将太から「知らない人からギフトをもらったことがあるので、何かラッキーなことが起きるかもしれない」という話に従ってSNSに投稿することになりました。

将太が自宅に戻ると、香奈からまたDMが届きます。そのDMには、質問文で「兄弟はいましたか?」というものがありました。将太は、先だった姉のことを返信の文章で伝えます。将太にとってはただ存在するだけで価値があったという、姉への思いを文章に込めて。

 

ここまでが、水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話(4月22日)のネタバレあらすじです。

水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話の感想

こちらは、水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話の感想です。

レンタルなんもしない人3話では、裕一がついに音と初めて会う回でした。

以上が、水曜ドラマ『レンタルなんもしない人』第3話のネタバレあらすじと感想まとめでした。