ドラマ「私の家政夫ナギサさん」最終回ネタバレあらすじ | 原作漫画からの予想

いよいよ、4月14日10時から放送がスタートする火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」ですが、最終回が気になる方も多いです!

こちらでは、火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の原作漫画「家政夫のナギサさん」から、メンバーで最終回の予想をまとめてみました。

皆さんもどんな最終回が当たっていそうか、理想なのか考えてみてください!

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最終回はいつ?

火曜ドラマは全話で10話もしくは11話で最終回を迎えることが多いです。

よって、火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最終回は、予定通り放送されれば、10話で6月16日(火)の放送、11話で6月23日(火)の放送となります。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最終回ネタバレ予想①

このドラマは漫画「私の家政夫ナギサさん」が原作になっているドラマであり、現在も連載が継続しているので原作から最終回を判断することができなくなっています。

ただし、今までの原作のストーリーとキャストの関係から、どのような最終回を迎えるのか考察することは可能です。

原作では主人公は大手の製薬会社に勤務するキャリアウーマンであり、女性という立場だけで他の同僚に負けることをとても嫌う性格の持ち主であるため、今までは仕事を中心に人生を送っていました。

そのような状況であるので料理や洗濯といった家事が全くできず、結婚については考えていないという毎日を過ごしています。

ただし、夢はお母さんになることという矛盾した希望を持っていて、家事代行サービス業者に所属する男性である家政夫と出会ったことで強い影響を受けていくという内容になっています。

原作が終了していない場合のドラマ化では、制作側の意図が入り込むようになりますが、中盤までは全く家事ができない主人公の女性が家政夫でありながら完璧に家事を行う姿を見て、反面教師の感覚を持ちながらも少しずつ受け入れていく中で、その男性にも好意を抱くと予想されます。

そのため、最終回では自分の気持ちを言葉ではなく態度で示してみますが、相手は仕事だからとそのまま去っていくと考えられます。

これは家政婦を主人公にしたドラマでは多く見られる手法であり、ゴールインで決着するのは逆に面白みを欠いてしまうでしょう。

現在は女性の社会進出が顕著になったことで家事ができない人が増えていますが、母親になるという子供の頃に抱いた夢は失われていません。

その部分を強調した最終回になることを望みます。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最終回ネタバレ予想②

このドラマの原作漫画は、現在も連載中で人気がありまだ完結していません。

ドラマが最終回を迎えるころには漫画の方も完結するのではないでしょうか。

原作漫画とドラマ化されたものでは、ストーリーや結末が変わってくることがあるので、どのように完結するのか両方の楽しみがあります。

仕事ができるキャリアウーマンの相原メイは、家事がとても苦手なアラサーの独身女性です。

製薬会社で働いている仕事一筋のメイは28歳の誕生日の夜に、家事を完璧にこなす家政夫を雇う羽目に。

50歳のおじさん家政夫の鴫野ナギサは、ごみ屋敷のようなメイの部屋をきれいに片づけおいしい食事やお弁当を作り、スマートに家事をこなしていきます。絶対に受け入れられないと思っていたメイでしたが。

そして、仕事ではライバル会社の田所の出現で、警戒心をむき出すメイですが、田所の急接近に振り回されて行くことになります。

メイは子供の頃将来はお母さんになることが夢でしたが、母親から男に負けないような働く女性になれと言われて育ちました。

その通りに成長して、この生き方が自分に合っていると思っていましたが、ナギサさんと暮らすうちに考え方が変わってきます。

最終的にメイは、ナギサさんにどんどん惹かれていき、二人は結婚して仲良く暮らしていくのではないでしょうか。

家事ができる夫と仕事ができる妻で、バランスもとれているし、ナギサさんの包容力で楽しい家庭が築けると思います。

しかし、ライバルの田所の存在も気になります。

ナギサさんの生き方に魅了され、家庭的に生きることに目覚めたメイが田所さんと結ばれて夢だったお母さんになるという結末も考えられ、どうなるか最終回が楽しみです。

火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」の最終回ネタバレ予想③

ドラマ「私の家政婦ナギサさん」と原作漫画は、人物設定は同じであってもストーリーが若干異なっているのでこれを考慮すると最終回も異なると予想します。

まず、原作漫画の最終回では、ナギサさんは実の娘が暮らすイギリスへと旅立ってしまうため、主人公の飯島愛子とは結ばれずバッドエンドという結果です。

しかし、ドラマ版ではナギサさんは未婚で子供もおらず、愛子との間に恋愛の壁となるものは存在しません。

そのため、ドラマ版の最終話ではナギサさんと愛子は結ばれてハッピーエンドになると予想しています。

最終回に向けたストーリーをさらに掘り下げて考察すると、9話目でナギサさんは前方不注意の自動車に跳ねられるという悲劇が発生しました。

この後、意識不明の重体となって病院に運ばれますが、その間の看病は愛子がおこないます。

これまで愛子とナギサさんの格差恋愛に猛反対していた飯島家の人たちは、健気に寄り添う愛子を見て二人の交際を認めることでしょう。

愛の力でナギサさんは意識を取り戻し、そのまま二人は愛を誓い合うと流れとなります。

1話は二人の出会い、3話から7話までは付かず離れずの関係となって、8話目で大きな進展を遂げました。

そして9話・10話では試練を乗り越えた二人に待つのは、ハッピーエンドしかありません。

家政夫という職業を当初は恥じていたナギサさんでしたが、この職業に就いたことで運命の相手である愛子と巡り合い、二人を祝福する人々に囲まれて良い最終回を迎えそうです。