いいね!光源氏くん第4話のネタバレあらすじ!らいばるにご用心?

こちらでは、よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第3話「だいえっとはお好き?」では、光がスイーツにはまったダイエットするはめになるストーリーでした。

エールの第4話「らいばるにご用心?」では、ライバルの中将がやってくるストーリーとなっています。

よるドラ『いいね!光源氏くん』
2020年4月25日(土)放送
第4話タイトル「らいばるにご用心?」

いいね!光源氏くんの最終回までのあらすじ≫

よるドラ「いいね!光源氏くん」を見逃した方は、「いいね!光源氏くん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

よるドラ『いいね!光源氏くん』第4話のネタバレあらすじ

ここからは、4月25日に放送された、よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話のあらすじをまとめたネタバレです。

いいね!光源氏くん4話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 光がいなくなって大分時間がたつ
  • 気持ちを切り替えようと光のものを処分し始める沙織
  • SNSも削除しようとすると更新されており、どこかにいる光
  • 簾からまた男が現れ光かと思ったら光のライバル頭中将だった
  • 光と同じように中将を居候させる沙織
  • 光と違ってスマホを使いこなしている中将
  • 中将がSNSでやりとりをしているアカウントを見て会うことを提案する沙織
  • 間に合わせ場所で待っていると光が登場
  • 沙織の部屋に帰る三人
  • 妹の詩織が沙織の部屋にやってくる

光が消えて一人になった沙織

おはよ、、、。

やっぱいないや。

沙織をトラックから助けた光源氏は、どこかに消えてしまったためひとりになってしまいました。

光が消えて随分経ちますが、意気消沈の日々を送っている沙織。

もしかしたら現代に来たことで、『源氏物語』の中身が変ったりしていないかコンビニで本を買い、内容を確認することにしました。

よかった。多分中身は変わってないと思う、、、な。

突然いなくなった光ともっといろいろ話をすればよかったと少し後悔する沙織。

詩織の勧めで買ってきたマグカップも意地張らないで使ってあげればよかったと落ち込んでいましたが、気持ちを切り替えて忘れようとします。

沙織は、光の私物を処分してから携帯電話のSNSのアカウントも削除しようとしますが、よく見るとSNSが更新されていました。

内容を確認すると、見知らぬ美女と戯れている光の姿が映っており、しかも

イケメンと

油断するなよ

目の前の

彼は平安

貴族のニート

という歌まで載せている光にびっくりするのでした。

ソファーに寝そべりながら

まだ光くんの匂いするんだよなぁ。

と、光のいないさびしい夜を過ごしていた沙織でしたが、ある晩、すだれの音で目が覚めると、狩衣姿の男の後ろ姿を発見しました。

光くんが帰ってきてくれた!

と喜んで思わずだきついてしまいますが、よく見ると全く知らない男で、会話をしているうちに源氏物語で光のライバル的な存在として登場する『頭中将』であることに気付きます。

そのまま追い返してもよかったのですが、沙織は

でもこの人といれば、光くんへの手がかりがつかめるかも。

と考えて頭中将に居候をすすめます。

そのうちに従者が迎えにくるからと、始めは辞退していた頭中将でしたが、沙織が従者は来ないことを伝えると、従者がくるまでの仮の宿としてなら、ということで居候が決定しました。

中将の居候生活

翌朝、仕事に出かけるため頭中将に一言断りを入れてから家を出ようとする沙織に、頭中将はひとりだけで置いて行かないでくれ、と頼み縋り付きます。

危なかった~!危なかったよね?今。

沙織は慌てて家を飛び出して難を逃れながら

イケメンと

油断するなよ

目の前の

彼は平安

貴族のニート

と読み、この気持ちを忘れないようにしようと決意するのでした。

夜になり仕事を終えて会社から出ようとしたときに同僚から飲み会の誘いを受けますが、家にニートがいるので、断ります。

何度も断っている沙織に同僚の広美が

え?先輩彼氏でも出来たんですか?

とききますが、まさかと笑いながら心の中では

言えない。平安ヒモニート復活なんて。

と内心思っていました。

家に帰宅する沙織

家に戻ると、頭中将の姿が見当たりません。

まさかまた洗濯物の中?

家の中を探すと浴室に人の気配を感じ、何をしているのか声を掛けると、バタバタしながら全身泡まみれの頭中将が出てきました。

取り乱した頭中将は思わず烏帽子で頭を隠しますが、下は全く無防備な状態です。

あ~!それ高いパスジェル!

頭ではなくて下を隠せ、と慌てて目を背ける沙織ですが、なんと頭中将からは大切に使っていた高級なバスジェルの香りがすることに気付いてしまいます。

文句を言っても仕方ないので諦めた沙織は、この家で生活するにあたりルールを作ろうと着替えた頭中将に提案します。

ひとつこの家では私がルールです。

ふたつ私のものは触ったり動かしたりしない。

みっつ外泊はかまわないけど、特定の人が出来たらそっち住んで。

と3つのルールを出した沙織ですが、頭中将はその話をうわの空で聞いていました。

ちょっと人が話してる時は真面目に聞いて。

と訴える沙織に、ころころ変わる表情が愛おしくて見とれてしまったと迫ってくる頭中将。

思わず逃げ腰になったそのとき沙織のスマートフォンが鳴り、取ろうとする沙織よりも素早くスマートフォンを手に取った頭中将は

返事がきた。

と一言。

話を聞くと、SNSでやり取りをしていた相手から返事がきたと見ている頭中将でしたが、初めて見るであろうスマートフォンを何も教えていないのに使いこなしていることに驚く沙織。

やり取りをしているアカウントを見せてもらうとそこには、ハワイのような画像がいっぱいアップされていたんです。

するとあることに気づいた沙織は、中将に

ねえこの人と会ってみたら?

と提案します。

光との再会

そんなてんやわんやな毎日を過ごしていたある日の日中に、歌友だちと待ち合わせをした頭中将。

一輪のバラを手に持ち待ち合わせ場所で待っていました。

それを木の後ろに隠れて、見守っている沙織。

沙織は中将とやりとりしているのは光ではないかと疑っていたのです。

しかし、中将に近づいてきたのは、女性で

あ~、女の人だったかぁ。

そんなに都合よく光くんに会えるわけないよね。

と少しがっかりの沙織。

二人のやりとりを眺めていると何だか異変に気づきます。

なんとその女性は、芸能界のスカウトウーマンだったのです。

沙織は彼女のふりをして

あ~ごめん!待った?

とその女性から中将を引き離します。

中将は意味が分からず戸惑っていると目の前にはサングラスをかけた男が立っていました。

中将殿?

源氏か?

なんとその男は光源氏だったのです。

えっ?あっ、、、そなたがKokoizuko殿であったか?

おぬしがPurpleamoreか!

てっきり女人かと。

とお互い女性と勘違いしていた二人。

そこへ沙織が光くん!と笑顔で声をかけます。

しかし、お互いに歌友だちが女性だと思っていたものの再会を喜び合う二人でしたが、そこに沙織も合流してもお互いの歌を褒め合うばかりで自分のことを全く意識しない二人にやきもきする沙織でした。

カフェでお茶する三人

しかし中将殿まででこちらに来ていたとはな。

おぬしを見舞うつもりが、なぜかこのようなところへ来てしまった。

沙織殿これはどういうことだろうか?

そんな二人の話にこっちが聞きたいわと不機嫌そうな沙織。

生活が乱れたことや心配したこと、衣食住の確保が現代ではいかに大変かを訴えます。

しかし、二人はドリンクを飲みながら

うまいな、、、。

そうであろう?

とまったく聞いてない様子で、また二人だけの世界に入っていきました。

そして中将が和歌を詠もうとしたとき

ここで歌会開かないでくれる?

と止めに入ります。

沙織は、今までどこにいたのか聞くと、光はフィリップ殿に世話になったと答えました。

どうやらトラックに引かれそうになった沙織を助けた瞬間、外国の海岸に瞬間移動し、その海岸を歩いていたところをフィリップに声をかけられたとのことです。

てか光くんいつこっちに戻ったの?

と聞くと、5日ほど前にフィリップとプライベートジェットで日本に来たのだが、数日前にはぐれてしまったと話します。

更にはぐれしまった理由というのが、光がトイレにいっている間に黒い装束の男たちに連れていかれたというのでした。

その話を聞いた沙織はとっさに

メンインブラックか?

と言ってしまいます。

フィリップはぐれた後、光がネットカフェで寝泊りしていることを知った詩織は

光くんもまたうちに来る?

と家に連れて帰りました。

家に帰ってきた三人

はあ、、、この香り、、、。

不思議なものだ。我が家に帰ったような思いがする。

光は懐かしい香と少しの間でも生活していたこの部屋がまるで我が家に帰ってきたような感覚になるのです。

部屋着に着替えた光と中将。

お互い、服の色みを褒めあいます。

ソファーで寛いでいる二人に寝るところがないだろうと掛け布団を持ってくる沙織。

沙織は自分の部屋で寝ました。

翌朝、目覚めた沙織の目に映ったものは、光と頭中将が裸で寝ている姿でした。

ボーイズラブと勘違いする沙織に、二人は暑くて仕方なく服を脱いだことを説明します。

結果的に沙織がエアコンの暖房を切り忘れていたことが判明しますが、自分のせいで源氏物語の内容が変わってしまわなくてよかった、と胸をなでおろす沙織。

そこへ朝っぱらから詩織がやってきます。

えっ?ヤダ~イケメン増えてる~!

えっ?てか私この人めっちゃ好みなんだけど!

とテンションが高くなる詩織をみて、苦笑いの沙織。

四人で朝ごはんを食べていると話題は今後二人をどうするかということ。

すると詩織が

はっ!あっ!一人いるかも!

とある男性を紹介するのです。

その男性宅に向かうと

どうもはじめましてカインです。

ととびっきり笑顔のイケメンが出迎えてくれました。

さて、どうなることやら、、、

ここまでが、4月25日に放送された、よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話のあらすじのネタバレです。

いいね!光源氏くん第5話のあらすじを知りたい方は、第5話『恋は食品さんぷる?』へ読み進めてください。

よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話の感想まとめ


こちらは、よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、いいね!光源氏くん4話では、ライバルの中将がやってくる回でした。

中将の順応性の高さ

光が現代にきたときは、あたふたして何をやるにもゆっくりでしたが、中将の順応性の高さにはびっくりしましたね。

あのスマホの使い方は子供に渡したら圧倒いう間に色々なやり方を編み出すあれと同じですw

頭がいいのかセンスなのかは分かりませんが、似ているような二人でも中将の順応性の高さが光っている第4話でした。

以上が、よるドラ「いいね!光源氏くん」第四絵巻のあらすじのネタバレと感想まとめでした。