いいね!光源氏くん第6話のネタバレあらすじ!ないすとぅみーちゅー?

こちらでは、よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第5話「恋は食品さんぷる?」では、沙織がこのままじゃいけないと行動を起こすストーリーでした。

エールの第6話「ないすとぅみーちゅー?」では、沙織の母親の上京から元の世界に戻る手がかりとなる京都へいくストーリーとなっています。

よるドラ『いいね!光源氏くん』
2020年5月9日(土)放送
第6話タイトル「ないすとぅみーちゅー?」

いいね!光源氏くんの最終回までのあらすじ≫

よるドラ「いいね!光源氏くん」を見逃した方は、「いいね!光源氏くん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

よるドラ『いいね!光源氏くん』第6話のネタバレあらすじ

ここからは、5月9日に放送された、よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話のあらすじをまとめたネタバレです。

いいね!光源氏くん6話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 詩織に相談する光
  • 沙織が苦しんでいるのに何もしてあげられないと訴える光
  • 沙織に聞き役になったらよいとアドバイスする詩織
  • 沙織が仕事から帰宅してくる
  • 光は聞き役になろうとするが、詩織に何か吹き込まれたと怪しがる沙織
  • カイン主催のプールパーティーに参加する沙織と光
  • 中将と光は仲良くなじんでいたが、なじめずに一人ソファーに座っている沙織
  • 中将がやってきて、光と張り合っていたことを沙織に謝罪する
  • それを見ていた光はカキ氷を食べると痛むと訴える
  • トイレで沙織と詩織がハチ合う
  • 光のことちゃんと見てる?という詩織にそんなんじゃないと否定する沙織
  • 光が源氏物語の架空人物であることを詩織に打ち明ける
  • 沙織の留守中に沙織の母がやってくる
  • 急いで沙織が帰るが、打ち解けている三人
  • 時間になり母親を途中まで見送る
  • 光が誰かにさらわれようとするが、ハワイで仲良くなったフィリップだった
  • フィリップはある組織に追われていると隠れ家に案内する
  • 光たちが元の世界に戻る鍵は京都にあると話すフィリップ
  • 沙織・光・中将の三人で京都へ行くことに

詩織に相談する光

光源氏は、婚活パーティを抜け出て酔って帰った沙織の涙を見てしまい、何とか力になりたいと思って妹の詩織に相談をしました。

目の前で苦しんでいる沙織殿に、私は何もしてやれぬ。

いや何をすればよいか分からぬのだ。

詩織は、光が姉のために何かをしてやりたいという訴えに、姉の聞き役になったらいいとアドバイスをします。

するとそこへ沙織が帰ってきました。

沙織殿今日は一日どうであった?

仕事は大変なのか?

光は早速、詩織のアドバイス通りに沙織の聞き役になろうとしますが、すぐに何かおかしいと気づく沙織。

光くん詩織に何か吹き込まれたでしょ?

沙織からそう言われると、光はそんなことはないと言います。

しかし、 光の言葉は信じず、バレバレだと指摘しました。

違うと言うておろう!

私はもう泣いている沙織殿は、見たくはないのだ。

しかし、沙織はその悩みが光本人であることに何も話せずにいました。

カイン主催のプールパーティー

沙織さん!今日は楽しんでって下さいね。

ある日、沙織は妹の沙織に誘われて、カインのプールパーティに参加しました。

沙織は、もともとあまり乗り気ではなく馴染めずにいましたが、光や中将は、すっかりなじみ、カードゲームを楽しんでいました。

さおりが一人で休憩をしているとそこへ中将がやってきました。

いつぞやはすまぬことをした。

沙織殿を傷つけるつもりはなかったのだが、巡り巡って源氏と、張り合うようにしてしまったことだ。

中将はこの前、沙織の気持ちも考えずに、光と張り合ったことを後悔して沙織に謝罪するのでした。

沙織は、そのことならもういいよと言って中将の謝罪を受け入れました。

中将は、こちらの世に来てからの出来事を沙織に話します。

こちらの世に来てからというもの気付かされることがたくさんあるのだ。

毎日いろんな女人の悩みを聞き必死で学んでおる。

それを聞いた沙織は、 目の前のことにちゃんと向き合って頑張ってるねといいました。

中将は、沙織も頑張っているといいますが、 こういった場所でも溶け込めないし、いじけた性格になっているからと自分を否定します。

誰と何を比べられようが沙織殿の一生は沙織殿のものであるぞ。

と、中将がいうとありがとうという沙織。

二人のやりとりを見ていた光に詩織が声をかけると、

沙織殿と中将殿がああしているのを見ると、なぜだか痛むのだ。

の言葉に、光は沙織のことが好きなんじゃないかと一瞬思います。

しかし、かき氷を食べていた光がそのあとに

こめかみ辺りがじんじんと、、、。

というと、 かき氷で頭が痛かったのかと少し残念がります。

トイレで鉢合わう沙織と詩織。

沙織が、

光くんのこともちゃんと見てる?

と言うと、何度も言うけどそういうんじゃないと沙織が否定します。

仕事のこととか頑張るとこはめっちゃ頑張るくせに、一番大事なとこは逃げるんだね。

詩織がそういうと、ついに、光が源氏物語の光源氏で架空の人物であることを打ち明けました。

それを聞いた妹は、架空の人物でも付き合うことはできると姉を励ますのですが、沙織はその言葉を素直に受け入れることができずに一人別室で悩み続けるのです。

沙織の母がやってくる

ある日、沙織の留守中、光と中将が家で碁を打っているところに、沙織の母親が訪ねてきました。

お母さん来るの忘れてた!

そのことをすっかり忘れていた沙織が慌てて帰ると、光も中将も母親とすっかり打ち解けて仲良くなっていました。

しかも、母親に呼び出されて詩織まで家にいたのです。

母親は友人の個展を見るために東京に出てきて、そこでとってきた写真を光たちに見せようとするのですが、それらの写真が見つからず、出てきたのは父親と一緒に旅行をした京都での写真でした。

父と母が抹茶パフェなどを食べている写真を見た光と中将は、その写真の京都に心が奪われ、思いを馳せるのでした。

すると二人とも今すぐにでも京都に行きたいと言い出し、和歌を歌いました。

思ひても

手折るもならぬ

咲く花の

みやこを思ふ

もどかしさかな

すると沙織の母が、百人一首で 中学生の時に地区大会で優勝したことを話します。

そして、その中でも紫式部の歌が好きと歌い始めるのです。

思ひても

手折るもならぬ

咲く花の

みやこを思ふ

もどかしさかな

それを聞いていた二人もなんと美しい歌かと感動します。

その後も話が弾み、母親は、二人がルームシェアの仲間だと思い込んでいたので、打ち解けて話していたのですが、ふたりとも結婚をしているということを知って怒り出しました。

そして、光たちに根ほり葉ほり聞こうとする母親の態度に沙織が苛立ち、二人の口論がはじまり、帰りの飛行機の時間だと妹に言われるまで続くのでした。

フィリップと再会する光

母は妹と帰り、中将もカインのマンションに帰ろうとしたところ、光が誰かにさらわれそうになりました。

沙織がすぐさま叫ぶと中将が戻ってきてもとに戻してくれたのですが、さらおうとしたのはフィリップでした。

フィリップはハワイで男たちにさらわれましたが、何とかやり過ごし隠れ家に潜んでいました。

ここは危ない。さあこちらへ。

ここなら安全です。

そこで、その場所に沙織と光、中将を案内しました。

フィリップが研究をしているのは多元宇宙論で、ハワイで光と出会ったことが何かの証拠となるように感じたのです。

光たちは平行宇宙のどこかから来たと考えていて、彼らのいた世界は現実の世界から考えると架空の世界でも、逆に彼らがいた世界から見ればこちらの方が架空だと思われているのかもしれないとフィリップは3人に説明します。

そして自分をさらった男たちは、光たちの世界から飛んでくることができる組織の人たちで、その次元を超えたジャンプの謎を解いて、光をもとの場所に戻さなければいけない、そしてその謎解きのカギは京都にあると話します。

京都の宇治市には源氏物語を作った紫式部の石造もある『源氏物語ミュージアム』があるので、そこに行けば謎が解けるかもしれないからすぐにそこへ行くべきだと説得したのです。

しかし、そこに行くと光たちは源氏物語の行く末を知ることになります。

沙織はそれを恐れていましたが、光と中将の心はもう京都とそして抹茶パフェにありました。

京都に行くことを知った二人は

懐かしき

花の都に

いざゆかむ

心惹かるる

かの抹茶パフェ

と、または和歌を歌いだしました。

そしてついに京都に行くことになったのですが、その地に降り立った二人は愕然としました。

なぜならそこは二人が知っていて思い描いていた街並みではなく、京都タワーや様々な建物が建ち並ぶ街へと激変していたからです。

それでもいよいよ京都にたどり着いた光と中将、この先京都にいることになるのでしょうか。

そして、沙織と光の行く末はどうなるのでしょうか。

ここまでが、5月9日に放送された、よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話のあらすじのネタバレです。

いいね!光源氏くん第7話のあらすじを知りたい方は、第7話『ばっくとぅ京都?』へ読み進めてください。

よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話の感想まとめ


こちらは、よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、いいね!光源氏くん6話では、沙織の母親の上京から元の世界に戻る手がかりとなる京都へいく回でした。

光たちが現代に来た謎がついに解ける!?

フィリップの登場で、ついに光たちが現代に来た謎が解けそうな予感ですね。

多元宇宙論を長年研究してきたフィリップ。

多元宇宙論という言葉が、存在するのか調べてみるとちゃんと複数の宇宙の存在を仮定した理論物理学とういことでした。

SFの世界では、結構この言葉で語られることが多いみたいですねw

パラレルワールド的な話ですが、昔のアニメ「パラソルヘンべえ」を思い出しました。

以上が、よるドラ「いいね!光源氏くん」第六絵巻のあらすじのネタバレと感想まとめでした。