ドラマ「いいね!光源氏くん」のネタバレあらすじと感想を最終回までお届け!

2020年4月4日スタート、よるドラ「いいね!光源氏くん」のネタバレあらすじをまとめています。

ネタバレあらすじや感想も含めてまとめていますので、どのような展開になるのかお楽しみください。

第1話の4月4日から5月23日の最終回まで最速更新でお届けしていきます。

よるドラ「いいね!光源氏くん」を見逃した方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて見れます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

よるドラ「いいね!光源氏くん」とは

春の新ドラマ『いいね!光源氏くん』は、コミックが原作となっていて、全話8話のドラマです。

ストーリーは、源氏物語の中で「雅なる世界」を過ごしてきた光源氏が現代にタイムスリップし、OLの沙織の家に居候しながらドタバタ劇を繰り広げるラブコメディでもあります。

沙織の部屋に光源氏がやって来るところから始まるドラマですが、漫画のいいね!光源氏くん (FEEL COMICS swing) [ えすとえむ ]は、現在も連載中で完結していません。

よって、原作でも明かされていない最終回がどのような展開になるのか、楽しみでもあります。

第一絵巻では、藤原沙織が勤め先の雑貨メーカーから帰宅した週末のワンシーンから始まり、第三絵巻では、光源氏が平安時代では口にすることがなかった甘いスイーツに出会うなど、コメディー感がとても強いです。

更に第四絵巻では、トラックから引かれそうになった沙織を光源氏が助けた瞬間に消えてしまい、意気消沈の日々を送っていると今度は光のライバル的な存在である中将が現代にタイムスリップしてくるのです。

沙織は恋愛要素が無いまま振り回されていくわけですが、元の世界に戻るにはどうしたらいいか?と言う局面で、行動を起こしても脱線(ナンパやスイーツに夢中になる)するパターンでコメディ色が非常に強い作品です。

奇想天外なドタバタコメディーが好きな方には、お勧めのドラマ作品でもあります。

夜ドラ「いいね!光源氏くん」のタイトルと放送日

夜ドラ「いいね!光源氏くん」の各週放送予定日は以下の通りです。

1話ごとに「いいね!光源氏くん」のネタバレ・あらすじをまとめています。

よるドラ「いいね!光源氏くん」のタイトルと放送日一覧
放送回「タイトル」放送日
第一絵巻「平安のいけめん現る?」4月4日(土)
第二絵巻「ひもなのに朝帰り?」4月11日(土)
第三絵巻「だいえっとはお好き?」4月18日(土)
第四絵巻「らいばるにご用心?」4月25日(土)
第五絵巻「恋は食品さんぷる?」5月2日(土)
第六絵巻「ないすとぅみーちゅー?」5月9日(土)
第七絵巻「ばっくとぅ京都?」5月16日(土)
最終絵巻「光くんばいばい?!」5月23日(土)

第一絵巻「平安のいけめん現る?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第1話のネタバレあらすじ!不審者現る!イケメンなら居候OK!?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第1話のネタバレあらすじと感想まとめ。いいね!光源氏くん第1話では、沙織の部屋に突然、見知らぬ男が入ってくる。金属バットで殴って一度は警察を呼ぶのだが、イケメンという理由で、その日泊めることにしたあらすじです。

仕事に疲れてやっと週末を迎えた沙織は、平日にはできない「うたた寝」をしようとしますが、非日常の解放感に浸るために枕元にパリで購入した「すだれ」と「お香」をセットして、顔には美容パックを付けたまま横になりました。しかし、お香の香りが漂い始めてうとうとし始めたとき、突然目の前のすだれからひとりの男性が出現してびっくり。思わす叫び声を上げそうになる沙織ですが、その男は「静かに・・道に迷うてしもて」と後ろからハグをしながら語りかけます。

しかし、男の服装が普通ではなく、平安時代の公家が着るような狩衣と烏帽子を被った姿をしていたため、沙織は不審者と思い金属バットで烏帽子を殴りつけると男は気を失ってしまいました。男が動かないことを確認してから慌てて110番するとすぐに警察官が駆けつけましたが、意識を取り戻した男に名前を聞いても「軽々しゅう名乗るものではない」と答えるだけで、一向に素性を明らかにしません。

金属バットで頭を殴ったせいで頭がおかしくなったのでは、と思った沙織でしたが、男がイケメンで平安時代の公家のような扮装をしていることから、ふと「光源氏」と口にしたところ、男はさも自分がその光源氏であると言わんばかりに沙織を抱擁したため、警察官に知り合いと勘違いされてしまいます。なんとか警察官に知り合いではないことを理解してもらうように説明しますが警察官はそのまま帰ってしまい、気付くと光源氏は公家の姿のまま眠りに就いていたのでした

翌朝、沙織が目を覚ますと光の姿がありません。やはり不審者だったかと思い家の中を探してみると、なんと沙織の下着に埋もれたまま眠っている光を発見。思わず「ウソでしょおぉおぉ」と叫びながら沙織がたたき起こすと、光は「何か無礼があったなら申し訳ない。寒うて・・つい・・」とたった一言。そして、窓から外の風景を眺めて「ここは一体、どこなのだ?」と、縋り付くように沙織を見つめます。

悪意がないことが分かったので現在が2015年であることを説明しますが、どうやら理解できない様子で落ち込む光は、「事の次第が判明するまで、ここにおいてもらえないだろうか?」「頼む、そたなだけが頼りなのじゃ」と沙織に懇願します。動揺する沙織ですが、そんな泣きそうな顔で言われてしまっては断ることができません。ここにめでたく光の居候が決定したのですが、、、

 

第二絵巻「ひもなのに朝帰り?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第2話のネタバレあらすじ!ひもなのに朝帰り?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第2話のネタバレあらすじと感想まとめ。仕事にでかけた沙織に家に、仮眠をとろうとやってきた詩織。光にびっくりするも意気投合して買い物にいくことに。急いで仕事を終わらせて、沙織が帰宅するのだが、家には誰もおらず。帰ってきた二人が、、、

沙織が会社に行っている時、沙織の家に来た妹の詩織が光源氏と会い、お互いにびっくりする。詩織が慌てて会議中の沙織に、メッセージと光の写真を送ると、それを見た沙織は、「光が詩織を口説くんじゃないか」と気が気でなくなり頭の中で「絶対ダメ」と叫んでしまう。詩織はキャバクラでバイトをしていてその帰り、大学の授業までの間睡眠をとろうとして沙織の家に立ち寄ったところ光と遭遇。その後、光は詩織が沙織の妹だと知って安心し、ネイルをしてもらい、外出することに

一方沙織は、新たな企画の作成を担当していたが、急いで作成して仕事を終え、仕事後も友達の誘いを断って慌てて家に帰る。しかし、家には詩織も光もいなくて心配でイライラしながら待っていたところ、二人で帰ってきた。詩織は姉に、光と恋人同士かと聞くが、違うと答える沙織。二人はハンバーガーを買ってきて家で食べ、その後詩織はバイトに出かけた。

光がソファに横になっていると、沙織は、なぜ都に戻ることができないのかと聞く。すると光は、朧月夜の夜にスキャンダルを起こして、政敵に都を追い出された、という話をする。そこで沙織は、源氏物語に出てくる光源氏が腹違いの兄嫁に手を出していたという話が合ったことを思い出し、源氏物語のストーリー通りだということに気づく。沙織は、そういうことはしてはいけないと言うが、光にはなぜ悪いことなのかがわかっていない

美しいと思うものを愛する気持ちが悪いのかというので、このモラルがわからない人と一緒にいれば、自分にも身の危険があるのではないかと危険を感じ、家を出て行ってもらおうとしたが、自分には手を出してこないので、自分はそんな対象ではないのかという不安も少し持つのだった。

沙織と共に生活を始めた光は、歯磨きなどの生活習慣を学ぶ。沙織が仕事に出かけている間、一人になるが、二人で家にいるときは蹴鞠をしたり外食を楽しんだりしながら数日間を過ごした。しかし、ある朝沙織が起きた時、光の姿がなかった。すぐに帰ってきたが、夜中に歌を詠みに行って朝帰りをした光。その夜も帰宅すると光がいなかったので、待ちながらソファで眠ってしまった。

そして朝になり光に起こされたが、そこでまたテレビで女優を見た光が涙を流しているのを見た。その涙の理由は、女優がショートヘアになったのを尼僧になったと思ったからだ。そう思って涙を流す光を見て、自分が口説かれないのはショートヘアだから尼僧だと思っているのかということに気づく。ところが、光は、沙織が尼僧ではないことは知ったけれど誰も通ってくる男性がいないことを慰めるつもりで言った、「物好きもいる」といわれた言葉にショックを受け、光を追い出すのだが、、、

 

第三絵巻「だいえっとはお好き?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第3話のネタバレあらすじ!だいえっとはお好き?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第3話のネタバレあらすじと感想まとめ。女子会に参加するも若い女性ばかりにびっくりする沙織。スイーツとお菓子の食べすぎに太ってしまった光を痩せさせるためダイエットを開始する二人。光にとっては過酷な運動に愚痴をこぼすのだが、、、

光のすすめで、和歌のオフ会に参加した沙織。てっきりおばあちゃんの会かと思っていた沙織は、若くてきれいな女性に囲まれてスイーツを食べている光にむかつきます。抹茶フラペチーノに感激してすっかりスイーツ男子に変貌した光は、満足げにスイーツを頬張っていました。

光は、平安時代では口にすることがなかった甘いスイーツに出会ったことで、スイーツ男子に変貌しますが、甘いものを摂取しすぎたせいか太ってしまいます。しかし、今までダイエットなど意識したことがなかった光源氏は、走った経験も一切なく走り方もわからない始末です。ダイエットとして食事内容がキャベツばかりになってしまい、拗ねてしまいますが、ダイエットの効果もでてきたのか、シュッとなっている光を見て安心する沙織。

しかし、日中は明るく現代を満喫している光でしたが、夜1人になると窓辺の御簾をあげては元の世界に戻すことが出来ないか試すなど、自分がいた故郷に戻りたいという気持ちを募らせるのでした。そして故郷を思い出している光を見て、沙織も切ない気持ちになってしまいます

次の日の朝、沙織は光に洗物を頼んで仕事にでかけました。光はぶつぶついいながら洗物をしていると誤ってマグカップを割ってしまいました。ちょうどそのとき詩織から電話がかかってきてカフェでお茶することにした光。光は、沙織に禁止されたチョコレートは禁止され、靴紐も自分で結ぶように言われ、食事の皿も自分で洗っておけと言われたなど沙織の厳しさを大真面目に語り、割れてしまったマグカップのお詫びとしておそろいのマグカップを買って帰ります

そして、本格的に光を元の世界に戻してあげようと考えた沙織は、平安時代に帰る方法はないのか色々な方法を探すことになり、占いやお祓いなどに行き探っていったところ月の満ち欠けと共に帰ることができることが判明し、光がこの世にきた新月の日と同じ状況にすることが帰る事ができる唯一の方法だと、再現を行うことになります。御簾の向こうに消えた光を思い、沙織は今まで一緒にすごした楽しい思い出を思い出し気持ちが溢れ出しますが、御簾を上げた先には平安時代に帰ることが出来なかった光が立ちすくんでいたのですが、、、

 

第四絵巻「らいばるにご用心?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第4話のネタバレあらすじ!らいばるにご用心?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第4話のネタバレあらすじと感想まとめ。光が消えて意気消沈の沙織。SNSのアカウントを削除しようと思ったらなぜか更新されていた。その夜は簾から男がやってきたが光ではなくライバルの頭中将であった。頭中将も居候することになるのだが、、、

沙織をトラックから助けた光源氏がどこかに消えてしまった。光がいない日々を送っていた沙織は意気消沈している様子。沙織は、光の私物を処分してから携帯電話のSNSのアカウントも削除しようとしますが、よく見るとSNSが更新されていたため内容を見ると、見知らぬ美女と戯れている光の姿が映っており、しかも「うるはしき、乙女と遊ぶ今の世におぼるるものはこの身なりけり」などという歌まで載せている光にびっくりするのでした。

そんな光のいないさびしい夜を過ごしていた沙織でしたが、ある晩、すだれの音で目が覚めると狩衣姿の男の後ろ姿を発見しました。光が戻ってきてくれた、と喜んで思わずだきついてしまいますが、よく見ると全く知らない男で、会話をしているうちに源氏物語で光のライバル的な存在として登場する「頭中将」であることに気付きます。そのまま追い返してもよかったのですが、沙織は「もしかしたら、この人を通じて光の居場所や手がかりが分かるかもしれない」と考えて頭中将に居候をすすめます。

そのうちに従者が迎えにくるから、と始めは辞退していた頭中将でしたが、沙織が従者は来ないことを伝えると、従者がくるまでの仮の宿としてなら、ということで居候が決定しました。翌朝、仕事に出かけるため頭中将に一言断りを入れてから家を出ようとする沙織に、頭中将はひとりだけで置いて行かないでくれ、と頼み縋り付きますが、沙織は慌てて家を飛び出して難を逃れながら「イケメンと、油断するなよ目の前の彼は平安貴族のニート」と読み、この気持ちを忘れないようにしようと決意するのでした。

夜になり仕事を終えて会社から家に戻ると、頭中将の姿が見当たりません。家の中を探すと浴室に人の気配を感じ、何をしているのか声を掛けるとバタバタしながら全身泡まみれの頭中将が出てきました。取り乱した頭中将は思わず烏帽子で頭を隠しますが、下は全く無防備な状態です。頭ではなくて下を隠せ、と慌てて目を背ける沙織ですが、なんと頭中将からは大切に使っていた高級なバスジェルの香りがすることに気付いてしまいます

文句を言っても仕方ないので諦めた沙織は、この家で生活するにあたりルールを作ろうと着替えた頭中将に提案しますが、頭中将はその話をうわの空で聞いています。「人が話をしているときは真面目に聞いて」と訴える沙織に、ころころ変わる表情が愛おしくて見とれてしまったと迫ってくる頭中将。思わず逃げ腰になったそのとき沙織のスマートフォンが鳴り、取ろうとする沙織よりも素早くスマートフォンを手に取った頭中将は「やっと返事がきた」と一言。話を聞くと「江洲江怒江洲とやらでやり取りをしていた」とのことで返事を見ている頭中将でしたが、初めて見るであろうスマートフォンを何も教えていないのに使いこなしていることに驚くのですが、、、

 

第五絵巻「恋は食品さんぷる?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第5話のネタバレあらすじ!恋は食品さんぷる?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第5話のネタバレあらすじと感想まとめ。詩織の紹介でホストのカインの家に居候することになった中将。ホストクラブの体験入店では、その日の売上NO.1に。沙織は光のことが気になるものの、このままじゃいけないと婚活パーティーに参加するのだが、、、

光源氏に続き現代に現れた光のライバル的な存在である中将は、詩織の友人であるカインの豪邸に居候することになります。カインはホストクラブに勤めており、中将はカインにホストクラブに連れられて体験入店をすることになりました。中将は最初他のホストたちが軽々しく女性に愛を語り合うなど軽薄な感覚に不信感を抱いていましたが、カインからお客様はみんな愛しい姫である説明をされてからは納得する姿が非常にコミカルです

ホストクラブからの帰り道カインと中将はラーメン屋で食事をしようとしますが、スリに遭う女性を見かけとっさに駆け寄りバッグを取り戻すことになります。この時の中将の華麗な動きや佇まいに魅力を感じた女性は、ホストクラブで働いていることを知り中将を訪ねて来店でします。女性は次々と高価なシャンパンなどのお酒を注文してくれ、なんとMAROはその日の最高の売上を記録してしまうのでした

光と中将がきちんと過ごせているか不安に感じていた沙織でしたが、詩織と一緒に沙織の家に遊びにきた中将の姿を見ると、以前とは全く違う変わりぶりとなっており驚きますが、楽しそうにすごしていることを知り安心します。中将の話を聞いた光は自分もホストをやってみたいと興味を持ちますが、様々な女性に愛の言葉をささやく光の姿を意識して、咄嗟にやきもちを焼いてしまった沙織はホストになることを止めます。そんな姿を見た詩織は、沙織に光のことが好きなのだろうと指摘しますが、沙織が心の中で光に引かれていることは気づきながらも否定します。

そんな微妙な関係を続けているところに、沙織の職場の後輩が結婚することになり結婚式の二次会に参加することになります。その席で後輩に先を越されてしまったことに焦った同僚からお見合いパーティーに一緒に参加しようと誘われることになりますが、あまり気が乗らずに断りました。しかし、このまま光との生活に慣れてしまうことや、光に引かれている気持ちに気づき始めている自分の姿に危機感を感じたことから、お見合いパーティーに参加することを決意します

日曜日におしゃれをしてパーティーに参加する沙織ですが、パーティーに参加している男性を光や中将と比較してしまい、どんな男性もかすんでみえてしまうことに驚き沙織は、話しかけてくれた男性と話をしますが話し中でも光のことを思い出してしまいます。そんな自分に嫌気がさし、男性に謝りつつも途中でパーティーを抜け出してしまうのですが、、、

 

第六絵巻「ないすとぅみーちゅー?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第6話のネタバレあらすじ!ないすとぅみーちゅー?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第6話のネタバレあらすじと感想まとめ。沙織が苦しんでいるのをどうにかしたい光は詩織に相談し、詩織から聞き役になるとよいとアドバイスを受ける。カイン主催のプールパーティーに参加することになったが、なじめず一人でソファーに座っていると、、、

光源氏は、婚活パーティを抜け出て酔って帰った沙織の涙を見てしまい、何とか力になりたいと思って妹の詩織に相談をしました。詩織は姉の聞き役になってというアドバイスをし、光はその通りに聞き役になろうと努めますが、悩みの原因が光にあるので、何も話せずにいました

ある日、沙織は妹に誘われ、カインのプールパーティに参加しましたが、もともとあまり乗り気ではなく馴染めずにいましたが、光や中将はすっかりなじんでいました。一人でソファーに座っていた沙織のもとに中将がやってきて、この前、光と二人で競い合ったことが良くなかったと後悔して、沙織にしっかりと謝罪をするのでした

詩織が姉と光の仲を取り持とうとした時ついに、光が源氏物語の光源氏で架空の人物であることを打ち明けました。それを聞いた妹は、架空の人物でも付き合うことはできると姉を励ますのですが、沙織はその言葉を素直に受け入れることができずに一人別室で悩み続けるのです。

ある日、沙織の留守中、光と中将が家で碁を打っているところに、沙織の母親が訪ねてきました。そのことをすっかり忘れていた沙織が慌てて帰ると、光も中将も母親とすっかり打ち解けて仲良くなっていました。母親は友人の個展を見るために東京に出てきて、そこでとってきた写真を光たちに見せようとするのですが、それらの写真が見つからず、出てきたのは父親と一緒に旅行をした京都での写真でした。父と母が抹茶パフェなどを食べている写真を見た光と中将は、その写真の京都に心が奪われ、思いを馳せるのでした。

母親は、二人がルームシェアの仲間だと思い込んでいたので、打ち解けて話していたのですが、ふたりとも結婚をしているということを知って怒り出しました。そして、光たちに根ほり葉ほり聞こうとする母親の態度に沙織が苛立ち、二人の口論がはじまり、帰りの飛行機の時間だと妹に言われるまで続くのでした。

母は妹と帰り、中将もカインのマンションに帰ろうとしたところ、光が誰かにさらわれそうになりました。沙織がすぐさま叫ぶと中将が戻ってきてもとに戻してくれたのですが、さらおうとしたのはフィリップでした。フィリップはハワイで男たちにさらわれましたが、何とかやり過ごし隠れ家に潜んでいるようです。そこでその場所に沙織と光、中将を案内しました。

フィリップが研究をしているのは多元宇宙論で、ハワイで光と出会ったことが何かの証拠となるように感じたのです。光たちは平行宇宙のどこかから来たと考えていて、彼らのいた世界は現実の世界から考えると架空の世界でも、逆に彼らがいた世界から見ればこちらの方が架空だと思われているのかもしれないと説明するフィリップですが、、、

 

第七絵巻「ばっくとぅ京都?」のあらすじ

いいね!光源氏くん第7話のネタバレあらすじ!ばっくとぅ京都?
よるドラ「いいね!光源氏くん」第7話のネタバレあらすじと感想まとめ。京都にやってきた三人。源氏物語ミュージアムで、自分の詳細が書かれていることに驚く光。真実を話して欲しいという中将に、架空の人物であることを告げる沙織。脇役と知った中将が元の世界に戻らないというのだが、、、

沙織は多元宇宙論の研究者であるフィリップから、光を元の世界に戻すために京都へ行くようアドバイスを受けます。沙織と一緒に京都に訪れた光と中将は、自分たちが知っている京都との違いに違和感を感じ、1000年後の都の様子に戸惑いを隠すことができません。周囲も光と中将の平安貴族の服装と冠の代わりに身に着ける烏帽子に戸惑いを感じて注目し、コスプレを行っていると勘違いされます。観光客に囲まれ記念撮影が始まりますが、その後念願の京都の抹茶パフェを食べることができ観光気分を味わいます

パフェを食べた後はお寺で記念撮影をし、目的地となる宇治の源氏物語ミュージアムに足を運びました。沙織の妹である詩織も合流して四人でミュージアムを鑑賞しますが、光は展示物を見ながら、詳細に書いてくれた人がいたと感動します。中将は違和感を感じ、沙織に真実を話してほしいと伝えました。沙織は、源氏物語は紫式部が作った長編物語で光と中将は登場人物であり、この世に存在することのない想像上の人物であることを伝えます。

中将は、その場から離れ沙織は追いかけますが、自分が主人公である物語は存在しないと沙織に訴えました。中将は、源氏物語では光の正妻である葵の上の兄として登場しますが、実際に主人公として書かれた物語は存在しません。中将は落ち込みますが、沙織は人生の主役であることには間違いないと伝えますが、中将の心には伝わりません。沙織は妹と比べられ落ち込んでいましたが、中将によって自分自身が人生の主役であることを教えられたさらに訴えました

沙織の気持ちを聞いても、源氏物語の世界に戻り光の引き立て役となるのは我慢できないため、今の世界にとどまり自分の物語を生きたいと発言します。そこに光が訪れ、人は一人では行きていくことができず、友人のいない人生は月のない世の中と同じであることや、一緒に過ごすことができるように変える道を探したいと告げますが、中将は引き立て役を拒否して光の意見を受け入れません。光は中将らしくないと発言しますが、沙織はその姿に脇役の気持ちがわかっていないと光にいうのです

源氏物語の世界では周囲からちやほやされて恋人もたくさんいたこと指摘すると、光は希望して現代にきたわけではないと発言します。沙織はいらだち、光が愛した女性は全員幸せではない、同じ場所に住まわせ他人の子供を育てることが幸せであるはずがないと、感情にまかせて言ってしまいます。

東京に戻りそれぞれの家で過ごし、沙織は光に話しかけようとしますが、、、

 

最終絵巻「光くんばいばい?!」のあらすじ

いいね!光源氏くん最終回のネタバレあらすじ!光くんばいばい?!
よるドラ「いいね!光源氏くん」第8話(最終回)のネタバレあらすじと感想まとめ。京都にいってギクシャクしていた二人ですが、スイーツで仲直りすることに。光が沙織に告白するものの、次元ジャンプの謎を知っていた沙織は突き放します。最後に別れのデートをするのですが、、、

翌朝になっても、真実を知った光ときつい言葉をいってしまった沙織は、気まずそうにしています。朝食の準備をしている沙織は、今日遅くなる光に伝えます。沙織は詩織を呼び出して相談することにしたのです。

どうすんの?これから。」という詩織にどうするって言われてもも返事に困る沙織。フィリップが話していた2次元ジャンプの謎が解けたことについてまだ光に話していない沙織に、謎が解けたら光くんが無効の世界に戻ってもおかしくないと訴えます。それは沙織も別れが近いことを覚悟しなければいけないと感じていました

その頃、光は、中将を居酒屋で飲みに誘っていました。「つきあってもらって悪かったな。」と謝る光。こちらも昨日の一件で、ギクシャクしている様子でしたが、話をしていくうちに元の中に戻る二人。中将は、源氏に「宇治の博物館では壁にまとめられた年表とやらを見たか?」と聞くと、全てはみていないと答える光。中将が沈んでいたのは、その年表の中身についてかと思い聞いてみるが、自分のことはほとんど何も書かれていなかったと答える中将。

何もかかれていなかったことに、己とは果たして何なのか?私は一体何なんだ?と分からなくなってしまっていた中将に、光は、大切なのは名前ではなくどう生きたかということを訴えました。それと聞いた中将も納得しながらも、おぬしにはかなわんなとこぼします。光は人のことは励ませるが、自分のこととなるとどうすればよいのか分からず悩んでいました。

光は沙織から昨日言われたことがずっと気になっていたのです。すると、今後は中将が光に、女性の言葉は大概が本音の裏返しだとアドバイスをします。更に、女性の本音が知りたければ瞳を見ろ。瞳には嘘は書けないと説得します

光は、現代にきて沙織と一緒に生活する中で、女性がいかに面白い生き物を知ったと話します。そして、もしも元の場所へ戻れたときは、姫たちにもっと向き合って暮らしていけるのではないと考えていたのです。中将もホストクラブで女性たちの話を聞いて、女心を学んだと話します。二人は、現代の女性たちに触れ、自分たちは女心を学ぶためにこの世に来たのではないかと苦笑します

そして、光は、縁があったすべての女性を幸せにするのではなく、たった一人だけでも幸せにすることができればいいと思っていると中将に打ち明けます。中将はその言葉から沙織殿のことか?と聞くと、光が何も答えなくともそれを感じた中将でした。光は元にもどるよりも今自分がいる場所はここだから、どう生きていくか覚悟が必要だと話します

しかし、その前にひとまずは沙織と仲直りがしたいのですが、どうすればいいか困っていたのですが、、、