『ちゅらさん』桐野みづえ役は丹阿弥谷津子!夫は俳優の金子信雄!

NHK朝ドラ「ちゅらさん」で、桐野みづえ役を演じるのは、丹阿弥谷津子さんです。

こちらでは、ちゅらさんのキャスト・丹阿弥谷津子さんに関する情報をまとめています。

  • 丹阿弥谷津子さんが演じる桐野みづえの役柄
  • 桐野みづえのモデル
  • 丹阿弥谷津子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

丹阿弥谷津子演じる桐野みづえの役柄は?

ちゅらさんのキャスト・丹阿弥谷津子演じる桐野みづえは、一風館の管理人です。

夫はニューギニアで戦死し、一人息子を5歳で亡くした過去を持つ女性で、息子さんとは、父親の書斎にあった世界の料理の本を見ながら、世界中のおいしい料理を作って食べようと約束していましたが、それがかなわぬ夢となりました。
それをきっかけに本で世界の料理を学ぶようになり、雑司ヶ谷の古い洋館で「一風館」を営んでいます。

コーヒーに凝っていて、「一風館」の各部屋にはコーヒーの名前がつくほど。

恵里がスーパーボールをなくしてみんなで創作したときに、おにぎりをふるまったののですが、それがきっかけで、得意の料理で住人をもてなす「お食事会」を1階のサロンで催すようになります。

1階「ブルウマウンテン」の住人であった島田と恋に落ち、再婚して、管理人室で一緒に仲むつまじく暮らすようになります。

桐野みづえのモデルは?

朝ドラ「ちゅらさん」のキャスト・丹阿弥谷津子さん演じる桐野みづえのモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「ちゅらさん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

丹阿弥谷津子さんのプロフィール

こちらでは、ちゅらさんのキャスト・丹阿弥谷津子さんのプロフィールを紹介します。

名前丹阿弥谷津子(たんあみやつこ)血液型O型
生年月日1924年6月25日身長157cm
星座かに座出身地東京市本所区両国

桐野みづえ役を演じる丹阿弥谷津子さんは、1924年6月25日生まれの東京都出身で、村上事務所所属の女優です。

父は日本画家の丹阿弥岩吉、妹はメゾチント作家の丹阿弥丹波子の芸術一家の長女として、誕生しました。

筑波大学系列で学んだ後、1942年に東京文化学院文学部に入学しました。

しかし、まだ戦前ということもあり、自由主義的教育が国策に合わないという理由で、学校が閉鎖されてしまいます。

彼女は、そこから約1ヶ月後に、文学座の研究生になったとされています。

ここで演劇を学びながら、レッスンを受けた後、1945年、文学座「桜の園」で初舞台を踏み注目を集めました。

その後も、舞台「シラノ」のマクサーヌ役、「マリウス」のファニー役などで活躍し、女優としての実績を積み重ねていきました。

映画デビュー

1950年には、「アルプス物語」にて映画デビューを果たすと、1952年には、映画「東京えくぼ」で主演を務め、ヒロイン役を好演しました。

翌年の1953年にも映画「にごりえ」で主演を果たし、女優として、名の知られる存在となっていきました。

また、1957年には、金子信雄と結婚し、その後、二児の男の子を授かっています。

順調に女優として、また母親として活躍する一方で、1963年に、文学座と所属俳優たちの思想上の行き違いから勃発した、「喜びの琴事件」の影響を受け、彼女もこれに呼応し、文学座を脱退してしまいます。

その後、事件の中心人物であった三島由紀夫、金子信雄らと結成したNLTというラテン語で新文学座を表し、その頭文字をとった劇団を結成し、そのメンバーの一員として、女優業に携わっていきました。

翌年には、「サド侯爵夫人」で主演を務め、同劇団脱退後は、金子とともに、新演劇人クラブマールイを結成し、そこで女優として活動するようになりました。

1967年には、「女優の愛と死」で第10回日本映画批評家大賞功労賞を受賞するなど、さらに女優としての実績を積み重ねていきました。

所属事務所によらず、コンスタントに活躍できるところは、彼女の実力の高さを伺い知ることができると言えますね。

代表的な出演作としては、映画では、「釣りバカ日誌シリーズ」、NHK朝の連続テレビ小説では、「信子とおばあちゃん」、「藍より青く」、「ふたりっ子」、「ちゃらさん」など、大河ドラマでは、「三姉妹」、「琉球の風」、「葵徳川三代」など、ドラマでは、「土曜ワイド劇場シリーズ」、「火曜サスペンスシリーズ」などとなっており、特におばあちゃん役での記憶に新しい人物となっています。

2008年12月に放送されたNHK「最後の戦犯」での出演以降、目立った出演はみかけられませんが、ぜひその演技をもう一度みたくなる女優の人物の1人となっています。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「ちゅらさん」が放送された2001年当時の丹阿弥谷津子さんの年齢は、76才です。あれから20年経っていますので、丹阿弥谷津子さんの現在の年齢は、96才(2021年現在)になります。

今何してる?

丹阿弥谷津子さんは、現在も女優業を続けているのかは、わかりませんでした。

直近の出演作品では、2008年に放送された「NHKスペシャル・最後の戦犯」に出演されている情報だけで、それ以降の情報が見当たりません。

96歳という高齢ですので、もう引退されたかもしれませんね。

所属事務所は?

丹阿弥谷津子さんの所属事務所は、村上事務所です。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、ちゅらさんのキャスト・丹阿弥谷津子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「藍より青く」
朝ドラ「ちゅらさん」桐野みづえ
朝ドラ「どんど晴れ」岸本敏恵
大河ドラマ「葵 徳川三代」見性院
桜咲くまで若林ハナ
浅草ふくまる旅館野口ゆき
青い瞳の聖ライフ大野とよ
木曜ドラマストリート「家族八景 18歳の家政婦は見た!! すべての秘密は今暴かれる~」桐生照子
僕が僕であるために唐木鶴子
しあわせ色写真館田中詠子
はぐれ刑事純情派 SP申玉均
朝ドラ「信子とおばあちゃん」
朝ドラ「はね駒」
朝ドラ「ええにょぼ」
朝ドラ「ふたりっ子」有沢可奈
大河ドラマ「三姉妹」
大河ドラマ「風と雲と虹と」
大河ドラマ「山河燃ゆ」
大河ドラマ「琉球の風」
NHKスペシャル・最後の戦犯
映画
恋の応援団長
東京のえくぼ
生きる
山びこ学校
にごりえ
山の音
心に花の咲く日まで
朱と緑
女であること
春高樓の花の宴
最高殊勲夫人
青い野獣
太陽は狂ってる
青べか物語
美しい暦
肉体の盛装
華岡青洲の妻
なにはなくとも全員集合!!
尼寺~物語
舞台
あかさたな
桜の園
鹿鳴館
サド侯爵夫人
マイ・フェア・レディ
CM・広告
パラマウントベッド
野村證券「特定口座」
沢井製薬

朝ドラ「ちゅらさん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ちゅらさん」のキャスト一覧です。

「おちょやん」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『ちゅらさん』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「ちゅらさん」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
古波蔵家
古波蔵恵里国仲涼子

(幼少期:浦野未来)

古波蔵の長女
古波蔵ハナ平良とみ恵里・恵達の祖母
古波蔵恵文堺正章恵里・恵達の父
古波蔵勝子田中好子恵尚・恵里・恵達の母
古波蔵恵尚ゴリ恵里・恵達の異父兄
古波蔵恵達山田孝之恵里の弟
上村家
上村文也小橋賢児恵里の夫で、内科医
上村静子真野響子文也・和也の母
上村伸生勝野洋文也・和也の父
一風館
桐野みづえ丹阿弥谷津子一風館の管理人
島田大心北村和夫元外科医
城ノ内真理亜菅野美穂メルヘン小説家
柴田幸造村田雄浩製薬会社のサラリーマン
池端容子余貴美子旅行会社で働くOL
北栄総合病院
下柳聡子戸田恵子北栄総合病院の婦長
佐々木奈々子佐藤藍子恵里の先輩看護婦
中町祥子山口あゆみ恵里の1歳年下の同期看護婦
西宮遙小西真奈美女医で、文也の元恋人
神田秀美清水ミチコ聡子の後任婦長
村山麻衣子菊地百合子恵里が初めて指導した看護婦