『ふたりっ子』有沢可奈役は丹阿弥谷津子!夫は俳優の金子信雄!

NHK朝ドラ「ふたりっ子」で、有沢可奈役を演じるのは、丹阿弥谷津子さんです。

こちらでは、ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子さんに関する情報をまとめています。

  • 丹阿弥谷津子さんが演じる有沢可奈の役柄
  • 有沢可奈のモデル
  • 丹阿弥谷津子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

丹阿弥谷津子演じる有沢可奈の役柄は?

ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子演じる有沢可奈は、英之の母です。

芦屋の豪邸で、英之、英之の妻・理佐子と三人で暮らしています。

お嬢さま学校「芦屋女学館」の経営に強い権力を持っており、英之を理事長に据えていましたが、亡くなるとその威光もなくなり、英之が理事長を解任させられる事態に。

また、嫁の理佐子にもなにかといびる姑です。

有沢可奈のモデルは?

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト・丹阿弥谷津子さん演じる有沢可奈のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「ふたりっ子」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

丹阿弥谷津子さんのプロフィール

こちらでは、ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子さんのプロフィールを紹介します。

名前丹阿弥谷津子(たんあみ やつこ)血液型O型
生年月日1924年6月25日身長157cm
星座かに座出身地東京市本所区両国
(現・東京都墨田区両国)

有沢可奈役を演じる丹阿弥谷津子さんは、1924年6月25日生まれの東京都出身で、村上事務所所属の女優です。

父は日本画家の丹阿弥岩吉、妹はメゾチント作家の丹阿弥丹波子の芸術一家の長女として、誕生しました。

筑波大学系列で学んだ後、1942年に東京文化学院文学部に入学しました。

しかし、まだ戦前ということもあり、自由主義的教育が国策に合わないという理由で、学校が閉鎖されてしまいます。

彼女は、そこから約1ヶ月後に、文学座の研究生になったとされています。

ここで演劇を学びながら、レッスンを受けた後、1945年、文学座「桜の園」で初舞台を踏み注目を集めました。

その後も、舞台「シラノ」のマクサーヌ役、「マリウス」のファニー役などで活躍し、女優としての実績を積み重ねていきました。

映画デビュー

1950年には、「アルプス物語」にて映画デビューを果たすと、1952年には、映画「東京えくぼ」で主演を務め、ヒロイン役を好演しました。

翌年の1953年にも映画「にごりえ」で主演を果たし、女優として、名の知られる存在となっていきました。

また、1957年には、金子信雄と結婚し、その後、二児の男の子を授かっています。

順調に女優として、また母親として活躍する一方で、1963年に、文学座と所属俳優たちの思想上の行き違いから勃発した、「喜びの琴事件」の影響を受け、彼女もこれに呼応し、文学座を脱退してしまいます。

その後、事件の中心人物であった三島由紀夫、金子信雄らと結成したNLTというラテン語で新文学座を表し、その頭文字をとった劇団を結成し、そのメンバーの一員として、女優業に携わっていきました。

翌年には、「サド侯爵夫人」で主演を務め、同劇団脱退後は、金子とともに、新演劇人クラブマールイを結成し、そこで女優として活動するようになりました。

1967年には、「女優の愛と死」で第10回日本映画批評家大賞功労賞を受賞するなど、さらに女優としての実績を積み重ねていきました。

所属事務所によらず、コンスタントに活躍できるところは、彼女の実力の高さを伺い知ることができると言えますね。

代表的な出演作としては、映画では、「釣りバカ日誌シリーズ」、NHK朝の連続テレビ小説では、「信子とおばあちゃん」、「藍より青く」、「ふたりっ子」、「ちゃらさん」など、大河ドラマでは、「三姉妹」、「琉球の風」、「葵徳川三代」など、ドラマでは、「土曜ワイド劇場シリーズ」、「火曜サスペンスシリーズ」などとなっており、特におばあちゃん役での記憶に新しい人物となっています。

2008年12月に放送されたNHK「最後の戦犯」での出演以降、目立った出演はみかけられませんが、ぜひその演技をもう一度みたくなる女優の人物の1人となっています。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「ふたりっ子」が放送された1996年当時の丹阿弥谷津子さんの年齢は、71才です。あれから25年経っていますので、丹阿弥谷津子さんの現在の年齢は、96才(2021年現在)になります。

今何してる?

丹阿弥谷津子さんは、現在も女優業を続けているのかは、わかりませんでした。

直近の出演作品では、2008年に放送された「NHKスペシャル・最後の戦犯」に出演されている情報だけで、それ以降の情報が見当たりません。

96歳という高齢ですので、もう引退されたかもしれませんね。

所属事務所は?

丹阿弥谷津子さんの所属事務所は、村上事務所です。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「どんど晴れ」岸本敏恵
大河ドラマ「葵 徳川三代」見性院
桜咲くまで若林ハナ
浅草ふくまる旅館野口ゆき
青い瞳の聖ライフ大野とよ
木曜ドラマストリート「家族八景 18歳の家政婦は見た!! すべての秘密は今暴かれる~」桐生照子
僕が僕であるために唐木鶴子
しあわせ色写真館田中詠子
はぐれ刑事純情派 SP申玉均
朝ドラ「信子とおばあちゃん」
朝ドラ「はね駒」
朝ドラ「ええにょぼ」
朝ドラ「ふたりっ子」有沢可奈
朝ドラ「ちゅらさん」桐野みづえ
大河ドラマ「三姉妹」
大河ドラマ「風と雲と虹と」
大河ドラマ「山河燃ゆ」
大河ドラマ「琉球の風」
NHKスペシャル・最後の戦犯
大奥
映画
石井のおとうさんありがとう
恋の応援団長
東京のえくぼ
生きる
山びこ学校
にごりえ
山の音
心に花の咲く日まで
朱と緑
女であること
春高樓の花の宴
最高殊勲夫人
青い野獣
太陽は狂ってる
青べか物語
美しい暦
肉体の盛装
華岡青洲の妻
なにはなくとも全員集合!!
舞台
あかさたな
桜の園
鹿鳴館
サド侯爵夫人
マイ・フェア・レディ
CM・広告
パラマウントベッド
野村證券「特定口座」
沢井製薬

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧です。

「ふたりっ子」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『ふたりっ子』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
野田家
野田香子岩崎ひろみ

(少女期:三倉佳奈

野田家の双子の妹
野田麗子菊池麻衣子

(少女期:三倉茉奈

野田家の双子の姉
野田千有希手塚理美香子と麗子の母親
野田光一段田安則香子と麗子の父親
有沢家
有沢英之高島忠夫千有希の父
有沢理佐子香川京子千有希の母
有沢可奈丹阿弥谷津子英之の母
天下茶屋・新世界の人々
黒岩政夫伊原剛志バーバー黒岩の息子
佐伯銀蔵中村嘉葎雄大田学真剣師
オーロラ輝子河合美智子叶麗子演歌歌手
谷武蔵河島英五たこやきビリヤードのマスター
梅屋音吉夢路いとし通天閣将棋センターの席主
金子(カネヤン)多賀勝一新世界将棋センターの常連さん
海東壮平山本太郎海東財閥の御曹司
将棋界の人々
森山史郎内野聖陽

(少年期:武田克巳、伊藤譲二)

プロ棋士
米原公紀桂枝雀棋界のドン・永世名人
米原桂子三林京子米原永世名人の妻
猿渡夏彦國村隼新進棋士奨励会の幹事
雨宮秋彦田口浩正奨励会員
羽柴秀明茂山宗彦天才的な若手棋士
織田信雄岸部一徳「飛将」のタイトル保持者