「純ちゃんの応援歌」のネタバレ!あらすじを最終回まで全151話紹介!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のあらすじを、放送終了後最速で、ネタバレ更新しています

全156話を1話ごとにネタバレしていますが、ざっくりストーリーを知りたい方向けに、各週ごとの要点を絞ったあらすじネタバレもご用意。

他にも、超個人的な感想や、トリビアな小ネタもちょこちょこ紹介。

あらすじや感想に、放送前のネタバレが多く含まれていますので、先を知りたくない方はご退室ください。

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

再放送予定の朝ドラ『純ちゃんの応援歌』のネタバレあらすじ

こちらは、再放送予定の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のあらすじをまとめたネタバレ一覧です。

各週・各話ごとのあらすじは、「▼各週・各話のあらすじネタバレ一覧▼」で確認できます。

今週放送の朝ドラ「純ちゃんの応援歌」一覧
放送回放送日
第1話「日系人米兵」9月27日(月)
第2話「一等でゴール」9月27日(月)
第3話「集団自決」9月28日(火)
第4話「父の生存」9月28日(火)
第5話「正社員」9月29日(水)
第6話「北川は詐欺師だ」9月29日(水)
第7話「売らないで!」9月30日(木)
第8話「直談判」9月30日(木)
第9話「真実」10月1日(金)
第10話「グローブ」10月1日(金)

 

純ちゃんの応援歌各週・各話のあらすじネタバレ一覧

こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」各週・各話のあらすじをまとめたネタバレ一覧です。

リンクをクリックすると、各話ごとの詳細なあらすじを確認することができます。

各週のネタバレについては、要点を絞ってまとめており、ストーリーに直接影響しない部分はカットしておりますので、詳しい内容を知りたい場合は、各話ごとのあらすじネタバレをご確認ください。

 

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」各週・各話のあらすじネタバレ一覧
放送週「サブタイトル」放送回放送日
第1週第1話「日系人米兵」10月3日(月)
第2話「一等でゴール」10月4日(火)
第3話「集団自決」10月5日(水)
第4話「父の生存」10月6日(木)
第5話「正社員」10月7日(金)
第6話「北川は詐欺師だ」10月8日(土)
第2週第7話「売らないで!」10月10日(月)
第8話「直談判」10月11日(火)
第9話「真実」10月12日(水)
第10話「グローブ」10月13日(木)
第11話「日米親善試合」10月14日(金)
第12話「見知らぬ少年」10月15日(土)
第3週第13話「陽一郎の帰還」10月17日(月)
第14話「親友とのキャッチボール」10月18日(火)
第15話「昭の怒り」10月19日(水)
第16話「仲直り」10月20日(木)
第17話「叔母の所在」10月21日(金)
第18話「引き取り拒否」10月22日(土)
第4週第19話「養子にしたい」10月24日(月)
第20話「駆け落ち」10月25日(火)
第21話「」10月26日(水)
第22話「」10月27日(木)
第23話「」10月28日(金)
第24話「」10月29日(土)
第5週第25話「」10月31日(月)
第26話「」11月1日(火)
第27話「」11月2日(水)
第28話「」11月3日(木)
第29話「」11月4日(金)
第30話「」11月5日(土)
第6週第31話「」11月7日(月)
第32話「」11月8日(火)
第33話「」11月9日(水)
第34話「」11月10日(木)
第35話「」11月11日(金)
第36話「」11月12日(土)
第7週第37話「」11月14日(月)
第38話「」11月15日(火)
第39話「」11月16日(水)
第40話「」11月17日(木)
第41話「」11月18日(金)
第42話「」11月19日(土)
第8週第43話「」11月21日(月)
第44話「」11月22日(火)
第45話「」11月23日(水)
第46話「」11月24日(木)
第47話「」11月25日(金)
第48話「」11月26日(土)
第9週第49話「」11月28日(月)
第50話「」11月29日(火)
第51話「」11月30日(水)
第52話「」12月1日(木)
第53話「」12月2日(金)
第54話「」12月3日(土)
第10週第55話「」12月5日(月)
第56話「」12月6日(火)
第57話「」12月7日(水)
第58話「」12月8日(木)
第59話「」12月9日(金)
第60話「」12月10日(土)
第11週第61話「」12月12日(月)
第62話「」12月13日(火)
第63話「」12月14日(水)
第64話「」12月15日(木)
第65話「」12月16日(金)
第66話「」12月17日(土)
第12週第67話「」12月19日(月)
第68話「」12月20日(火)
第69話「」12月21日(水)
第70話「」12月22日(木)
第71話「」12月23日(金)
第72話「」12月24日(土)
第13週第73話「」12月26日(月)
第74話「」12月27日(火)
第75話「」12月28日(水)
第76話「」1月4日(水)
第77話「」1月5日(木)
第78話「」1月6日(金)
第14週第79話「」1月9日(月)
第80話「」1月10日(火)
第81話「」1月11日(水)
第82話「」1月12日(木)
第83話「」1月13日(金)
第84話「」1月14日(土)
第85話「」1月14日(土)
第15週第86話「」1月16日(月)
第87話「」1月17日(火)
第88話「」1月18日(水)
第89話「」1月19日(木)
第90話「」1月20日(金)
第91話「」1月21日(土)
第16週第92話「」1月23日(月)
第93話「」1月24日(火)
第94話「」1月25日(水)
第95話「」1月26日(木)
第96話「」1月27日(金)
第97話「」1月28日(土)
第17週第98話「」1月30日(月)
第99話「」1月31日(火)
第100話「」2月1日(水)
第101話「」2月2日(木)
第102話「」2月3日(金)
第103話「」2月4日(土)
第18週第104話「」2月6日(月)
第105話「」2月7日(火)
第106話「」2月8日(水)
第107話「」2月9日(木)
第108話「」2月10日(金)
第109話「」2月11日(土)
第19週第110話「」2月13日(月)
第111話「」2月14日(火)
第112話「」2月15日(水)
第113話「」2月16日(木)
第114話「」2月17日(金)
第115話「」2月18日(土)
第20週第116話「」2月20日(月)
第117話「」2月21日(火)
第118話「」2月22日(水)
第119話「」2月23日(木)
第120話「」2月24日(金)
第121話「」2月25日(土)
第21週第122話「」2月27日(月)
第123話「」2月28日(火)
第124話「」3月1日(水)
第125話「」3月2日(木)
第126話「」3月3日(金)
第127話「」3月4日(土)
第22週第128話「」3月6日(月)
第129話「」3月7日(火)
第130話「」3月8日(水)
第131話「」3月9日(木)
第132話「」3月10日(金)
第133話「」3月11日(土)
第23週第134話「」3月13日(月)
第135話「」3月14日(火)
第136話「」3月15日(水)
第137話「」3月16日(木)
第138話「」3月17日(金)
第139話「」3月18日(土)
第24週第140話「」3月20日(月)
第141話「」3月21日(火)
第142話「」3月22日(水)
第143話「」3月23日(木)
第144話「」3月24日(金)
第145話「」3月25日(土)
第25週第146話「」3月27日(月)
第147話「」3月28日(火)
第148話「」3月29日(水)
第149話「」3月30日(木)
第150話「」3月31日(金)
第151話「高校球児の母」(最終回)4月1日(土)

「純ちゃんの応援歌」あらすじの概要

※朝ドラ「純ちゃんの応援歌」あらすじの概要には、ネタバレが含まれますので、ご注意ください。

『純ちゃんの応援歌』は、和歌山・美山村で、両親と祖父、妹弟と暮らしていた小野純子が、甲子園球場の近くに旅館を開いて、「高校救児の母」と呼ばれるようになるまでの半生を描いた物語です。

このドラマは、弟思いの野球好きな、明るく元気なお姉さん・小野純子が、甲子園球場近くに旅館を開き「球児の母」と呼ばれるすてきな女将さんとなるその半生を、涙と笑いとペーソスで描く青春奮闘記である。
戦後まもなく父を亡くした純子は、一家の先頭に立って家族の支えになり、しかもその時、身を寄せていた孤児の少年を新しい弟として温かく迎え、野球に夢をかけた弟たちを励まし、家族と自らの幸福を求めてさわやかに人生を生き抜いてゆく。
戦後期の関西(和山・大阪・兵庫)を舞台に、小さな家族の大きな愛の物語を通して、今の時代に失われがちな、貧しくても堅いきずなで結ばれた、家族愛を描いた布勢博一さんオリジナルの物語です。

速見秀平との出会い

村をあげての大運動会の日。

純子は村一番の山林地主・興園寺つやの長男・正太夫と二人三脚に出場していた。

大運動会は終盤に差し掛かり、いよいよ騎馬戦がはじまる。

観客や生徒のボルテージがあがっているところに、進駐軍らしい人物が2人、ジープに乗ってやってきた。

その二人は、ジョージ北川と速見秀平で、GHQから来たという。

さらに、地元の興園寺林業の土地を借りたいといってきたのだ。

しかし、ジョージ北川が詐欺師とわかると純子はジョージ北川を説得し、改心させてしまう。

北川が美山村を去ると、残った秀平は、興園寺家で働くことになった。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」各週あらすじの概要

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」各週あらすじの概要をまとめています。

さきほどもお伝えしたように、全容ではなく各週あらすじのポイントとなる部分の概要になりますが、ネタバレを多く含んでいます。

第1週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第1週のネタバレあらすじは、村の大運動会中に二人の日系人米兵がやってきてジョージ北川が詐欺師だと速水が告白するストーリーです。

戦争が終わって2年目の初夏のある日。和歌山の山村・御堂村は久々に華やいだ雰囲気につつまれた。青年団主催の大運動会が行われたのである。集まった顔ぶれはやはり子どもと女が多い。村の男たちのある者は復員し、ある者は戦死し、残りは生死も行くえも知れなかった。純子(山口智子)の父・陽一郎(川津祐介)もその一人である。しかし、運動会の熱気と晴れあがった空が、そんな戦争の記憶や、残された者たちの不安をしばし消し去っていたのだが、、、

 

 

第2週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第2週のネタバレあらすじは、純子の説得で、ジョージ北川が興園寺林業を去る間際に本物のGHQが材木を調達にやってくるストーリーです。

 

純子が引き当てたのは「制服を着た人」考える暇もなく純子はアメリカの軍服をまとった若者の手を取った。事情をのみ込んだ秀平はやおら純子を抱き上げると、全力疾走。その速いこと、一番のペアをあっけなく抜いた。純子はしまったと思ったがもう遅い。二着に大差をつけてゴールイン。ガッツポーズの秀平は、「ああ、お米が消えた……」とへたり込む純子に、けげんな目を向けるのであった。ともあれ、これが2人の出会いだった。

 

第3週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第3週のネタバレあらすじは、父・陽一郎が、孤児・雄太を連れて村に帰ってくるストーリーです。

 

一方、秀平はある日、突然純子を呼び出すと、自分たちはGHQではなく、典園寺家から金をだまし取ろうとしているのだと打ち明けた。縁あって北川と行動をともにしている村の人をだますのは耐えられない、と言う。何とかしてくれ、と秀平に請われて手をこまねいた純子はその夜、北川のもとへ直談判に赴いた。必死で詐欺を思いとどまるように訴える純子の態度に、北川は打たれたようだった。そのまなざしに、ふと優しさがよぎったのである。翌日、驚いたことに本物の進駐軍が材木の買い付けに興園寺家を訪れた。北川はうまくその場をとりつくろって姿を消した。残された秀平は、材木問屋の一員として働くことになった。

 

第4週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第4週のネタバレあらすじは、陽一郎が満州から帰還してきて職を探しやっと見つけるが、倒れてしまい職につくことを辞退するストーリーです。

 

陽一郎はひとりの少年を伴っていた。林雄太(高岡俊広)は満州で両親に生き別れ、さまよううちに瀕死のけがを負って倒れていた陽一郎に出会い、その命を救ったのである。陽一郎は雄太を日本へ連れ帰り、身寄りを探してやろうと考えたのである。雄太には母に捨てられたという思いがあり、深い心の傷のため、なかなかみんなととけ合おうとしない。純子の弟の昭(岩芝公治)との折り合いも最初は良くなかった。しかし、村はそのころちょうど野球ブーム。アメリカで野球を仕込まれた速水をコーチ役に、少年たちは放課後練習に熱中していた。

 

 

第5週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第5週のネタバレあらすじは、清原欽一郎と遠縁だということがわかり、祖父の墓参りが叶った速水がアメリカに帰るストーリーです。

「英会話を習わへん?速水さんから」ある日、純子(山口智子)は親友の静尾(押谷かおり)に誘われた。アメリカへの帰国を前に、秀平(高嶋政宏)がレッスンしてくれるというのである。実は静尾が頼み込んだらしい。何かと理由をつけては秀平に近づきたがる親友の態度が、気になって仕方のない純子は、自宅を教室に提供することにした。なぜか心が躍った。

 

第6週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第6週のネタバレあらすじは、遠足の時に子供たちを危険な目にあわせた責任で久助がやめると言い出し、陽一郎と言い合いになり喧嘩するストーリーです。

 

帰国の数日前、秀平は別れを告げに、純子を訪れた。「日本に来てよかった」秀平は言った。「君と知り合えたしー」純子は思わず若者の顔を見つめた。記念の写真を撮ると、秀平は日本を離れた。二度と会えないかもしれない、そう思って心に灯った小さな灯を消そうとする純子であった。けれども、遠く離れて暮すことが、かえってふたつの心を強く結びつけるきっかけになることも、たまにはある。

 

 

第7週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第7週のネタバレあらすじは、大阪で就職が決まっていた陽一郎だったが、久助たちと酒を飲んでいるときに倒れ急死するストーリーです。

 

昔からの親友の決意に、陽一郎は猛反対。定年まで立派に勤めるのが本当の責任の取り方じゃないか、校長辞めて、童話を書く?冗談言うな……陽一郎の激しい口調に、雑貨も売り言葉に買い言葉、大げんかになってしまった。純子はその間に立って、ただおろおろするばかりである。以後数日間、ふたりは口ひとつきかない仲になってしまった。しかしあき(伊藤榮子)と雑貨の姉つや(白川由美)から彼らの青春時代のことを耳にして、純子は驚いた。

 

 

第8週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第8週のネタバレあらすじは、雄太が正式に小野家の養子となり、家族全員で大阪へ移り住むストーリーです。

 

あきが雑賀の初恋の人であった、つやは陽一郎にほのかな思いを寄せていた……そんな昔話を聞きながら、純子は父母の青春時代に思いをはせるのだった。そして今、自分は秀平の顔が浮かんで、胸が少し痛んだ。新年が明けた。小野家は久しぶりに一家全員がそろって、幸福な正月を迎えた。雄太も家族になじみ、恭子(松本友理)ものど自慢の予選を勝ち抜さ、宝塚への夢も実現しつつあった。小康を得た陽一郎も就職先が大阪と決まり、春から一家は大阪に引っ越すことに決めていた。純子にとっては、カリフォルニアから時折届く秀平の手紙が大きな楽しみであった。しかしそんなささやかな幸せも、あっけなく終ってしまった。就職を祝って雑賀が催した祝宴の席で、陽一郎が倒れたのである。

 

 

第9週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第9週のネタバレあらすじは、野球が大好きだった亡き父と弟の夢を引き継ぎ、西宮近くの旅館女将となり“甲子園球児たちの母”と呼ばれるようになる小野純子の生涯を爽やかに描くストーリーです。

 

「ナイスプレイやったなあ…ナイスプレイや、ナイスプレイ……最後の最後まで陽一郎が人生を通して求めていた理想の生き方だった。葬儀が済むまでの3日間、純子は泣かなかった。これから自分が一家の中心にならなければという思いで、ひたすらに涙を拒んでいたのだ。そんな純子の心を受けとめてくれたのが北川(細川俊之)であった。

 

 

第10週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第10週のネタバレあらすじは、野球が大好きだった亡き父と弟の夢を引き継ぎ、西宮近くの旅館女将となり“甲子園球児たちの母”と呼ばれるようになる小野純子の生涯を爽やかに描くストーリーです。

昭和23年春、純子(山口智子)一家は和歌山を離れ、大阪に移ることにした。
頼りは寺内ぬい(西岡慶子)である。ぬいは、かつて小野家で女中として働いたことがあり、今は阿倍野で食料品屋を切り盛りして、劇場の裏方としてうだつのあがらない夫・小平次(曽我廼家文童)とともに暮らしていた。決して楽な生活ではなかったが、ぬいは亡くなった陽一郎への恩義の気持ちから、快く純子らを迎え入れたのである。

 

第11週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第11週のネタバレあらすじは、純子が寺内商店の半分を食堂に改装し、「純ちゃん食堂」を開業するストーリーです。

夫婦2人だけならとあきらめていたぬいだったが、純子の一家5人を引き受けるとなるとそうもいかない。ぬいは約束を断った。すると翌日からやくざ者が連日のように店を荒らしにやって来るようになり、命の危険さえほのめかす始末である。その時、さっそうと現れたのがジョージ北川(細川俊之)。

 

第12週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第12週のネタバレあらすじは、静尾が家出をして純ちゃん食堂で働くことについて純子とぬひが喧嘩をするストーリーです。

さらにアメリカの威信を借りて、顔役と話をつけようとした。が、なんとこの男、以前隠匿物資を北川にだまし取られてその命を狙おうとした人間であった。ふたりの旧悪はここで一気に明るみに出てしまい。そろって刑務所行きとなったのである。面会に訪れた純子に北川は頼むのだった。「興園寺家の奥様には、秘密にしておいてくれないか?アメリカにでも行っていることにしてね……」ともあれ、寺内商店に平和がよみがえった。

 

第13週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第13週のネタバレあらすじは、記録的な大雨に見舞われ美山村で大きな被害がでるストーリーです。

そんなときに電報が届いた。秀平(高嶋政宏)からであった。アメリカの野球チームの通訳として来日中、明日会いたい、とある。本来なら手離しで喜びたい純子だが、小野家はこの時、大きく揺れていた。雄太の母親が名乗り出て、息子に会いたさに大阪を訪れていたのだ。

 

第14週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第14週のネタバレあらすじは、高校野球地区予選の最中に純子は速水からプロポーズされ、あきに反対されるも結婚することを決意するストーリーです。

その後彼女は川に身を投げたが、助けられて一命をとりとめ、帰国後再婚した。夫の連れ子もあり、雄太を引き取ることはできないが、成長したわが子を一目見たいというのだ。純子はあき(伊藤榮子)と相談し、すべてを雄太に打ち明け、母親に会うように勧めるのだった。しかし少年はなかなか首をたてに振ろうとはしない。

 

第15週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第15週のネタバレあらすじは、雄太が大学進学せずに就職すると言い出すストーリーです。

昌代は数年ぶりに見る息子の元気な姿に、たちまち涙があふれて言葉がない。おえつに混じって出てくるのは、満州で「見捨て」たことをわびる言葉ばかりである。息子はそんな母親を前にして、冷や目元やかであった。わずかな時間の対面だったが、雄太が口にしたのは別れの言葉だけだった。秀平が爆発した。

 

第16週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第16週のネタバレあらすじは、純子と秀平が皆に祝福されながら披露宴を行うストーリーです。

「お母さんの気持がわからないのか、ばかやろう!」こんどは純子が爆発した。「雄太はわたしの弟、しかるのはわたしがします!何もなぐらなくてもいいでしょう!」何年ぶりかの再会も、けんか別れで終わってしまったのだ。数日後、秀平からのぶ厚い手紙が届いた。それは秀平が来日前にアメリカから出したものが、誤配で一月も遅れて届いたものだった。

 

第17週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第17週のネタバレあらすじは、恭子が仕事を辞め、お見合い話が舞い込むが、キャバレーで働いていたことで先方から断られるストーリーです。

 

余計なことに昭と雄大もついてきた。「オレも秀平さんに謝りたいからさ」秀平は翌日の帰米を前に、大阪行きの特急へとび乗ったのだった。そしてとんぼ返りで東京へ戻らなければならない。会える時間はわずか5分。だがそのためにわざわざやって来てくれた秀平の心がうれしかった。夕暮れの大阪駅のホーム、純子は恋人を前にして何から話していいかわからない。時間はどんどん過ぎる。姉の気持を察しない弟たちが野球の話を始めてしまう。

 

第18週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第18週のネタバレあらすじは、恭子と西川が結ばれるが、昭が合宿先で急死してしまうストーリーです。

純(山口智子)と秀平(高島政宏)が新婚生活を始めた昭和9年の初夏のある夜。昭(西川弘志)はキタのキャバレーで、次姉の恭子(松本友里)のステージを初めて見た。そこには、歌を聴こうともしない酔客の相手を強いられる姉のみじめな姿があった。弟は、怒りと同情で、がく然となった。恭子は念願の宝塚に入団できたものの、端役しかつかず、退団して心機一転、ジャズ歌手として仕事を始めていた。しかしジャズ歌手とは名ばかり、実は昭が見たようなつらいステージを重ねる日々であったのだ。恭子はしかし、心配されることを恐れて、家族には口をつぐんでいたのである。

 

第19週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第19週のネタバレあらすじは、純子が西宮にある旅館「浜風荘」の女将になる決意をして、一家で引っ越すストーリーです。

だがそれも束の間、恭子が盛り場で歌っていたことを理由に、先方は一方的に破談を申し入れてきたのである。そんな傷心の恭子を訪ねて来たのが、スティーブ西川(北京一)である。西川はパントマイム芸人。40歳を過ぎても芸が認められず、大阪でだめならと、新天地を求めて上京した、その帰りであった。聞け分の芸に見切りをつけ、廃業して東京で就職すると言う。恭子はかねがね、家族もなく、食うや食わずの生活の中で、それでもいつか日の目を見たいと、芸の研鑽に余念のない西川を尊敬していた。宝塚時代から、何かと恭子を励ましてくれたのもこの男であった。

 

第20週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第20週のネタバレあらすじは、旅館「浜風荘」で甲子園の選手たちを受け入れるも、先日に従業員が辞め悪戦苦闘するストーリーです。

猛反対のあきと恭子は激しい口論を繰り返したが、結局両方とも説得されることはなかった。ある未明、恭子はひそかに荷物をまとめ、東京で待つ西川のもとへ旅立って行った。東京の恭子を純子が訪ねたのは、約1か月後のことであった。あきは怒りのあまり娘の行くえを探そうともしない。純子は気がもめ仕方がないがないが、秀平は「恭子ちゃんはもう大人なんだから」と取り合わない。やっと居所がわかり、矢も盾もたまらず上京した純子が見たのは、思いのほか真摯な西川と妹の暮らしぶりであった。

 

第21週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第21週のネタバレあらすじは、秀平が節子を口説いているところを金太郎が見て、大騒動になるストーリーです。

喜びはもう一つ重なった。昭が大学の野球部で一軍の正捕手の座を手にしたのである。今までの野球歴で初めて手にした栄光だった。昭は喜び勇んで合宿へ出かけて行った。だが、二度と家へは戻らなかった。合宿先の海岸で水難事故を見て、おぽれた子どもたちを助けようと無理をして、自分も水死したのである。あきの意気消沈ぶりは、はた目にも悲惨であった。昭の部屋にとじこもっては、勉強机や学生服を眺めては涙に暮れる毎日なのだ。「何とかしなければ。出来れば思い出の多い阿倍野を離れて暮らすべきなのかも……」

 

第22週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第22週のネタバレあらすじは、二人の間に長女の陽子が生まれるが、子育てで純子と秀平が喧嘩をするストーリーです。

純子(山口智子)一家が旅館の仕事に定ようやく慣れ始めたころ、またひとつ、恋の花が開いた。正太夫(笑福亭鶴瓶)である。純子への失恋の痛手からは立ち直ったものの、正太夫はあいかわらず、あっちへふらふら、こっちへふらふらといった毎日であった。叔父の雑賀(桂枝雀)の出版社へもしばしば顔を出していた。「わらべ出版」は雑賀の趣味につき合っているような会社で、経営状態はひどく悪かった。社員は節子(布勢真穂)ひとりで、その給料も遅れがちのありさまであった。

 

第23週のあらすじ

純ちゃんの応援歌第23週のネタバレあらすじは、どんどん険悪な雰囲気になっていく純子と秀平だったが、最後は家で騒動が起こり、仲直りするストーリーです。

二人はそんな正太夫を見るに見かねて、節子との仲を取り持とうと思うのであった。「あかん。自分の甥やから、ほんまはQ賛成すべきやが……あの男にかぎっては、ぼくは反対や」雑賀は言った。純子らは正太夫の気持ちを知らされて、戸惑った節子は雑賀に相談したのである。いい人だとは思うけど、結婚の相手には……。雑賀はあっさりと反対すると、同じ言葉を正太夫にぶつけた。色を失う甥に向かって、叔父は言葉を続けた。「何で自分から結婚を申し込まんのや、一番大事なことまで純ちゃんや秀平君に頼んで、このかいしょ無しが!」雑賀は驚く節子の面前で甥を罵倒するのだった。

 

第24週のあらすじ

 

8年が過ぎた。純子はもうすっかり高校球児相手の旅館の女将である。シーズンを問わず、旅館は繁栄して、毎日が目の回るような忙しさ。秀平との間に、6歳になる娘・陽子もいるが、旅館の仕事と子育てで手いっばい、とても夫の世話まで手が回らない。一方秀平もカメラマンとして認められ、週刊誌ブームの中で忙しくなり、仕事場に出かけたまま帰らないこともしばしばになってきた。そんな生活が続くうち、純子は夫と気持が通わなくなるように感じて、ふと寂しくなることが多くなった。ある時、秀平の不注意で、陽子は重いはしかを患ってしまった。

 

第25週のあらすじ

 

純子の心を開いたのは、清原(浜村純)の言葉であった。「本当のあなたは月のような女性だ。太陽のように自分で輝くんでなく、他からの光で輝くような……」純子の迷いは解けた。秀平のことも、旅館の仕事も、世話好きな性分がもとなのである。それが楽しいからやってきたのだ。太陽でなく月のように。それが自分の人生なのだ…。雄太(唐沢寿明)と幼なじみの小百合(野崎佳積)の結婚が決まった。雄太は今や工業高校の野球部の監督である。甲子園大会ではいつも予選で負けるチームだが、亡き陽一郎の夢をかなえようと一生懸命である。

 

純ちゃんの応援歌のヒロインは?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のヒロインは、山口智子さんで、小野純子役を演じます。

ヒロインの山口智子さんの夫は、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演していた唐沢寿明さんです。

同朝ドラでは、義弟役として共演していましたが、宅配便を装った男性の自宅への侵入事件をきっかけに交際が発覚てしまい、1995年12月に結婚しました。

 

 

ドラマのヒロイン。大阪で銀行員の長女に生まれ、父の転勤で満州に渡り、再び大阪に戻って女学校へ進学。勉強よりも運動が大好きな明るい活発な少女。大阪で空襲にあい、和歌山中部・日高川上流の山村に疎開。父の死後、長女として一家を支え、のち、野球少年だった弟たちの志をついで、「球児の母」と呼ばれる甲子園の旅館のすてきな女将さんとなる。

昭和39年10月20日、栃木県栃木市生まれ。青山学院女子短期大学卒業後、企業のイメージガールやモデルとして活躍。ドラマは初挑戦の新人だが、応募者713人の中から選ばれた逸材。水泳、陸上、バドミントン、スキューバダイビングなど、スポーツ万能。実家は旅館を営んでいる。身長168cm。

 

純ちゃんの応援歌の脚本は?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の脚本は、布勢博一さんが担当します。

布勢博一さんは、 昭和6年に満州奉天 で生まれて、その後福岡県に移住しました。

明治大学文学部に進学しましたが、その後中退し、 脚本家としてデビューします。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の原作はなく、布勢博一さんのオリジナル作品です。

他にも布勢博一さんは、『たけしくん、ハイ!』や『天までとどけ』なども手がけた脚本家で、2018年8月13日に慢性腎不全のためお亡くなりになりました。

亡くなった年齢は86歳でした。

純ちゃんの応援歌の主題歌は?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の主題歌は、音楽のみのテーマ曲となっています。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の主題歌を担当したのは、フェイス・ミュージックに所属している朝川朋之さんです。

純ちゃんの応援歌の放送日

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の放送日は、こちらです。

[総合](月~土)午前 8:00~/午後 0:45~[再放送]

作品名純ちゃんの応援歌主演山口智子
放送日1988年10月3日~1989年4月1日
全151回
主題歌
放送日時NHK総合テレビ午前8時~8時15分脚本布勢博一
午後0時45分~1時制作統括
日曜日午前11時~11時15分音楽朝川朋之
語り杉浦直樹
プロデューサー
演出佐藤幹夫
ロケ地日高川町

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』は、NHK連続テレビ小説の第41作目にあたり、和歌山、大阪、兵庫が主なロケ地となっています。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧です。

「純ちゃんの応援歌」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『純ちゃんの応援歌』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
小野家
小野純子
(速水純子)
山口智子小野家の長女
小野陽一郎川津祐介純子の父親
小野あき伊藤榮子純子の母親
小野恭子
(西川恭子)
松本友里純子の妹
小野昭西川弘志純子の弟
林雄太
(小野雄太)
唐沢寿明小野家の養子
興園寺家
興園寺つや
(北川つや)
白川由美興園寺林業の主
興園寺正太夫笑福亭鶴瓶つやの長男
興園寺清彦生瀬勝久つやの次男
興園寺綾
(牛山綾)
繁田知里つやの長女
雑賀久助桂枝雀校長先生
美山村で出会う人々
速水秀平(トーマスSハヤミ)髙嶋政宏日系アメリカ人
ジョージ北川細川俊之秀平と共にやってきた男
立花静尾押谷かおり純子の友人
立花徹麻生敬静尾の夫
立花小百合野崎佳積静尾の妹
清原欽一郎浜村純美山村に住む法律家
清原澄小林泉欽一郎の妻
牛山金太郎高嶋政伸ももの息子
牛山もも藤山直美金太郎の母
牛山きん正司照枝金太郎の祖母
牛山うめ津島道子金太郎の曾祖母
牛山かき河東けい田丸の母親
村長岡村嘉隆和歌山県美山村の村長
大原赤塚真人満州から引き揚げてきた軍人
忠吉汐路章興園寺林業の従業員
番頭中村堀内一市興園寺林業の番頭
番頭田中児玉博之興園寺林業の番頭
村の人田口哲村の人
村の人三村伸也村の人
村の人村井義之助村の人
大川慶村の人
落合智子村の人
マックゲイン大尉マストロ・ジョバンニ・フランクGHQの軍人
軍曹アンディー・ハンキンソンGHQの軍人
通訳ジェームス・ロスマックゲイン大尉の通訳人
通訳ロイド・ウォーカーマックゲイン大尉の通訳人
青年団員花乃種吉日米の親善試合で野球をした青年
郵便局員工藤恭造郵便局員
河北絹子宮田圭子林雄太の叔母
河北守亀井賢二林雄太の叔父
内藤松岡与志雄陽一郎が倒れた時に駆け付けた医者
稲本森下鉄朗東和生命の専務
社員広岡善四郎東和生命の社員
社員楠本光子東和生命の社員
山田交作東和生命にやってきた客
竹中先生穂積哲也昭と雄太の小学校の担任
郵便局員土屋恵司郵便配達員
消防団長国田栄弥美山村の消防団長
村の男蔵多哲雄消防団員
村の男小松健悦消防団員
村の男佐藤浩消防団員
村の男佐野晶夫消防団員
警官田口哲美山村の警察官
真田実北川を追ってきた男
岡田照幸北川を追ってきた男
多々納斉北川を追ってきた男
村人友藤秀幸美山村の村人
村人中本哲夫美山村の村人
村人好士崎初子美山村の村人
村人峰るみ子美山村の村人
大阪で出会う人々
寺内ぬひ西岡慶子阿倍野の商人
寺内小平次曽我廼家文童ぬひの夫
女将坂本和子旅館のおかみ
スティーブ西川北京一パントマイム芸人
村山原哲男阿倍野の商人頭
古賀昌代日色ともゑ雄太の実母
大工さんMr.オクレ大工
商店街の人林幸次郎阿倍野の商店街の人
商店街の人小林信之阿倍野の商店街の人
商店街の人中村正阿倍野の商店街の人
商店街の人泉祐介阿倍野の商店街の人
商店街の人宮崎正徳阿倍野の商店街の人
商店街の人西田忠則阿倍野の商店街の人
村山久代村上理子組合長の村山の妻
食堂の客藤田友宏純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客小阪剛士純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客沖野克治純ちゃん食堂にきたお客さん
高木門田裕わらべ出版の社長
吉井節子
(興園寺節子)
布施真穂わらべ出版の秘書
森本秀明阪本谷孝司作家
女優魚住智美劇団「かもめ団」の女優
女優横山和代劇団「かもめ団」の女優
女優金沢玲子劇団「かもめ団」の女優
カメラマン元辻隆雄新聞屋のカメラマン
劇団員田口喜一劇団「かもめ団」の団員
劇団員玉本裕章劇団「かもめ団」の団員
劇団員森田勝利劇団「かもめ団」の団員
劇団員山下悦郎劇団「かもめ団」の団員
劇団員鎌田賢司劇団「かもめ団」の団員
郵便局員小林和夫郵便局員
女学生中畠美樹女学生
女学生吉田香女学生
山岸桂雀松秀平の友人
秀平の友人三宅敦俊秀平の友人
秀平の友人町田栄児秀平の友人
旅館の仲居河野元子有馬の旅館の仲居
大出芝本正昭が通っていた大学の野球部監督
警官塩見一之明石にある警察署の警官
債権者の男日高久わらべ出版にやってきた債権者
木村白川明彦正太夫倶楽部で働いているスタッフ
令子梅田千絵正太夫倶楽部に出入りする客
笑福亭瓶太正太夫倶楽部に出入りする客
ピアニスト梅沢太郎正太夫倶楽部に出入りするピアニスト
老婆路井恵美子万引き老婆
西川の友人笑福亭鶴松西川の友人
市場の若い男原謙二郎市場の男
市場の若い男松下安良市場の男
萩原郁三脅しにやってきた男
神永山本弘脅しにやってきた男たちの親玉
ダグラス中尉ドナルドグリーノーGHQの少尉
中根剛造牧冬吉中根商店の社長
中根五郎桂む雀中根剛造の息子
野球部監督本屋敷錦吾雄太と昭が通う中学校の野球部の監督
放送局員佐藤雅夫ラジオ局の職員
女将山田富久子喜春旅館の女将
従業員渡辺千恵子喜春旅館の従業員
西宮で出会う人々
野中キク紅萬子旅館「浜風荘」の仲居頭
石田清次戸田都康旅館「浜風荘」の板前手伝い
竹中ヨシ子川田陽子旅館「浜風荘」の客仲居
三島久美子谷口友香旅館「浜風荘」の仲居
垣本和平岡八郎旅館「浜風荘」の板前
仲居杉山陽子旅館「浜風荘」の仲居
仲居安田勝子旅館「浜風荘」の仲居
菊江風間舞子旅館「浜風荘」の新しい仲居頭(泥棒)
酒田ミネ子島村晶子旅館「浜風荘」の客
酒田浩三北村光生旅館「浜風荘」の客
北見唯一旅館「浜風荘」の客
大橋壯多旅館「浜風荘」の客
井之上淳旅館「浜風荘」の客
桂坊枝旅館「浜風荘」の客
福富純一旅館「浜風荘」の客
旅館の客端田宏三旅館「浜風荘」の客
滝川須永克彦甲子園北海道代表校の監督
野田南条好輝甲子園北海道代表校の部長
監督表淳夫道北学園の監督
部長加治春雄道北学園の部長
医師榊原大介医師
看護婦関田美香看護婦
大山雅樹旅館「浜風荘」の客
柳川昌和旅館「浜風荘」の客
梶本潔旅館「浜風荘」の客
医師松田明医者
杉本玉生司郎日本海高校野球部の部長
北見原一平日本海高校野球部の監督
岩鶴恒義旅館「浜風荘」の客
川井多渕岩夫旅館「浜風荘」の客
川井正子鳴尾よね子川井の母親
渡辺多賀勝ラジオ局の職員旅館「浜風荘」の客
伸吉ホープ・ユタカ昌代の義理の息子
山本岡村嘉隆たんぽぽ社の社員