純ちゃんの応援歌第3週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週(11話~15話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年10月17日(月)~10月22日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第3週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第3週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第3週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第3週『』一覧
放送回放送日
第13話「」10月17日(月)
第14話「」10月18日(火)
第15話「」10月19日(水)
第16話「」10月20日(木)
第17話「」10月21日(金)
第18話「」10月22日(土)

一方、秀平はある日、突然純子を呼び出すと、自分たちはGHQではなく、典園寺家から金をだまし取ろうとしているのだと打ち明けた。

縁あって北川と行動をともにしている村の人をだますのは耐えられない、と言う。

何とかしてくれ、と秀平に請われて手をこまねいた純子はその夜、北川のもとへ直談判に赴いた。
必死で詐欺を思いとどまるように訴える純子の態度に、北川は打たれたようだった。
そのまなざしに、ふと優しさがよぎったのである。

翌日、驚いたことに本物の進駐軍が材木の買い付けに興園寺家を訪れた。
北川はうまくその場をとりつくろって姿を消した。
残された秀平は、材木問屋の一員として働くことになった。

1週間後、野球道具一式が、進駐軍から村の子どもたちにプレゼントされ、日米対抗の野球大会が開かれた。

これがきっかけで、純子と弟たちの野球人生が始まることになる。

父・陽一郎が帰ってきたのはその数日後のことである。
あき(伊藤榮子)をはじめ小野一家は抱き合って喜び合う。

ここまでが、10月17日~10月22日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第4週のあらすじを知りたい方は、第4週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌3週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。