純ちゃんの応援歌第134話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」23週目第134話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月13日(月)放送
第23週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第134話のネタバレあらすじ

ここからは、3月13日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第134話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌134話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月13日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第134話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第135話のあらすじを知りたい方は、第135話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第134話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第134話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

能楽堂先日気づいたのですが、能楽堂は結構な住宅地にあるようですね。

山の中にあるものだと思っていたのですが、ちょっとした偏見だったことに気がつきました。

陰陽道の能楽は、陰陽道と深い関わりがあることがわかりました 沙也加さんが陰陽師だったとは知りませんでした。”舞う “ということは、能では陰陽を整えること。

気象予報士の方はどうなのかな。

まさに、雨が降って地面が固まることを意味しています 旗?すっかり忘れていましたが、最初の頃に毎日唱えていた家訓のようなものが今ここに登場しています。!!!!それは最初から旗だったのですか?”最初から旗だった “かどうかはわかりません。

だから家族には厳しくしていますw先に辞めた?今日はあっという間でしたね。

金曜日に辞めることを伝えるところは省略して、東京に行って一週間を終えることにしました 金曜日に辞めます、東京に行ってきます、今週は終わります!」となると思っていました。

金曜日に辞めます」と家族に伝えて今週を終えるのかと思っていました。そういう話です。

浅岡さんが就職したかどうかはわかりませんが、気象予報士の仕事に就いて内定をもらったのならいいですね。そんなに簡単には転職できませんよー。転職するのはそんなに簡単じゃないよ~。

でも、いつものように、なかなか言い出せず、飲みに逃げてしまう。

このようにして、私たちは、自分たちの仕事を、自分たちの手で、自分たちの手でやり遂げることができるのです。今、停滞している前線の影響で土砂災害が起きている地域もあるので、さりげなく予防線を張っているのだと思いますが、朝ドラの「おかえりモネ」はリアルタイムでリンクしていることが多いですよね。ただの予報ではなく、予測なんですよね~。苦しいのは私じゃなくて、菅波さんの過去を聞いたモネさんだよ。

苦しいのは俺じゃない」と言っていた。

いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや 一番苦しいのは患者さんでも、あなたも苦しいのですから、モネちゃんも気楽にいきましょうよ。小学生レベルの恋愛をしている二人がいつになったら結ばれるのか、あと1年くらいはかかりそうですが…。高村さんが皮肉を込めて「焼けましたね」と言うと、浅岡さんが飛びついてくる。

飛んでませんよ」というのは、「パンツを履いてますよ」と言っているのと同じことです。結局、浅岡さんは気象予報士を辞めることになったが、会社に残ってスポーツ気象学をやることにした。会社に残るのは社長の意向なのか、フリーランスにはならない。モネは土産物港に着いた。

お土産を買おうと酒屋に行くと、りょうちんにばったり会った。

酒屋にお土産を買いに行ったのは、そのためだったんだな。ということを言いたかったのだろうが、手に牡蠣を持っている以上、その酒を全部持って帰るわけにはいかないだろう。父親の断酒とお土産を結びつけるのは、ちょっと強引だと思いますよ いずれにしても、涼ちんは大変だっただろう。

わざわざ酒屋に頭を下げて、水を詰めて渡してくれと頼んだのだから。

りょーちんのシーンは、なんとアバンで3分を超えました。朝ドラの「お蝶庵」で2分は見たことがありますが、まさか3分を超えるとは!?あまりにもゆっくりと時間が流れていたのですが、若い人たちの物語が年配の方に受けが悪く、挫折してしまったと聞きました…。母も最初は頑張っていましたが、もう見ていないと言っていました。わざわざ私の隣に座っているのに、どうして話しかけてくれないの?わざわざ隣に座っているのに、どうしてそんなによそよそしいの?とドキッとしました。

サメのバスに乗った時にチラッと見えたぬいぐるみ。

サメのぬいぐるみを持っている!?サメのぬいぐるみを持っているんだ!」と思いました。

サメの生態に興味があるのに、ぬいぐるみを渡されるのは、ちょっと無理があると思います。

本当はビールが飲みたかったマリアンナは、なんだか悔しそうだった。

浅岡さんのようになりたいと思っていないからなのか、それとも何か別の理由があるのかはわからない。私のことを恋愛対象として見ているのかどうかはわかりませんが、仕事に対する姿勢は何かやりたいことがあるようですし、マリアンナの今後の展開が楽しみです。

もう一人の迷える子羊、すーちゃん。

彼女はドラマネタが多いのですが、そこで結婚して新婚生活を始めるというのは、ドラマでしか見たことのない展開です。

しかも、引っ越してきてからわずか数ヶ月で。

いわゆるスピード婚で、確実に離婚するパターンですね…。まあ、同居させるための口実なんだろうけど、亮だけが取り残されてしまうのは、ちょっと寂しい。

でも、まだバイトにもなっていないのに、落とされるほど働かされているとしたら、本当にダメな会社だから、やめたほうがいいんじゃないかな。

私は

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第23週目第134話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。