純ちゃんの応援歌第128話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」22週目第128話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月6日(月)放送
第22週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第128話のネタバレあらすじ

ここからは、3月6日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第128話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌128話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月6日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第128話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第129話のあらすじを知りたい方は、第129話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第128話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第128話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

浅岡さんは、”状況が変わったら、最適なプランBを用意する必要がある “と言った。みんながプランBを考えてくれました。

私は選考会の3日前まで、「プランBが来る」と思っていましたよ。3日でプランBを代入するとは、なかなかの勝ち組軍団ではないか。しかし、これは本来、監督の仕事ではないでしょうか?気象予報士の仕事ではないと思うのですが……。そもそも、昨日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想でも指摘しましたが、監督はいないのでは?応援している写真を見たことがありますが、まだ一度も見たことがないのです。それに鮫島さんにも、せめてコーチやマネージャーがいれば、印象が変わると思うのですが。

鮫島さんの印象が変わってしまうのは、私の中では仕方のないことだと思っています。選考会の日の出席者がモネだけだったというのはどういうことですか?写真に写っている人たちは嘘をついているのですか?いや、あの人たちが応援に来なくても、朝岡さんたちが来てくれればよかったのに~ いくら気象データを見るためとはいえ、外で確認するのはどうかと思いますよ。

朝ドラ「おかえりモネ」は、役に立たない人間を完全に排除するためにやってきた。

コロナのせいか知らないけど、モネさんがバイトだということを忘れていませんかw信じるか信じないかはあなた次第ですよ。プランBが発表された時、浅岡は「私たちが考えた最高のプランです」と言って、最終的な判断を鮫島に委ねていました。

その時、鮫島さんが留守だったように感じたのは私だけでしょうか?これで行こう! きっと明日にはB案に変更して選考に臨むことでしょう。

主人公 今週は、完全にみーちゃんが主役ですね! みーちゃんの見た目のせいか、百音も頑張ろうと思うのですが、みーちゃんはちょっとカッコつけすぎですね。同じく迷える子羊の三成は、みーちゃんに圧倒されます。

父親がスクーターで通り過ぎるときに隠れていましたが、この時期のお坊さんはとても忙しく、息子の心配をしている暇がないような気がします。

こういったものにはお金がかかるものだと思いますが、彼女の給料はいくらだったのでしょうね?と思っていたのですが、これは私だけではなかったようです。かっこいい言葉なんだけど、満男さんが言うと笑ってしまうのはご愛嬌。

それは、私がそうだったからです。

高校の学費は親が出してくれましたが、私は学校で遊んでばかりいました。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

人食い人種のコウジは、三成のためにバーベキューを企画した。

そして、おばあさんに忘れないようにと牡蠣を差し出したのですが、おばあさんは「それって共食いじゃない?おばあちゃんは牡蠣に生まれ変わったんだから、その牡蠣を食べたら共食いになるんじゃないか?”と言ったのは私だけでしょうか?そんなバカなことを考えていたら、誰かがSNSで同じことをつぶやいているのを見た。

友人のリュックの中身は雨に濡れて動けなくなっていましたが、そういう時のためにリュックの中に何か入れていたのかなと思いました。百音がいるところと翔陽がいるところでは、雨の量が全然違う。それは現実的ですか?それは現実的なのか?それともセットで水位を間違えたのでしょうか?場所によって天気が変わるようで、少し離れた場所でも本当に違うのかどうかがわかりません。

役に立つ話が多いのですが、どこまでがリアルなのか、ちょっとわかりませんね。木の下は危険!?リアルな話が多いのですが、どこまでがリアルなのかちょっとわかりません。さやかちゃんの危機管理能力がハンパない!(笑)。何もしないのがお姫様のイメージだとは思いますが、彼女の危機対応能力はとても高いです。

救急車を手配したり、学校や親御さんに連絡したり。

無事に救出した後、「みんな無事だったんだね!」と喜んでくれるに違いありません。おじいちゃんは誰?モネがついに東京にやってきた。

彼女は泊まる場所を見つけられないまま、森林組合を辞めてしまったようです。

そして、仕事を見つけずに森林組合を辞めたようです。

彼女はおじいちゃんの紹介で宿を見つけ、森林組合を辞める直前に東京に行くことを伝えていたのですね。彼は本当に何も考えずに無茶をしたのだろうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入してしまった。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した資産にはならないし、ましてやアルバイトではない

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第22週目第128話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。