純ちゃんの応援歌第126話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」21週目第126話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月3日(金)放送
第21週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第126話のネタバレあらすじ

ここからは、3月3日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第126話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌126話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月3日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第126話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第127話のあらすじを知りたい方は、第127話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第126話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第126話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

ラフターヨガには科学的な根拠があるのでしょうかね。確かに大きな声を出せば、発散しているように感じるかもしれませんが、本当に効果があるのか疑問です。

あと不満なのは、天気予報の時間が短すぎること。ニュースを見ていると、だいたい同じ時間に天気予報が流れているので、チャンネルを切り替えると、あちこちで天気予報が流れているんですよね~。でも、モネがおばさんたちの声が聞こえるという特殊能力を持っているシーンがあったんですけど、私はそれが特殊能力だとは思わなかったんですよ!天気予報に満足するまでにどれだけの時間がかかるかはわかりませんが。特殊能力だと思っていたのは、天気に関係することだったんです。

本当にそこまでわかるものなのかなと思いました。ちょっと天気に興味が湧いてきました! 石ノ森章太郎原画展原画展を楽しむ西島さん。

かなりノリノリでしたが、モネが来たときにはちょっと恥ずかしそうな顔をしていましたね。

それは、彼女が彼のことを友達だと思っていないからではないでしょうか?そこにいるのはファンばかりだから、同じ服を着ていても恥ずかしくないんだけど、モネが来たときは脱ぎ始めてしまったw気象病 今日は主に天気の話をしたんだけど、気象病という新しいことを知った。

気圧で圧力が変わるので、人体に何らかの影響があるのではないかと思っていましたが、証明されているものもあるんですね。花粉症も気象病のひとつだというから驚きですね。花粉症の予測もできる有能な気象予報士に注目したいですね。

皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

浅岡さんのようになるためには、別のことが必要なのです。私のことを恋愛対象として見ているのかどうかはわかりませんが、仕事に対する姿勢は何かやりたいことがあるようですし、マリアンナの今後が楽しみですね。

もう一人の迷える子羊、すーちゃん。

彼女はドラマネタが多いのですが、そこで結婚して新婚生活を始めるというのは、ドラマでしか見たことのない展開です。

しかも、引っ越してきてからわずか数ヶ月で。

いわゆるスピード婚で、確実に離婚するパターンですね…。まあ、同居させるための口実なんだろうけど、亮だけが取り残されてしまうのは、ちょっと寂しい。

でも、まだバイトにもなっていないのに、落とされるほど働かされているとしたら、それは本当にダメな会社だから、やめたほうがいいんじゃないかな。

なんだかよくわからないのですが、深夜に働く場合の法律上の規定はどうなっているのでしょうか?コンビニの深夜バイトもあるのに、ちゃんとバイトの契約をしているのかなと思いました。

次のエピソードはもうすぐですね。次回の放送が早すぎませんか?個人的には、次のエピソードが起こらなくてイライラしているモネの姿を期待していたのですが、あまりにも早く次のエピソードが起こったのでがっかりしました。しかし、講演の内容は義務教育レベルのものでしたよね。

でも、話している内容は義務教育のレベルです。その程度のこともわからないようでは、高校入試に失敗しても仕方がない……。でも、菅沼さんは主張もしっかりしている。大きな乾燥室を見て、火葬場の釜だと思ったのは私だけでしょうか。でも、水分を取らないと割れてしまうなんて聞いたことがありません。

木の水分を取らないと火葬場の釜になるというのは聞いたことがありません。10日から2週間、木材を乾燥させるのは大変な作業です。林業だけでなく、農業もそうですが、自然相手の仕事は大変だなとつくづく思いました。

いよいよ、試作品の製作に入りました。

あっという間に完成しました。みんなで喜んでいると、クマが「重くない?」と言ってきました。私もそう思いました。見た瞬間、子供たちが持てるかなと思ったら、案の定持てました。

私は製品を作ることに集中し、エンドユーザーのことを考えていませんでした。エンドユーザーのことを考えて商品を開発するのは常識ですよね。

そして、納期についても言われました。

それは、入札の前にあらかじめ知っておくべきことではないでしょうか。もし、納期を知らされずに落札していたらどうなっていただろう。

森林組合の人たちって、ちょっと天然すぎない?誕生日プレゼント!?感動しました。

そんなことをされたら、ちょっとドキドキしてしまう……。家族への手紙!?今日の朝ドラ「おかえりモネ」は手紙から始まりましたが、家族に手紙を書いたことがない人がほとんどだと思いますが、良い知らせではないかもしれないとドキドキしています! 今の時代、親に手紙を書くというのはとても古風なことですが、「この島を出たい」という気持ちから「私はただ」という気持ちに変わっていくのがわかりました。

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第21週目第126話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。