朝ドラ『ちむどんどん』のネタバレまとめ!あらすじを最終回まで全話紹介!

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじを、放送終了後最速で、ネタバレ更新しています

全130話を1話ごとにネタバレしていますが、ざっくりストーリーを知りたい方向けに、各週ごとの要点を絞ったあらすじネタバレもご用意。

他にも、超個人的な感想や、トリビアな小ネタもちょこちょこ紹介。

あらすじや感想に、放送前のネタバレが多く含まれていますので、先を知りたくない方はご退室くださいw

朝ドラ「ちむどんどん」が始まってから見逃した方は、「(U-NEXT)」でおそらく公開されるので、無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』のネタバレあらすじ

こちらでは、2022年春放送される朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじをまとめたネタバレをまとめたものです。

放送されてからすぐに最新のネタバレあらすじを公開していきますので、乞うご期待!

朝ドラ「ちむどんどん」あらすじの概要

※朝ドラ「ちむどんどん」あらすじの概要には、ネタバレが含まれますので、ご注意ください。

朝ドラ「ちむどんどん」は、沖縄の本土復帰50年を記念して、沖縄本島北部のやんばるを舞台にした物語です。

沖縄料理に夢を懸けるヒロイン・比嘉暢子と沖縄で育った個性豊かな四兄妹の強い絆で結ばれた「家族」と「ふるさと」の物語となっています。

比嘉暢子は、沖縄本島北部のやんばる地方にある村の農家に生まれ、四兄妹の次女になります。

時代

時代は、1960年代の沖縄がアメリカ軍の統治下であったときからのストーリーです。

沖縄本島北部は、「やんばる地方」と呼ばれており、暢子は、サトウキビなどの農家を営む比嘉家で産まれました。

 

朝ドラ「ちむどんどん」のヒロインは?

朝ドラ「ちむどんどん」のヒロイン・比嘉暢子を演じるのは、黒島結菜さんです。

黒島結菜さんは、朝ドラ「ちむどんどん」の舞台でもある沖縄県出身で、主演を務めたドラマ「アシガール」で速川唯役を演じ、大きな反響を呼びました。

朝ドラ「ちむどんどん」の脚本は?

朝ドラ「ちむどんどん」の脚本は、朝ドラ「ちりとてちん」を手掛けた羽原大介さんが担当します。

羽原大介さんは、朝ドラ「マッサン」も担当したことがある脚本家で、他にも「パッチギ!」や「フラガール」なども手がけています。