ちむどんどん第5週のネタバレあらすじ!フーチャンプルーの涙

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」第5週(21話~25話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

ちむどんどんの第4週「青春ナポリタン」では、暢子が決まりかけていた就職を断るが、料理部に助っ人として頼まれるストーリーでした。

ちむどんどんの第5週「フーチャンプルーの涙」では、兄・賢秀が投資話で騙されて大荒れに荒れてしまうストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年5月9日(月)~5月13日(金)放送
第5週サブタイトル『フーチャンプルーの涙』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第5週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『ちむどんどん』第5週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第5週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

 

朝ドラ『ちむどんどん』第6週『フーチャンプルーの涙』一覧
放送回放送日
第21話「料理人になりたい!」5月9日(月)
第22話「家族の窮地」5月10日(火)
第23話「就職が決まる」5月11日(水)
第24話「賢秀からの手紙」5月12日(木)
第25話「東京へ」5月13日(金)

料理大会で優勝した比嘉暢子(黒島結菜)
料理大会を通じて東京で料理人になる夢が見つかった暢子は、早速翌日新しい料理を家族にふるまう。
しかし、そこに賢秀の姿はない。
すると、暢子が今日はドルが2倍になって返ってくる日だと口にした。
比嘉良子(川口春奈)が優子にいくら兄・賢秀に貸したのか聞くと、おじさんからも借金したことを告白する。
そのころ、比嘉賢秀(竜星涼)は、帰ってくると約束したバーガーショップに向かっていた。
しかし、いくら待って投資話を持ちかけた我那覇はやってこない。
ついには、夜になるが、そのころには賢秀は酒を飲み、ベロンベロンに酔っていた。
苛立った賢秀は、ついに店内で暴れ出し警察沙汰になる。

騙されて金が返せないことを知った叔父さんは、今度就職する暢子も毎月返済するよう命令するが、優子は暢子は東京で働く夢があることを伝える。
それを聞いた叔父さんはそんなことは許さんと激怒し、代わりに賢秀に大阪でもどこでも体を使って稼げといって帰っていった。
暢子はそのことで、賢秀に強く当たる。
朝になると、そこに賢秀の姿はなかった。
倍に返す!という手紙だけが残されており、賢秀はどこかに行ってしまった。

卒業間近の暢子は東京行きを諦め地元で就職するつもりでいる。
優子から大事な話があると言われ、比嘉家を訪ねてきたのだ。
優子は、共同売店の給料を前借した300ドルを叔父さんに差し出し、これで暢子を東京へ行かせてほしいと懇願する。
すると、そこへ慌てて共同売店店主・前田善一(山路和弘)がやってきた。
善一は賢秀から手紙が来たといい、その封筒には60万円が入っていた。
そして、善一はある新聞記事を皆に見せる。
そこには、賢秀がプロボクサーとしてデビューし、一発KOで華がなしいデビューを飾ったことが書かれていた。
そのお金はファイトマネーで、叔父さんへの借金だけでなく、銀行から借りているお金も全部返せる額だった。
こうして、借金問題が解決した比嘉家は、暢子が東京へいく弊害がなくなり、大喜び。

そして、高校を卒業し、東京へ行く日がやってくる。

暢子は家族に別れを告げ、東京へと旅立った。

ここまでが、5月9日~5月13日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第5週のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第6週のあらすじを知りたい方は、第6週『はじまりのゴーヤーチャンプルー』へ読み進めてください。

朝ドラ「ちむどんどん」第5週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第5週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

しょっぱなフラグ

さて、今週も始まりました朝ドラ「ちむどんどん」
しょっぱなからナレーションで、「比嘉家には災いが近づいていました」って完全なフラグでしょうw
災いとはもちろんニーニーが詐欺師に騙された投資話のこと。
もちろんこれは騙されたニーニーが悪いんですが、どうも母・優子もどこかネジが外れている部分があり、貧乏だけど思いっきり同情できないんですよね。
なんというか、行き当たりばったり家族で、どう応援すればいいのか視聴者側からすれば悩む案件ですw

借金完済していません!

その理由の一つが、爆弾発言ですよね。
父・賢三が亡くなって暢子を手放さなければいけないほど、追い込まれていた比嘉家が、次の週では、暢子は高校生に、良子は大学いって先生になっていました。
あの時点で、借金返済し終わったのかなと思っていたら、まさかの借金完済していません!
借金完済していないのに、さらに借金するってどういうこと!?
おじさんもよく貸したよね。
身内だし、頭下げられたらそりゃ貸してやらないわけではないけど、何に使うのかぐらいは聞くべきでしたよね。
そうしたら、おじさんもすぐに詐欺だと気づき、止めていたはずです。

片桐劇場

今日はしょっぱなから下地先生登場!
さてさて、今日はどんな片桐劇場を見せてくれるのかと期待しましたが、ちょっと賢秀の態度はマジでありえん。
その話は後でするとして、優子のいません!ってこの人もちょっとおかしいですよね。
まぁ、この親子の話は後でするとして、複雑打撲って普通に歩いていますが、どういうことでしょうか?w
というか、複雑打撲って言葉あるの?
複雑骨折なら聞いたことあるけど、複雑打撲って初めて聞きました。
そして、結局最後は歌子にしわ寄せがくる形で決着!
歌子に歌わせて告訴しない方向へいくことは誰でも想像できたことなので、折込づみですが、複雑打撲ってなんやねん!普通に歩いてるやんけ!とSNS上の突っ込みで楽しんだ片桐劇場でしたw

バカ親子

そして、やってきましたバカ親子。
賢秀がああなったのは、やっぱり優子が甘やかしすぎたことでしょうね。
正直今日は見てみて優子に腹が立ってしょうがない。
親なら、息子差し出して謝罪させるべきじゃないの?
いません!ってあり得ないでしょう。
しかも、結局最後まで賢秀謝らないし、マジで拒否反応起こしそうな朝ドラ「ちむどんどん」22話でした。

年明け

朝ドラ「ちむどんどん」23話始まりましたがいきなりの年明け。
年明けるのはいいですけど、どれぐらい時間たったの?
そして、年開けるまで何もなかったの?
ちょっと雑な展開で、もう少し丁寧に時間を進めてくれたらよかったのにと感じました。
賢秀もすぐ帰ってくると思ったら結構な時間音沙汰なしの様子ですけど、まじ腐ってますよね。
あと、どうやら暢子の就職も地元の会社に就職するような話で落ち着いているようですけど、ある意味内間食品がすごいですよね。
あの優勝したときのスピーチで、内定蹴るような発言したのに、わざわざ採用してくれるなんて本当にいい会社です!

早苗合格!

そして、友達の早苗が大学に推薦で合格しました。
しかし、暢子は複雑な表情していましたよね。
たしかに、自分は夢を見つけて東京へいくことにしましたが、それを兄・賢秀のせいで断たれました。
おそらく、自分と早苗を比較してああいう表情を見せたんでしょうが、友達なら心からおめでとう伝えるべきでしょう。
早苗全然悪くないですしね。
まぁ、正直単に大学合格なら喜んでいたでしょうけど、大学が東京というところが余計複雑にさせているんでしょう。

おじさん気の毒

優子は、あんたが諦めて私は諦めない!っていったけど、金を貸したおじさんが本当に気の毒ですよね。
昨日おばさんの優しさが垣間見えましたが、本当に可哀想だと思っているし、なんとかしてやりたいとも思って金を貸したんじゃないかと感じました。
私的には、チャンプル食べないで、おじさん制止させたあのシーンが一番ぐっときたんですよね。
おじさんも借金あるのに、またお金を貸して、口は悪いけど、根はそんなに悪い人には思えません。
それだけに、この比嘉家の騒動に巻き込まれて本当にお気の毒だと感じた朝ドラ「ちむどんどん」でした。

雑すぎ!

が、しかし、それをいっきにひっくり返すウルトラCがやってきました!
結構テンション高めに言ってますが、正直雑すぎです!
これは前々から言っていたことですが、ストーリーがちょっと雑すぎじゃないですか?
母なんかもう見るの辞めようかなといってるほどです、、、
そして、その雑というのがもちろんニーニーでしょう!
いきなりプロボクサーって何ですか?
たしかに、喧嘩強いからボクサーになる可能性があるのも分かるけど、東京にいくお金どうしたの?
なぜにいきなり東京にいった?
何の展開もなくプロボクサーになり一発逆転したところがニーニーらしいといえば、それまでだけど、あまりの雑にちょっとびっくりぽんでした、、、

正男の恋心

ついに東京へいくことになった暢子。
正男も自分の夢に向かって進んでいくんですよね。
なかなか想いを気づいてくれない暢子に鈍感と思いながら見ていましたが、もしかしたら朝ドラ「ちむどんどん」の中で、一番応援しているのが正男かもしれませんw
そんな正男ですが、最後に暢子と競走しましたね~
スタートのフライングみてえ?どゆこと?って思ったけど、インチキしないと勝てないまで男女の差がでてきたってことですよね。
ただ、卒業なのに部活姿しか見ることがなかった正男の学ランがみたかったですw

どこいくの?

そして、東京にいくことになった暢子は優子から父・賢三の包丁を持っていきなさいと手渡されます。
というか、東京のどこいくの?
東京行きは決まったけど、旅行で東京いくのか、仕事で東京いくのかまったく説明がないままもやもやした状態でした。
わざわざ父ちゃんの形見を手渡すということは、まず旅行の線は消えましたよね。
ただ、就職先まったく分からずじまいです。
それに、内定もらっていた内間食品にちゃんと謝罪したのだろうか?
そっちの方が気になって仕方がない朝ドラ「ちむどんどん」25話でしたw

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第5週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。