ちむどんどん第23話のネタバレあらすじ!就職が決まる

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」5週目第23話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ちむどんどんの第22話「家族の窮地」では、暢子が家族の窮地で上京することが許されなくなっていくストーリーでした。

ちむどんどんの第23話「就職が決まる」では、上京する夢を諦めて地元での就職が決まるストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年5月11日(水)放送
第5週サブタイトル『フーチャンプルーの涙』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、5月11日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

比嘉賢秀(竜星涼)が家をでていってから月日が流れ、年が明けた。
卒業間近の比嘉暢子(黒島結菜)は東京行きを諦め地元で就職するつもりでいる。
そこへ、親友の早苗が大学を合格したという一報を受け、早苗とともに喜ぶが、複雑な気持ちだった。
家に帰ると、母・優子に最後の春休みに早苗と東京へ行きたいとお願いする。
比嘉優子(仲間由紀恵)も思い出作りだからと気持ちを察するが、姉・良子はそんなお金はないと反対し、喧嘩になった。
きつく当たった優子だったが、翌日、校長先生から給料の前借をお願いして300ドルを手にする。
そのお金で暢子を東京に行かせてやりたいと思っていたのだ。
夕方家に帰ると、叔父さんたちがやってきた。
優子から大事な話があると言われ、比嘉家を訪ねてきたのだ。
それからすぐに優子が帰ってきた。
優子は、共同売店の給料を前借した300ドルを叔父さんに差し出し、これで暢子を東京へ行かせてほしいと懇願する。
それを見ていた暢子が、地元で就職するからそんなことしなくていいと口にすると、優子はあなたが諦めても私は諦めない!と訴えた。

 

ここまでが、5月11日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第23話のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『賢秀からの手紙』へ読み進めてください。

朝ドラ『ちむどんどん』第23話の予告感想

就職決まる!

ついに暢子の就職が決まりました!
結局地元での就職が決まったようですが、決まると早いものですね。
あの料理大会で卒業後は上京して料理人になりたい!とやりたいことみつけたのに、兄・賢秀の詐欺事件をきっかけに比嘉家が窮地に。
家族のことを考えての地元就職だと思いますが、これまで5,6社すべて落ちていたのにやっと就職できた会社なので、そのまま就職したほうがいいんじゃないかと個人的には思います。

上京を提案

というのも、母・優子が就職決まった暢子に上京を再び提案している点が気になるのです。
まずは、姉・良子が口では厳しいことを言いながら、東京へ行かせてやりたいって、おそらく上京は無理的なことをいって暢子に諦めさせようとしたんじゃないかと思うんですよね。
本当はいいたくないけど、家族のこと考えたらというところで、「口では厳しいことを言いながら」という部分につながっていると解釈。
そして、地元の会社で就職決まってから、優子が上京を再び提案している点。
正直、地元の会社からすれば、これで就職取りやめになったら、ふざけんなという話です。
昔テレビでいくつか内定もらって、大手に決めた人の文句をいっていた社長さんのインタビューを思い出しました。
まぁ、働き手としては大手のほうが魅力かもしれませんが、早々に内定を出していた社長さんの言い分も分からないわけではなかったので、もしも上京するなら一応内定くれた会社への謝罪シーンは入れてほしいな~

 

朝ドラ「ちむどんどん」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

年明け

朝ドラ「ちむどんどん」23話始まりましたがいきなりの年明け。
年明けるのはいいですけど、どれぐらい時間たったの?
そして、年開けるまで何もなかったの?
ちょっと雑な展開で、もう少し丁寧に時間を進めてくれたらよかったのにと感じました。
賢秀もすぐ帰ってくると思ったら結構な時間音沙汰なしの様子ですけど、まじ腐ってますよね。
あと、どうやら暢子の就職も地元の会社に就職するような話で落ち着いているようですけど、ある意味内間食品がすごいですよね。
あの優勝したときのスピーチで、内定蹴るような発言したのに、わざわざ採用してくれるなんて本当にいい会社です!

早苗合格!

そして、友達の早苗が大学に推薦で合格しました。
しかし、暢子は複雑な表情していましたよね。
たしかに、自分は夢を見つけて東京へいくことにしましたが、それを兄・賢秀のせいで断たれました。
おそらく、自分と早苗を比較してああいう表情を見せたんでしょうが、友達なら心からおめでとう伝えるべきでしょう。
早苗全然悪くないですしね。
まぁ、正直単に大学合格なら喜んでいたでしょうけど、大学が東京というところが余計複雑にさせているんでしょう。

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第5週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、ちむどんどん第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

ちむどんどん第5週目のネタバレあらすじ

23話放送のちむどんどん第5週「フーチャンプルーの涙」のあらすじは、兄・賢秀が投資話で騙されて大荒れに荒れてしまうストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、ちむどんどんの第5週「フーチャンプルーの涙」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。