『舞いあがれ!』のネタバレまとめ!あらすじを最終回まで全話紹介!

こちらでは、朝ドラ「舞いあがれ!」のあらすじを、放送終了後最速で、ネタバレ更新しています。

 

 

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

朝ドラ『舞いあがれ!』のネタバレあらすじ

こちらでは、2022年秋放送される朝ドラ「舞い上がれ!」のあらすじをまとめたネタバレをまとめたものです。

放送されてからすぐに最新のネタバレあらすじを公開していきますので、乞うご期待!

※放送回数はまだ情報公開されていませんが、通常の全130話で想定しています。

放送開始日も朝ドラ「ちむどんどん」の放送終了予想日から2020/11/12から11/14開始と想定してます。

朝ドラ「舞い上がれ!」のロケ地は長崎の五島列島の東大阪ということですが、長崎でのロケ地が気になるところですよね。

長崎の五島列島ということでヒロインは、五島市出身の川口春奈さんがなるんじゃないかと早速予想されていますが、一応オーディションということになっています。

朝ドラ「舞い上がれ!」の時代背景は、1990年代からということですので、ちょうど現代で言えば30歳ぐらいの方がヒロインということですよね。

つまり、2022年までの時代まで朝ドラ「舞い上がれ!」で流れるのなら、年相応として30歳前半の女性がヒロインの可能性が高いです。

しかし、五島市出身の川口春奈さんは現在26歳。2022年は28歳ということなので、若干年が若い感じでしょうか?

一応、1990年代とありますので、1995年生まれの彼女は対象内ではありますが、、、

舞いあがれ!発表についてのコメント

オーディションといっても、もう決まっているのではないでしょうか!?

中川礼二さんは、地方の工場の社長役で予約されていると思います。

その前に川口春奈さんが「ちむ談話室」のヒロインの妹役で出演するのはありえないと思いますが、小芝風花さんは可能性が高いと思います。

小芝風花は『トクサツガガガ』や『パラレル東京』などNHKへの出演率が高く、川口春奈は『キリンがくる』で逮捕されて撮り直しになった沢口エリカの代役を成功させて、女優としての評価を高めました。
しかし、小芝風花は大阪出身で、もちろん関西弁をネイティブに話せるので、チャンスはあるかもしれません。
同時期にNHKドラマでキャリアを積んだ清原果耶は、今は「モネ」をやっているし、黒島結菜もどんどん出てきているので、小芝風花がそろそろ来てもおかしくはないと思います。

そろそろ小柴風花さんの出番ですよね。
東大阪のお嬢さんですから、さわやかな河内弁を聞いてみたいですね。
実は、東大阪の高畑さんはすでにヒロインになっています。

その前は黒島結菜さんでしたから、小芝風花さんになる可能性は高いですね。NHKは待機者がいることを意識しているのではないでしょうか。川口春奈はスケジュール的にお姉さん役は無理。大穴は最近NHKでよく見かけるようになった後藤の長濱ねるだが、朝ドラはNHKの生命線だから、そんな大博打は打たないだろう。ただ、朝ドラはNHKの生命線ですから、そんな大きな賭けに出るとは思えませんが、島の親戚の子として使われるかもしれません。

昔、有名女優がオーディションと言いながら選ばれたことがありました。オーディションを受けても有名な人や有名に近い人が見つからなかったという可能性もありますが、「オーディションを受けて良かったから有名な人を選んだ」と言われても、まあ、同じカテゴリーで見ると、監督などに絞られているので、有名な人の方が有利です。
有名な人を選ぶのであれば、オーディションを受ける意味がないと思います。オーディションを受けるなら、大げさなことをせずに、芸能界の有名な人に推薦してもらえばいい。

小芝風花さんの所属事務所が推薦してくれると思いますよ。
オーディションは表向きで、裏では物語が進行しているんです。
もっと他の新進気鋭の女優についてのコメントが多いかと思いきや、小柴さんに関するコメントばかりでした。
こういうニュースが出ると、ファンだけでなく関係者もコメントを投稿するので、次回は小柴さんが主役になることがほぼ決まっていると思います。

NHKの知人によると、オーディションがある朝ドラはとてもよくできているそうです。
オーディションなしで制作が決まる場合もあるので、ごっちゃになっているのだと思いますが、このような真偽不明のコメントが支持されてしまうのは残念ですね。

東大阪が舞台なら、五島列島の川口春奈さんだったのに。

東大阪が舞台なら、高畑充希さんが良かったのですが、すでにトトちゃんを演じているのでしょうね。

今の連ドラにも出ている藤野涼子さんは、おそらく朝ドラに出ると思います。彼女はNHKのドラマに多く出演しています。

姉妹のヒロインもいると思います。
出演した作品の直後にはヒロインがいないので、あまり可能性はないと思います。
また、この作品のヒロインは五島列島を訪れていますが、出身地は大阪そのものなので、長崎出身である必要はありません。

清原果耶さんは、『あさが来た』のオーディションに落ちたとき、お母さんと一緒に泣いたと言っていたので、完全な出来レースではないのかなと思います。
完全な出来レースではないのかな。まあ、波瑠さんは「あさが来た」ではとても良かったですね。
NHKでずっと頑張ってきて、いきなり主役になる人と、いきなり主役になる人と……2つのタイプがありますよね。なんだろう…。

たとえオーディションであっても、小芝風花さんだったら嬉しいですよね。
この役には向いていると思いますよ。
彼女はどんな役でもこなせると思いますよ。

五島列島といえば、川口春奈さんか長濱ねるさんですね。
もし後者になったら、ネットは大騒ぎになるでしょうね(笑)。

私は「ひよ子」の藤野涼子さんを見てみたい!彼女はNHKによく出ていて、その才能は文句なしです。
今の大河でも彼女はとてもいい。

姉役をやった人が妹役もやるというのはいいと思いますよ。

オーディションというのはあまり好きではありません。
正解なら確かに小柴さんですが、オスカーは意外と高橋ひかるさんを狙うかも?

兄弟つながりなら森ナナかなと思いましたが、小芝風花さんは人気がありますね。

私も彼女が好きです。

小芝風花さんかなと思いました。

主題歌は,松山千春の「空-翼を広げて」でいいんじゃないかな?

実現すれば、主題歌はさだまさしさんが作曲し、前川清さんが歌います。ヒロインの父親役は蛭子さんです。

 

辛いことや苦しいことがあっても、空を見上げて夢を持ち続けるヒロインを通して、毎朝元気になれるようなドラマを作りたいと思います。

願わくば、この頃にはコロナが収束して、本当に毎朝元気な気持ちでドラマを見られると感じられるようになりたいですね。

願わくば、このドラマが放送される頃には、また飛行機で海外旅行に行けるようになっていますように。

コロナがなくなることはないでしょうが、インフルエンザと同じくらいの脅威になってほしいですね。

そうですね。朝ドラは見ていて希望が持てるものなんです。

1年後には収まっていないでしょう。
ミュータントが増えないことを祈るばかりです。

とにかく、明るく、希望に満ちた、楽しいドラマが見たいですね。笑

整理すると、おかえりモネ(清原果耶)→カムカムエブリデイ(上白石萌音、深津絵里、川瀬令奈)、ちむ男子(黒島結菜)→Soar! の順番ですね。

清原果耶さんと黒島結菜さんがヒロインに選ばれたのなら、小芝風花さんも選ばれると思います。彼女は美しかった」を見ていると、彼女の天真爛漫で明るい性格が役柄にぴったりだと感じ、見ていると元気が出てきます。
なので、ヒロインは小芝風花さんになるのではないでしょうか(笑)
朝ドラが面白いと半年間は楽しめます。だから、面白いドラマになるといいですね。

“面白いドラマ “になるといいですね。

小芝風花さんだといいですね。
小芝風花さんだといいですね。「あさが来た」ではいい役をしていました。私は見ていませんが、「特撮ガガ」は評判が良かったと思います。特撮ガガ」でも好評だったようですね。
怪獣と、繊細な少女が頑張るドラマも良かったです。

 

清原果耶さんが過去に出演したNHKドラマ『透明なゆりかご』や『蛍火』が好評だったことを考えると、小柴風花さんも可能性が高いですね。

小柴風花さんは、地震番組の女性アナウンサーの役にもピッタリでした。
滑舌もよく、関西出身ということもあり、期待しています。

小芝風花さんは私のイメージでもあります。
特撮ガガ」での演技は最高でした。
脇役も良かった。
でも、あまり騒いで別のヒロインになってしまったら、彼女に申し訳ないですからね……。

大阪で制作される朝ドラでは、お笑い芸人が絶妙な役柄で起用されることが多い。工場のオヤジの役をいい感じに演じてくれるかもしれない。

私は以前から、小芝風花さんと浜辺美波さんが、2~3年以内に朝ドラのヒロインになると予想しています。特に小芝さんは「あさが来た」にも出ているし、NHKの想定地震のドラマにも出ているので、近いと思います。

これは大阪のプロダクションなのかな。

最近のヒロイン
東京プロダクション。黒島結菜さん、清原果耶さん、広瀬すずさん、永野芽郁さん、有村架純さん
大阪公演 上白石萌音、杉咲花、戸田恵梨香、安藤サクラ、葵わかな

こうしてみると、東京制作と大阪制作では、選考方法に違いがあるようですね。

私は小芝風花さんも大好きなので
そうであってほしいと願っています。
また、私はモコミがとても好きでした。
私もモコミがとても好きでした。MokomiからのJacksonの変身はとても目を見張るものがあり、彼の演技力なしにはできなかったと思います。
彼はかわいいし、人望もあるでしょう?

今回の映画ではヒロインになれなくても、いずれはなると思いますよ、NHKのドラマやバラエティ番組にも出ているし、ナレーションもたくさんやっているしね。彼女はNHKのドラマやバラエティ番組に出演し、ナレーションもこなしています。私は彼女がいつかノミネートされると確信しています。

朝ドラ「舞いあがれ!」各週・各話のあらすじネタバレ一覧
放送週「サブタイトル」放送回放送日
第1週「」第1話「」11月14日(月)
第2話「」11月15日(火)
第3話「」11月16日(水)
第4話「」11月17日(木)
第5話「」11月18日(金)
第2週「」第6話「」11月21日(月)
第7話「」11月22日(火)
第8話「」11月23日(水)
第9話「」11月24日(木)
第10話「」11月25日(金)
第3週「」第11話「」11月28日(月)
第12話「」11月29日(火)
第13話「」11月30日(水)
第14話「」12月1日(木)
第15話「」12月2日(金)
第4週「」第16話「」12月5日(月)
第17話「」12月6日(火)
第18話「」12月7日(水)
第19話「」12月8日(木)
第20話「」12月9日(金)
第5週「」第21話「」12月12日(月)
第22話「」12月13日(火)
第23話「」12月14日(水)
第24話「」12月15日(木)
第25話「」12月16日(金)
第6週「」第26話「」12月19日(月)
第27話「」12月20日(火)
第28話「」12月21日(水)
第29話「」12月22日(木)
第30話「」12月23日(金)
第7週「」第31話「」12月26日(月)
第32話「」12月27日(火)
第33話「」12月28日(水)
第34話「」12月29日(木)
第35話「」12月30日(金)
第8週「」第36話「」1月2日(月)
第37話「」1月3日(火)
第38話「」1月4日(水)
第39話「」1月5日(木)
第40話「」1月6日(金)
第9週「」第41話「」1月9日(月)
第42話「」1月10日(火)
第43話「」1月11日(水)
第44話「」1月12日(木)
第45話「」1月13日(金)
第10週「」第46話「」1月16日(月)
第47話「」1月17日(火)
第48話「」1月18日(水)
第49話「」1月19日(木)
第50話「」1月20日(金)
第11週「」第51話「」1月23日(月)
第52話「」1月24日(火)
第53話「」1月25日(水)
第54話「」1月26日(木)
第55話「」1月27日(金)
第12週「」第56話「」1月30日(月)
第57話「」1月31日(火)
第58話「」2月1日(水)
第59話「」2月2日(木)
第60話「」2月3日(金)
第13週「」第61話「」2月6日(月)
第62話「」2月7日(火)
第63話「」2月8日(水)
第64話「」2月9日(木)
第65話「」2月10日(金)
第14週「」第66話「」2月13日(月)
第67話「」2月14日(火)
第68話「」2月15日(水)
第69話「」2月16日(木)
第70話「」2月17日(金)
第15週「」第71話「」2月20日(月)
第72話「」2月21日(火)
第73話「」2月22日(水)
第74話「」2月23日(木)
第75話「」2月24日(金)
第16週「」第76話「」2月27日(月)
第77話「」2月28日(火)
第78話「」3月1日(水)
第79話「」3月2日(木)
第80話「」3月3日(金)
第17週「」第81話「」3月6日(月)
第82話「」3月7日(火)
第83話「」3月8日(水)
第84話「」3月9日(木)
第85話「」3月10日(金)
第18週「」第86話「」3月13日(月)
第87話「」3月14日(火)
第88話「」3月15日(水)
第89話「」3月16日(木)
第90話「」3月17日(金)
第19週「」第91話「」3月20日(月)
第92話「」3月21日(火)
第93話「」3月22日(水)
第94話「」3月23日(木)
第95話「」3月24日(金)
第20週「」第96話「」3月27日(月)
第97話「」3月28日(火)
第98話「」3月29日(水)
第99話「」3月30日(木)
第100話「」3月31日(金)
第21週「」第101話「」4月3日(月)
第102話「」4月4日(火)
第103話「」4月5日(水)
第104話「」4月6日(木)
第105話「」4月7日(金)
第22週「」第106話「」4月10日(月)
第107話「」4月11日(火)
第108話「」4月12日(水)
第109話「」4月13日(木)
第110話「」4月14日(金)
第23週「」第111話「」4月17日(月)
第112話「」4月18日(火)
第113話「」4月19日(水)
第114話「」4月20日(木)
第115話「」4月21日(金)
第24週「」第116話「」4月24日(月)
第117話「」4月25日(火)
第118話「」4月26日(水)
第119話「」4月27日(木)
第120話「」4月28日(金)
第25週「」第121話「」5月1日(月)
第122話「」5月2日(火)
第123話「」5月3日(水)
第124話「」5月4日(木)
第125話「」5月5日(金)
第26週「」第126話「」5月8日(月)
第127話「」5月9日(火)
第128話「」5月10日(水)
第129話「」5月11日(木)
第130話「朝ドラ『』最終回ネタバレあらすじ予想」5月12日(金)

 

「舞いあがれ!」あらすじの概要

※朝ドラ「舞いあがれ!」あらすじの概要には、ネタバレが含まれますので、ご注意ください。

 

ヒロインの舞は、ものづくりの街・東大阪で工場を営む父・浩太、母・めぐみ、兄・悠人と暮らしている。

引っ込み思案の舞だが、自然豊かな長崎県五島列島の祖母・幸子を訪ねると、五島列島の広い空を風に乗って力強く舞い上がるばらもん凧に魅了される。

あんな風に空高く飛んでみたいという憧れは、パイロットになるという夢にまで発展していった。

本物のパイロットになるために努力を重ねる麻衣だったが、その道のりは想像以上に険しいものだった。

東大阪でのものづくりの楽しさや、自然と共生する離島での生活が、東大阪と五島という2つの故郷の人々との絆を深め、やがて舞は、空を飛ぶという夢を追いかけるための新たな方法を見つける。

それは、仲間の力を集めて、島々を行き来できる小さな電気飛行機を飛ばすこと。

夢の飛行機を作ることに情熱を燃やす仲間たちと一緒に、舞の夢はみんなの夢を乗せた新しい翼となって大空へと飛び立っていく。

 

舞いあがれ!のヒロインは?

朝ドラ「舞いあがれ!」のヒロインは、まだきまっていません。

制作のNHK大阪拠点放送局では、ヒロインはオーディションで選ぶ予定だとしています。

役名も「舞」という名前しかまだ分かっていませんので、分かり次第更新していきます。

 

舞いあがれ!のキャストは?

舞いあがれ!のキャストはまだ分かっていませんが、現在分かっている登場人物は以下の通りです。

  • ヒロインの舞
  • 舞の父親・浩太
  • 舞の母親・めぐみ
  • 舞の兄・悠人

 

舞いあがれ!の脚本は?

朝ドラ「舞いあがれ!」の脚本は、桑原亮子さんが担当します。

朝ドラ「舞いあがれ!」の原作はなく、桑原亮子さんのオリジナル作品です。

桑原亮子さんは、『星と絵葉書』で2013年に第41回創作ラジオドラマ大賞 奨励賞を受賞し、「禁断の実は満月に輝く」「心の傷を癒すということ」「ホーム・ノット・アローン」「彼女が成仏できない理由」などの脚本を手がけています。

舞いあがれ!の主題歌は?

朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌は、まだ発表されていません。

発表され次第更新していきます。

舞いあがれ!の放送日

朝ドラ「舞いあがれ!」の放送日は、こちらです。

[総合](月~土)午前 8:00~/午後 0:45~[再放送]
[BSプレミアム]・[BS4K](月~土)午前 7:30~/(月~金)夜 11:00~[再放送]
[総合](日)午前 11:00~[土曜の再放送]

作品名舞いあがれ!主演
放送予定日2022年秋主題歌
放送日時NHK総合テレビ午前8時~8時15分脚本
午後0時45分~1時制作統括熊野律時、管原浩
日曜日午前11時~11時15分音楽
BSプレミアム・BS4K午前7時30分~7時45分語りジョン・カビラ
午後11時~11時15分プロデューサー上杉忠嗣
土曜日午前9時45分~11時(月~金分)演出田中正・野田雄介・小谷高義・大嶋慧介 ほか
BS4K日曜日午前8時45分~9時00分(土曜再放送)ロケ地大阪、長崎

朝ドラ『舞いあがれ!』は、NHK連続テレビ小説の第107作目にあたり、大阪・長崎が主なロケ地となっています。