ちむどんどん第8話のネタバレあらすじ!最下位

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」2週目第8話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ちむどんどんの第7話「運動会」では、運動会が始まり、暢子が今年も一等賞を取るようがんばるストーリーでした。

ちむどんどんの第8話「最下位」では、例年通り一等賞まちがいなしの暢子だったが、まさかの最下位に終わるストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年4月20日(水)放送
第2週サブタイトル『別れの沖縄そば』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第8話のネタバレあらすじ

ここからは、4月20日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第8話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

父・比嘉賢三(大森南朋)を失ってから初めて行われた運動会。
歌子は、一生懸命練習したが、徒競走でビリに終わり、比嘉暢子(黒島結菜)は、歌子のためにもと意気込む。
万年1位の暢子は今年も1位を狙うため、独走していたが、運の悪いことに靴皮が裂け倒れてしまった。
意外なアクシデントに見舞われ、暢子もビリに終わる。
そして、次は長女の良子の番になる。
青柳和彦(宮沢氷魚)が良子の順位は?と賢秀に尋ねると、万年3位だと答えた。
しかし、今年は、良子のがんばりにより2位となる。
最後は、比嘉家の長男・賢秀の番がやってきた。
比嘉賢秀(竜星涼)はずっと比嘉家にヤジを飛ばしていた島袋と同じ組に。
そして、見事賢秀は1位になり、島袋はビリに終わった。
その翌日、皆で森の中で遊んでいると島袋が高校生を連れてやってくる。
島袋が、比嘉優子(仲間由紀恵)が工事現場で働いてることをからかうと、暢子が怒って、島袋の頬を叩く。
そして、皆で喧嘩になったが大人がやってきて、島袋たちは逃げて行った。
そのことが学校にもばれて、学校に呼び出された優子。
喧嘩は両成敗ということになったが、給食費の未納を言われ、すみませんと謝る優子。
家に帰ると1通の手紙が届く。
どうなら賢三の遠い親戚からの手紙のようだ。
その内容に悩みながら、優子は暢子に料理を教える。
しかし、料理の途中で、優子は疲労のためついに倒れてしまう。

 

ここまでが、4月20日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第8話のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第9話のあらすじを知りたい方は、第9話『一通の手紙』へ読み進めてください。

朝ドラ『ちむどんどん』第8話の予告感想

ご臨終確定!

朝ドラ「ちむどんどん」は、比嘉家の大黒柱・賢三の身に不吉な事件が起きたときからスタートしました。
不吉な事件とは、倒れたこと。
確定事項ではなかったので、亡くなったのかどうか分からない第二週に突入するのかも思いましたが、予告で「父を失い」とご臨終確定しました。
朝ドラの宿命というか、あぐりでも、純情きらりでもお父さん早くに亡くすパターン多いですよね~
しかも、決まって突然亡くなるというパターン。
あぐりは病気でしたが、純情きらりは事故で亡くなっていました。
残された比嘉家、本当に頑張ってほしいです!

まさかの最下位

そして、そんな苦境な中、嫌なことは続くんですよね。
例年通り一等賞まちがいなしと思われていた暢子が、まさかの最下位。
意外なアクシデントって普通に考えれば、転んで脚をくじいたとかかな?
このパターンでいくと、朝ドラ「エール」ですが、諦めずに最後までゴールする姿に涙しそうです、、、

朝ドラ「ちむどんどん」第8話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第8話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

アババの呪い

万年1位だった暢子ですが、まさかの靴化破けていっきにビリに!
これは、もうアババの呪いですよね。
体操着とズック靴も賢秀の不注意だったとしても、あそこまでぼろぼろにされるとは、もうアベベにアババが乗り移ったとしか考えられませんw
ずっこけた暢子でしたが、大変なことが起こっても割と冷静な感じだったのが、ちょっと意外。
そして、お約束の島袋のヤジ。
あのヤジ野郎許さん!と思ったけど、親は見に来てないのかな?
親もあのヤジ聞いてると思うんだけど、私ならマジでわが子でもぶっ飛ばしますw

良子ちゃん来た!

家でふてくされていた良子ちゃんが運動会にやってきました!
そして、良子ちゃんは万年3位だということが発覚!
これって、可もなく不可もなくというか、凡人設定ということなのでしょうか?
だいたい4兄妹の設定が見えてきましたよね。
兄はバカ、暢子は料理人、歌子は歌でそれぞれ秀でているものがでてくるんでしょう。
良子は先生になる夢を持っているので、そのまま先生になって、普通の幸せな生活を過ごすのかな?
私的にはそんな普通の生活が自分にあっているので、良子には共感するところが多い気がします。
ただあの兄バカに振り回されないようにだけ気をつけてw

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第2週目第8話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、ちむどんどん第2週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第2週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

ちむどんどん第2週目のネタバレあらすじ

8話放送のちむどんどん第2週「別れの沖縄そば」のあらすじは、父・賢三が亡くなり、厳しい運命に晒された比嘉家の新しい生活が始まるストーリーとなっています

第2週のあらすじを一気に知りたい方は、ちむどんどんの第2週「別れの沖縄そば」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。