ちむどんどん第3話のネタバレあらすじ!食事に招かれる

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」1週目第3話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ちむどんどんの第2話「東京のおいしいもの」では、暢子が和彦から、東京のおいしいものの話を聞きたくてたまらないストーリーでした。

ちむどんどんの第3話「食事に招かれる」では、和彦が、比嘉家の食事に招かれるストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年4月13日(水)放送
第1週サブタイトル『シークワーサーの少女』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第3話のネタバレあらすじ

ここからは、4月13日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第3話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

比嘉暢子(黒島結菜)は、翌日も学校で和彦に声をかける。
暢子がついてきてと言い、しぶしぶついていった青柳和彦(宮沢氷魚)
川を中を歩きながら、近くに食べれる物があれば、暢子はそれを美味しそうに食べた。
暢子が、家族で食事をすると楽しいという話をすると、和彦はもう帰ると言い、振り向いた瞬間、足を滑られせて倒れそうになる。
その瞬間、暢子が手をとり、逆に暢子が落ちてしまった。
和彦は、暢子をおぶって近くの小屋までやってきた。
そこで、和彦は、両親はいつも自分のことで喧嘩ばかりだと話始めた。
すると、暢子は手紙をお互い書こうといい文通が始まった。
それから数日後、青柳家を食事に招待することになった比嘉家では、和彦たちのために賢三と暢子がそばを打ち、暢子が最後の仕上げをした。
そして、その夜、テーブルにはごちそうが並び、比嘉家たちは、精一杯の料理を作って待ち受ける。
すると、比嘉賢秀(竜星涼)が飼っていた豚のアババがいないと騒ぎ始める。
実は、青柳家にごちそうを振舞うため、比嘉賢三(大森南朋)が内緒で、アブブを食材として使ったのだ。
そこへ、何も知らない青柳家の二人がやってきた。

 

ここまでが、4月13日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第3話のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第4話のあらすじを知りたい方は、第4話『レストランに招待』へ読み進めてください。

朝ドラ『ちむどんどん』第3話の予告感想

気になる?

どうしても東京から転校してきた青柳和彦が気になる比嘉暢子ちゃん。
気になるレベルじゃなくて、気になって仕方がないレベル。
これはもう「ほの字」まっしぐら路線ですよね~
しかし、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」しかりですが、初恋は実らないのがあるあるなんですが、これは将来結婚ありのパターンになるのかも!?
NHK公式で将来のあらすじはネタバレされていますが、青柳和彦くんはまた東京へ戻ってしまいます。
そして、大きくなって暢子と再会を果たします。
こういうパターンは、くっつく可能性がめちゃくちゃ高いので、将来は青柳暢子となっていてもおかしくありません。
まだ朝ドラ「ちむどんどん」3話ですが、ここで一つ予想を入れておきますw

心を開く?

東京からいきなり沖縄までやってきた青柳和彦くん。
2話続けて溶け込めない様子ですが、やっと3話にきて心を開くか?
というか、山にでかけたふたりってあるからこの時点で暢子には心開いているように見えるけど、思わぬアクシデントでさらに心開く展開になるのかな?
そして、とどめに家族総出で、和彦に料理をふるまう。
これで、和彦は比嘉家に心を開きましたとさ。
めでたしめでたしってなればいいねw

朝ドラ「ちむどんどん」第3話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第3話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

包丁フラグ!

青柳家の二人に料理をふるまうことになった比嘉家。
そこで、暢子と賢三がそばを打つことになりましたが、賢三の包丁さばきにすごい!と感動する暢子ちゃん。
暢子が包丁にお父さんの名前が彫られているのを発見しましたが、あれ完全にフラグでしょう!
ある人に作ってもらったって、将来暢子がその人物に出会うのか、どういう形になるかは分かりませんが、あの包丁が何かしらの意味を持つはず。
というか、わざわざネーム入りの包丁持つなんて、お父さん絶対料理人ですよね?
昔よくそば作っていたって行ってたので、働いていたことは間違いないはず。
今後、あの包丁がどのタイミングで出てくるのか注力したいと思います。

最初のご臨終は豚さん

今日のホットキーワードであること間違いなしの「アババ」さん。
まさかのアババは食卓に美味しそうに並んでいましたね~
朝ドラで一番最初にお亡くなりになったのは豚さんでしたが、これ朝ドラ「おちょやん」思い出しました。
おちょやんのとき、たしか食べてはいませんでしたが、あれって売りに行ったんでしたっけ?
ニワトリだったと思いますが、あの時はお母さんのおかげで高く売れましたよね~
アババさんは天に召されましたが、あれ一家で食べるにも結構な量なので、売ったんでしょうか?
残りのお肉がどうなっているのかが気になるw

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第1週目第3話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、ちむどんどん第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

ちむどんどん第1週目のネタバレあらすじ

3話放送のちむどんどん第1週「シークワーサーの少女」のあらすじは、東京から転校してきた和彦と仲良くなるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、ちむどんどんの第1週「シークワーサーの少女」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。