ちむどんどん第1週のネタバレあらすじ!シークワーサーの少女

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」第1週(1話~5話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

ちむどんどんの第1週「シークワーサーの少女」では、東京から転校してきた和彦と仲良くなるストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年4月11日(月)~4月15日(金)放送
第1週サブタイトル『シークワーサーの少女』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第1週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『ちむどんどん』第1週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第1週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『ちむどんどん』第2週『シークワーサーの少女』一覧
放送回放送日
第1話「転校生」4月11日(月)
第2話「東京のおいしいもの」4月12日(火)
第3話「食事に招かれる」4月13日(水)
第4話「レストランに招待」4月14日(木)
第5話「不吉な事件」4月15日(金)

 

1964年。
まだアメリカ統治下だった沖縄のやんばる地域に比嘉暢子とその家族が住んでいた。
やんばる地域とは、沖縄本島北部のことを差し、地元ではやんばると言われている。
比嘉家は、6人家族で、優しい父・賢三と明るい母・優子の間に、賢秀・良子・比嘉暢子(黒島結菜)・歌子の4人の子供がいる。
次女・暢子は、美味しいものが大好きで、特に東京の食べ物に憧れている。
そんなある日の朝、暢子が住む地域に、東京からの転校生がやってくると耳にする。
暢子たち4人兄妹は、バス停から降りてくる転校生を陰から覗いていた。
4人にとっては、初めて本土から人間(ヤマトンチュ)で興味津々。
学校が終わり、4人で海にいき、貝を煮て食べていると、そこへ転校生の青柳和彦(宮沢氷魚)がやってくる。
暢子が食べていた貝を持って、食べないか?と誘った。
そして、東京にはどんな美味しいものがあるのかと質問するが、和彦は質問には答えずに沖縄に来るんじゃなかったといって去っていった。
和彦から東京の美味しいものを聞けなかった暢子は、翌朝学校で和彦を見つけると、また美味しいものを教えてほしいとお願いする。
突然聞かれた和彦は、また不機嫌そうな顔で何も答えず校舎に入っていったが、暢子は諦めずに必ず聞いてやると口にした。
暢子は、翌日も学校で和彦に声をかける。
暢子がついてきてと言い、しぶしぶついていった和彦。
川を中を歩きながら、近くに食べれる物があれば、暢子はそれを美味しそうに食べた。
暢子が、家族で食事をすると楽しいという話をすると、和彦はもう帰ると言い、振り向いた瞬間、足を滑られせて倒れそうになる。
その瞬間、暢子が手をとり、逆に暢子が落ちてしまった。
和彦は、暢子をおぶって近くの小屋までやってきた。
そこで、和彦は、両親はいつも自分のことで喧嘩ばかりだと話始めた。
すると、暢子は手紙をお互い書こうといい文通が始まった。
それから数日後、青柳家を食事に招待することになった比嘉家。

青柳家の二人がやってきて食事をすることに。
暢子たちは美味しい美味しいと食べるが、和彦はなかなか手を付けない。
そこで、暢子が作った沖縄そばを出して、食べてと声をかける。
しぶしぶ食べた和彦は、思いのほか美味しく、今まで食べたそばの中で一番おいしいと口にした。
それを聞いた暢子は大喜び。
そして、食卓に並べられていた豚の料理の話になり、この豚はどこで手に入れたのかと史彦が尋ねた。
比嘉賢三(大森南朋)は、答えづらそうにしゃべっていると、歌子が食卓に並べられた豚がアババでは?と気づく。
それを知った比嘉賢秀(竜星涼)が食べるな!と騒ぎ出すが、賢三は、生き物は生き物を食べなければ生きていけない、頂きますとは命を頂くことだと話す。
それを聞いた賢秀は残さず食べようと和彦たちに勧める。
それから少し時間がたったある日、青柳家が今度は比嘉家を那覇のレストランに招待した。

初めて見るきらびやかな西洋料理に目を輝かせる暢子。
料理が運ばれてくると、メモをとり料理名を書いていく。
そして初めて口にした西洋料理に舌鼓。
食事が終わる頃に、シェフが挨拶に回ってきた。
その料理人の姿に、暢子は心を奪われた。
翌日、いつもようにさとうきび畑て仕事をしていると、突然賢三が倒れた。
学校にいた子供達はすぐに呼び出され急いで家へと向かう。
その頃、家まで運ばれた賢三は、優子に手を握られながら床に臥せていた。

 

 

ここまでが、4月11日~4月15日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第1週のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第2週のあらすじを知りたい方は、第2週『別れの沖縄そば』へ読み進めてください。

朝ドラ「ちむどんどん」第1週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第1週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

第一話

ついにはじまりました朝ドラ「ちむどんどん」
ちむどんどんの主題歌は三浦大知さんの燦燦(さんさん)です!
毎日、三浦大知さんの歌声が聴けるっていいですよね~
AIの曲は悲しい感じでしたが、三浦大知さんの曲は癒されるって感じでした。
第一話は、転校生の青柳和彦がやってくるというお話で終わりましたが、和彦すでに中学生なんですね。
ということは、暢子より2つか3つ年上ということですか。
ちょっと、おとなしめで控えめな感じかなと思っていたんですが、沖縄くるんじゃなかったって沖縄人の前ではっきりいっていましたねw
思っていたキャラとちょっと違ったのでちょっと笑ってしまいました。

いきなりフラグ

共同経営の店で、母・優子がお人よし過ぎていつか騙されるっていってましたが、あれ完全にフラグです!
朝ドラ「ちむどんどん」のネタバレになってしまいますが、先日朝ドラ「ちむどんどん」を紹介する番組が放送され、その中で、見事に騙されていました。
しかも騙された相手というのが、かわいい息子・賢秀。
今日の話で、優子が賢秀にどれだけ甘いかということが分かったので、こりゃ騙される話につながるんだなーと思いました。
しかも、賢秀も騙されるんですよね、、、

 

愛想悪!

次の日もめげずに和彦にアタックする暢子。
いや、たしかにいきなり初対面でなれなれしくする人は私も好きではないけど、それでもちょっとは、愛想よくしようよw
あの和彦少年が大きくなって、あのままの性格で大人になるのかちょっと成人役の宮沢氷魚さんからは想像がつかないんですけどw
しかも、夜に親子で比嘉家に挨拶きたときも、先に帰るってどうなん?
もう中学生でしょ?
いや、思春期だということは分かるけど、ちょっとこの二日の和彦の印象はあまりよくありませんw

訳アリ?

今日は賢三と優子の過去にちょっと触れましたね。
戦争の事ですが、私たちが想像するよりもいたたまれない何かを思い出したんでしょう。
それを見てしまった暢子。
なんのことか分からずとも、何かを感じ取っていたようでした。
今週はもう少しそのあたりの話が聴けるのかな?
ちょっと気持ち的には沈むかもしれませんが、まだまだ始まったばかり。
比嘉家を見守りたいと思います!

 

包丁フラグ!

青柳家の二人に料理をふるまうことになった比嘉家。
そこで、暢子と賢三がそばを打つことになりましたが、賢三の包丁さばきにすごい!と感動する暢子ちゃん。
暢子が包丁にお父さんの名前が彫られているのを発見しましたが、あれ完全にフラグでしょう!
ある人に作ってもらったって、将来暢子がその人物に出会うのか、どういう形になるかは分かりませんが、あの包丁が何かしらの意味を持つはず。
というか、わざわざネーム入りの包丁持つなんて、お父さん絶対料理人ですよね?
昔よくそば作っていたって行ってたので、働いていたことは間違いないはず。
今後、あの包丁がどのタイミングで出てくるのか注力したいと思います。

最初のご臨終は豚さん

今日のホットキーワードであること間違いなしの「アババ」さん。
まさかのアババは食卓に美味しそうに並んでいましたね~
朝ドラで一番最初にお亡くなりになったのは豚さんでしたが、これ朝ドラ「おちょやん」思い出しました。
おちょやんのとき、たしか食べてはいませんでしたが、あれって売りに行ったんでしたっけ?
ニワトリだったと思いますが、あの時はお母さんのおかげで高く売れましたよね~
アババさんは天に召されましたが、あれ一家で食べるにも結構な量なので、売ったんでしょうか?
残りのお肉がどうなっているのかが気になるw

いつまでつける?

招待されてレストランに行った比嘉家。
料理が運ばれるとg暢がメモを取りはじめましたが、それを注意したのが頭に変なものをつけている兄・比嘉賢秀(竜星涼)。
はずかしいってあなたの頭についているもののほうが恥ずかしいですからw
あの頭についている変な奴いつまでつけるんでしょうか?
もしかしてあれはやらせようとしてます?
あんなの絶対に流行りませんからねw
それにしても、運ばれt北デミグラスハンバーグ美味しそうでしたよね。
ということで、今日の晩御飯はデミグラスハンバーグで決定です!

死亡フラグ

ああ遂に来てしまいました。
さとうきび畑で畑の仕事をしていたお父さん。
目尻押さえたらこれはやばいと思っていましたが、倒れてしまいましたね。
倒れた原因は熱中症かと思っていましたが、胸を押さえてる当たりどうも違うようにみえます。
急いで子供達が家に向かっていますが、最後の別れとなるのか来週の月曜日がしんどい、、、

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第1週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。