ちむどんどん第2話のネタバレあらすじ!東京のおいしいもの

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」1週目第2話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ちむどんどんの第1話「転校生」では、東京から転校生の青柳和彦がやってくるストーリーでした。

ちむどんどんの第2話「東京のおいしいもの」では、暢子が和彦から、東京のおいしいものの話を聞きたくてたまらないストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年4月12日(火)放送
第1週サブタイトル『シークワーサーの少女』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第2話のネタバレあらすじ

ここからは、4月12日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第2話のあらすじをまとめたネタバレです。

ちむどんどん2話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

 

和彦から東京の美味しいものを聞けなかった比嘉暢子(黒島結菜)は、翌朝学校で和彦を見つけると、また美味しいものを教えてほしいとお願いする。
突然聞かれた青柳和彦(宮沢氷魚)は、また不機嫌そうな顔で何も答えず校舎に入っていったが、暢子は諦めずに必ず聞いてやると口にした。
子供たちが学校にいっている間、優子と比嘉賢三(大森南朋)は、畑仕事にしていた。
休憩をしていると、豆腐屋の子供たちが歩いていて、比嘉優子(仲間由紀恵)が食べ物を分け与える。
すると義姉・和恵があそこの母親が病気で大変だと話すと、優子がそれを心配した。
しかし、義兄・比嘉賢吉(石丸謙二郎)は、自分たちも4人の子供を養っているとお人よしの優子に釘をさす。
その日の夕食。
叔父からもらった魚の料理が食卓に並ぶ。
子供たちがうれしそうにしていると、優子が豆腐屋のお母さんに食べさせたいと訴え、皆で料理を持っていく。
そして、家に帰り、くつろいでいると、東京から引っ越してきた青柳親子が挨拶にやってくる。
和彦はすぐに帰ってしまったが、史彦は少しお邪魔することに。
史彦は、アメリカ兵が上陸する前に沖縄にいたが、異動となり、今の自分がいると話す。
賢三も中国へ出兵しており、当時のことで常に罪悪感を感じていた。
そして、優子もまたもともとは那覇出身で、当時の事を思い出し、史彦が帰った後、涙した。
その様子を見ていた暢子は、見てはいけないものを見てしまったのかもしれないと感じていた。

 

ここまでが、4月12日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第2話のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第3話のあらすじを知りたい方は、第3話『食事に招かれる』へ読み進めてください。

朝ドラ『ちむどんどん』第2話の予告感想

東京のおいしいもの

東京から引っ越してきた転校生・青柳和彦に興味があるのかと思いきや、東京のおいしいものを聞きたくてうずうずしている比嘉暢子ちゃん。
そいういう感じの性格のコなんですね~
逆に転校生・青柳和彦は、沖縄での暮らしにあまりなじめず、楽しくなさそうだという設定はドラマではよくあるあるなパターンのヤツです。
和彦の心をどう開かせるかが、暢子の役割であり仲良くなる重要なミッションですね!
そして、その先に待っている東京のおいしいもの教えて大作戦につながるのですw

交際

今日一、恥ずかしい勘違いをしてしまいました!
予告では、和彦の父・史彦との交際が始まると書いていて、え?暢子の母親と交際スタートさせちゃったの?ととんでもない勘違いをしていましたw
よくよく読んでみると、「母(仲間由紀恵)と父(大森南朋)も共に」とあるので、家族ぐるみでの近所づきあいってことですよね。
交際とか書くから、恋愛と勘違いしたじゃないですかーー
まぁ、勘違いした私が悪いんですけど、、、

朝ドラ「ちむどんどん」第2話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第2話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

愛想悪!

次の日もめげずに和彦にアタックする暢子。
いや、たしかにいきなり初対面でなれなれしくする人は私も好きではないけど、それでもちょっとは、愛想よくしようよw
あの和彦少年が大きくなって、あのままの性格で大人になるのかちょっと成人役の宮沢氷魚さんからは想像がつかないんですけどw
しかも、夜に親子で比嘉家に挨拶きたときも、先に帰るってどうなん?
もう中学生でしょ?
いや、思春期だということは分かるけど、ちょっとこの二日の和彦の印象はあまりよくありませんw

訳アリ?

今日は賢三と優子の過去にちょっと触れましたね。
戦争の事ですが、私たちが想像するよりもいたたまれない何かを思い出したんでしょう。
それを見てしまった暢子。
なんのことか分からずとも、何かを感じ取っていたようでした。
今週はもう少しそのあたりの話が聴けるのかな?
ちょっと気持ち的には沈むかもしれませんが、まだまだ始まったばかり。
比嘉家を見守りたいと思います!

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第1週目第2話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、ちむどんどん第1週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第1週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

ちむどんどん第1週目のネタバレあらすじ

2話放送のちむどんどん第1週「シークワーサーの少女」のあらすじは、東京から転校してきた和彦と仲良くなるストーリーとなっています

第1週のあらすじを一気に知りたい方は、ちむどんどんの第1週「シークワーサーの少女」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。