ちむどんどん第11話のネタバレあらすじ!高校生

こちらでは、朝ドラ「ちむどんどん」3週目第11話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ちむどんどんの第10話「東京に行きたい!」では、東京の遠い親戚からの申し出に、暢子が自ら東京に行きたいと訴えるストーリーでした。

ちむどんどんの第11話「高校生」では、暢子が高校3年生で、進路を考える季節になるストーリーです。

朝ドラ『ちむどんどん』
2022年4月25日(月)放送
第3週サブタイトル『悩めるサーターアンダギー』

ちむどんどんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ちむどんどん」を見逃した方は、「ちむどんどん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ちむどんどん』第11話のネタバレあらすじ

ここからは、4月25日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第11話のあらすじをまとめたネタバレです。

ちむどんどん11話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

時は1971年。
沖縄が翌年5月15日に返還されることが決まった。
比嘉暢子(黒島結菜)は高校3年生になり、相変わらずの足の速さで、陸上部のキャプテンと競争し、見事サーターアンダギーを勝ち取った。
サーターアンダギーを食べながら、友達の早苗と話していると就職の話になる。
暢子は、早苗の父・善一の紹介で、知り合いの商事に面接にいき、上々だという。
早苗もまた、スチュワーデスになりたいと夢を語った。
それから、家に帰る途中、良子と歌子と遭遇する。
比嘉良子(川口春奈)は大学を卒業し、この春から学校の先生になっていた。
比嘉歌子(上白石萌歌)も高校生になり、学生生活を送っている。
その足で母・比嘉優子(仲間由紀恵)が働いている共同売店へ向かった。
すると、優子に警察から電話がかかってきた。
子供たち3人が交番へ向かうと、そこには兄・賢秀の姿が。
お巡りさんの話では、若者3人がおばあさんを押し倒し、それを注意した賢秀と喧嘩になったという。
暢子たちはお巡りさんに謝罪し、家に連れ帰った。
家で夕食を食べていると、共同売店店主の前田善一(山路和弘)がやってきた。
善一は申し訳なさそうに、暢子に紹介した知り合いの商事から就職を断られたことを話す。
暢子がどうして?と聞くと、なんとその会社の息子が賢秀と喧嘩をした相手だったのだ。
暢子はそれを聞き愕然とした。

 

ここまでが、4月25日に放送された朝ドラ「ちむどんどん」第11話のあらすじのネタバレです。

ちむどんどん第12話のあらすじを知りたい方は、第12話『いざこざ』へ読み進めてください。

朝ドラ『ちむどんどん』第11話の予告感想

高校生!

時は1971年。
つまりは、51年前ってことですよね。
ということは、暢子は現在の年齢、51+18=69歳ってことかな?
そう考えると結構上の方なんだなーって感じますが、第2週の終わりか第3週のはじめについに黒島結菜ちゃんが登場ということでしょう!
そして、話はいっきに高校生まで飛んでいます。
卒業後の進路、就職をどうするかを考える季節ということなので、高校生3年生は確定でしょうが、家の事情を考えれば進学というのはまずないんでしょうね。
働きに出るとしたら、那覇へいくか、はたまた沖縄を出て東京かどこかにいくか。
ほかの兄妹たちの進路も気になるところですが、第3週からはまた新しい物語のスタートのようです!

共同売店

そして、そんな子供たちを育てている比嘉家の母・優子はというと、村の共同売店で働いているとありましたね。
サトウキビ畑を辞めて売店で働いているということなのか、兼業ってやっているのかは分かりませんが、元気そうでなりよりです。
本当なら、ここまで子供たちを育てた苦労がかなりあるんでしょうけど、それは第二週でやってくれているのかな?
女手一つで育てるって相当大変だと思うので、共感できる話がたくさんありそうな第二週になりそうです。

 

 

 

朝ドラ「ちむどんどん」第11話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ちむどんどん」第11話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

結局分からず

ついに沖縄が翌年5月15日に返還されることが決まりました!
それは喜ばしいことですが、その前に、どうやってあの貧困を克服したのかまったく説明がありませんでした。
一応、共同売店で働けることになったという説明がありましたが、あれってそんなに給料いいんでしょうか?
しかも、良子は大学までいっています。
特待生で授業料免除とかなら分かりますが、そういった情報は一切ありませんでしたので、正直、謎だけが深まった感じですw

就職活動

予告では、就職活動問題について1週間にわたってストーリーが続きます。
その原因が、問題児の賢秀で、何をやったのか謎でしたが、やっと分かりましたね。
喧嘩をした相手が暢子の就職先の息子?だったとは。(息子でしたよね?)
このあるあるな展開になんじゃこりゃーってなったのはここだけの話。
ちょっと、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」がきれいにまとめすぎていたのもあり、あるある展開ぶっこんできたかーというのが正直な気持ち。
たしかに、賢秀が100%悪いとは言えないのも事実。
最初に殴ってきたのも相手から出し、相手の行動が喧嘩の原因になっているのもたしかです。
こりゃ賢秀も謝らないパターンのやつなのかなー

 

以上が、朝ドラ「ちむどんどん」第3週目第11話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、ちむどんどん第3週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第3週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

ちむどんどん第3週目のネタバレあらすじ

11話放送のちむどんどん第3週「悩めるサーターアンダギー」のあらすじは、暢子が卒業後の進路で就職をどうするか悩むストーリーとなっています

第3週のあらすじを一気に知りたい方は、ちむどんどんの第3週「悩めるサーターアンダギー」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。