純ちゃんの応援歌第133話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」23週目第133話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月11日(土)放送
第23週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第133話のネタバレあらすじ

ここからは、3月11日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第133話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌133話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月11日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第133話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第134話のあらすじを知りたい方は、第134話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第133話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第133話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

ボサボサの頭 今日はボサボサの頭とクールなアゴから始まりました。

真面目な朝だったんですね。いやいや、勉強してくださいよ。実家に戻ってから、ほとんど勉強していないように見えるのは私だけでしょうか?二人の会話からわかったのは、りょうちんはとても繊細だということ。

敏感すぎるがゆえに、漁師のガサツさが気になってしまうのだ。海を嫌いになれないというWさんの言葉も悲しく伝わってきました。

アトリチン、茶髪じゃなかったの?いつの間に黒髪になったんだ!?ゲーム・オブ・ライフ今日も勉強中のモネの部屋でゲームをする幼なじみたち。

なんか変じゃない?これから国家試験を受ける人の邪魔をあえてするなんて、どんな神経をしているんだろう?いや、りょーちんの未来の僕らの話には泣けてきたけど、3回目の受験で確実に合格したいなら、もっと努力を見せないといけないよね。他の人も努力しているはずだし、試験の最後の部分だけでも合格しているはずだ。彼らの勉強の必死さが伝わってこないのが残念だった。

モネは島を出ようとしたとき、シンジを見つけて誤解してしまう。

まあ、あの一件があったから仕方がないが、それにしても及川親子は似た者同士だな。

海に恨みはありません! 海に恨みはないんだけど、悲しみをどこにぶつけていいかわからないんだよね。

子は未来を見て、親は過去に縛られている。

りょうちんのためにも、真司には早く立ち直ってほしい。

今日の朝ドラ「おかえりモネ」では、冒頭に「ドラマの中で災害の描写があります」という注意書きがありましたが、これは初めてのことですか?今、停滞している前線の影響で土砂崩れが起きている地域もあるので、さりげない予告だと思いますが、朝ドラ「おかえりモネ」はリアルタイムでリンクしていることが多いですね。予報ではなく、予測なんですよね~。苦しんでいるのは私ではなく、菅波さんの過去を聞いたモネさんなんです。

苦しんでいるのは私ではない」と私は言いました。

私も気楽にいきましょう。小学生レベルの恋愛をしている2人がいつ結ばれるのか、あと1年くらいはかかりそうですが……。高村さんが「焼けたな」と皮肉を言うと、浅岡さんが飛びついてくる。

飛んでいない」と言うのは「パンツを履いている」と言っているのと同じです。結局、浅岡さんは気象予報士を辞めてしまったが、会社に残ってスポーツ気象学をやっていた。会社に勤めているとなかなかわがままが言えないものですが、社長はフリーにならないなら会社に残ってほしいと思っているのでしょうか。現地の人たちがあなたを大切にしているのはおかしいのではないでしょうか」とスーチーさんは訴えた。

私は自分のことを偉いと思ったことはありませんが、そういうものなのでしょう。私は自分のことを偉いと思ったことはありませんが、それが現実なのでしょう。一方で、東京で働くことが素晴らしいとは思いません。

東京で仕事をすることが素晴らしいとは思いません。

彼女は、亮への愛を語った。

彼女は漁師であることを嫌っておらず、むしろ自分の仕事を誇りに思っていた。

“Just go to ……. やはり、これが一番の問題で、それを名指しで特定するとすれば、シンジが彼に苦言を呈しているということくらいしかないだろう。

そんな話をしているうちに、りょうちんが目を覚ました。これはフラグか?みーちゃんに恋をして、みーちゃんが目を覚ました時に自分も目を覚ましていたら嬉しいですね。みーちゃんを闇から救えるのは、りょうちんしかいません! 頼むからやってくれ。と言いました。

二人ともちょっと軽いノリだったけど、こっちの方がちょっと本気だった。

菅波は連続した尋問の時間にたじろぎそうになったが、それでもちゃんと答えてくれた。仙台にいるときは何も考えていなかったと正直に話してくれた。

最後は、野坂さんのカミングアウト。

野坂さんは三宮出身だったと思いますが、阪神・淡路大震災を経験されています。

その時のことは今でもよく覚えていますが、大阪から転校してきた男の子のことも忘れられません。

浅岡の年齢 昨日、内田刑事のおかげで浅岡の過去を知ることができました。

彼は大学4年生の時、おそらく大学のマラソン大会で熱中症で倒れた。

大学4年生というと23年前だから、逆算すると今の浅岡の年齢は45歳くらいになる。西島秀俊さんの現在の年齢は50歳なので、役柄よりも少し若いですね。

西島秀俊さんの年齢は50歳なので、役柄よりも少し若いですね。明暗を分けるとすれば、明は鮫島・神野ペア、暗は桃音・不明ペアということになる。

もし、彼らが

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第23週目第133話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。