純ちゃんの応援歌第136話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」23週目第136話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月15日(水)放送
第23週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第136話のネタバレあらすじ

ここからは、3月15日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第136話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌136話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月15日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第136話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第137話のあらすじを知りたい方は、第137話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第136話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第136話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

要点をズバッと言う マリアンナはすぐに物を言います。

そう言ってもらえると嬉しいというか、マリアンナさんだからこそですよね。

確かに、トラウマを抱えた百音は、誰も傷つけたくないし、誰かを助けたいと思っているけど、結局は自分のためにやっているんだよね。でも、結局は自分のためなんですよね。

自分で言うのもなんですが、「人のために何かをするのは偽善だ」と言われるとつらいですね。

自分に酔っているわけではありませんが、人のために偽善的だと言われると難しいですね。

永浦姉妹に共通しているのは、考えすぎていること。

また、おじいさんの牡蠣を何とかしたいと思っているが、それが本当にやりたかったことなのかどうかはわからない。

自分なりに誰かの役に立ちたいと思っていたのかもしれない。

涼との将来も気になりますし、2人には幸せになってほしいですね。

関西弁東京の作品に関西弁のキャラクターが登場するのは珍しいですね。パラリンピックを目指すアスリートを演じたのですが、なんというか、自信過剰なんですよね。アスリートがあんなに大きな口を叩くのはいいと思うけど、お金がないから面倒を見てくれって言うのはちょっと偏見だけど、それが関西人なんだよね!」。今朝のドラマ「おかえりモネ」は、強烈なキャラクターに完全に乗っ取られてしまいましたが、浅岡の「お天気キャスターを辞める」宣言もかなりインパクトがありました。

物語はかなり長引くと思いますが、浅岡がいつお天気キャスターを辞めるのかということも気になります。

今日の放送は、昨日と同じシーンから始まりました。

昨日のシーンをなぜこんなに長く流すのか、と思った。一人暮らしではなく下宿をするというのは朝ドラではよくある話ですが、個人的には下宿で展開される人間ドラマが大好きです 昨日の感想で書き忘れたのですが、下宿には何も持っていかずにお世話になりました。

でも、昨日の感想文に、下宿に何も持っていかなかったことを書き忘れていました。

マリアンナは、朝岡が用意した原稿を読みたくないと主張し始めた。

プライドの高いお嬢さんのようだが、性格が悪いわけではなさそうだ。

ドラマに気の強い女性が登場すると、性格が悪いと言われることが多いが、今回の朝ドラ「お帰りなさいませモネ」の特徴は、そのようなキャラクターが全くいないことである。

猿渡のようなチャラ男キャラが初めて出てきたのは新鮮でしたが、個人的には朝ドラ「お蝶やん」のようなお父さんが出てくる方が好きですね。

連続!?今日の放送も1話もなく始まりました。

内容が多いからなのか、最終回が控えているからなのか、よくわかりません。それとも、最終回が近いからでしょうか?朝市からハラハラドキドキしています! 内容が多いからなのか、最終回が近いからなのかはわかりません。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも心が痛みます。

毎年このような映像を見ているような気がしますが、異常気象の話題ばかりで、それが当たり前のようになってしまっています。

しかし、備えをしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、オリンピックと今来ている台風との関連性が強い。

台風シーズンに放送されたこともあって、天気予報の見方がずいぶん変わったことを実感しました。

お互いに信頼し合うしかないと思っていましたが、モネの予言通りの状況になりましたね。

次郎さんも、モネさんの予想が当たっていることがあっても、それを認めるようになってきたようですね モネの予測が当たっていることを認識し始めたようですね!?

こうやって実績を積んで、徐々に信頼関係を築いていくのがベストなのですが、その切り替えが極端すぎて、しっくりこないんですよね。

モネが粘って「ラジオを入れよう」と言ったとき、彼は100%壁に張り付いていたのに、急に軟化して周りもそうなってしまったようなものです。

もう少し時間をかけて自分を信じて、最後に自分を信じようとしてくれれば、彼女もその気になってくれたと思いますが、電話を拒否して、現場でアピールして、ラジオをお願いして、というのは早すぎませんか?もちろん、時間がないのはわかりますが、モネの場合は100か0かなので、現実的ではない気がします。

待つ女、いつも待つ女、みーちゃん。

今日も喫茶店で待っていましたが、その気持ちが報われるかどうかが一番の注目点です。

“いつもあんなに待っているのに、また1時間も何もないのか “という感じです。

カミちゃんのフラグ的な「あと1時間だよ」が死亡フラグになるのではないかとドキドキしてしまいました。

心の中で、「ファ」と叫んでいました。

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第23週目第136話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。