純ちゃんの応援歌第130話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」22週目第130話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月8日(水)放送
第22週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第130話のネタバレあらすじ

ここからは、3月8日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第130話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌130話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月8日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第130話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第131話のあらすじを知りたい方は、第131話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第130話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第130話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

なぜ阿澄さんが龍騎の牡蠣棚が突風で大きな被害を受けたことを知っているのか、放送前に予想していたのですが、見事に当たりましたね。やはり、ママ軽油から情報を得て、モモンに伝えていたからですね! これも朝ドラの醍醐味ですよね。

これも朝ドラの醍醐味ですね。朝ドラ「お蝶庵」の場合、予想外の展開が多いので、間違ってしまうことが多いのですが、それが楽しみでもありましたw今回の朝ドラ「おかえりモネ」は現代的なストーリーなので、予想しやすいのですが、予想が当たった時は嬉しいですね。

告白タイム明日は桃音の誕生日ですが、菅波先生から「結婚したい」と告白されます。

プロポーズというほどのものではありませんでしたが、途中で自問自答しているシーンは、いかにも菅波先生らしい展開でした。

純粋というか、理屈っぽいというか、そういう男性は嫌いではないのですが…。ただ、しっかりとしたプロポーズをするときは、しっかりとした場所で、真剣にやってほしいと思います! 振り返らずに 久しぶりに振り返らない日ができました! まあ、1週間か2週間ぶりかな?今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからだと思いますが、内容が詰まっている方が盛り上がりますよね?

と思っていたのですが、実際に見てみると、そのようなことはありませんでした。

私がここに来たのは、その理由を理解してもらうためだと思っています。

それでも無事に乗り切れた感があり、おじいちゃんはモネに感謝していた。

また、コウジはシンジにボートを動かすのを手伝ってほしいと言っていたが、シンジがいなくてもできたのではないかと、少し戸惑った。

台風が来ることはわかっていたので、真司がいなくてもみんなで計画を立てて実行することができたのかなと思いました。

モネは、合格率が5%の気象予報士試験を受けることを告白する。

さやかの体の柔らかさに驚きましたが、気象予報士の合格率5%はさすがに国家資格ですね。

そういえば、同じく気象予報士の資格を持つ石原良純さんも、何度も試験に落ちたと言っていたことがありました。

今はドラゴン桜が出ているので、試験には気合が入っています。田中さんは今も盗撮をしています。

倒れてどうなったのかと心配していましたが、お元気そうで何よりです。

彼の強引さが健在なのが嬉しいですね。そんな時、田中さんに誘われて、テーブルと椅子を注文しにお店に行った。

彼女とモネを結びつけるのかと思ったら、結局、両親の馴れ初めを話してくれた。

盗撮は許せても、そこまでするかな?知らなくていいこともあると思うし、両親の馴れ初めの話は、子供が聞きたくない話のトップ3に入ると思うんです。

私はそれが良いアイデアだとは思いませんが。それと、その筋金入りのミュージシャン風の顔は何ですか?と思われるかもしれませんが、これはこれでいいのではないでしょうか。明日、どんなことが明らかになるのか楽しみです。 w能楽堂先日、能楽堂が住宅街にあることに気がつきました。

山の中にあると思っていたのですが、ちょっとした偏見だったことに気づきました。

陰陽道の能楽は陰陽道と深い関係があることがわかりました 沙也加さんが陰陽師だったとは知りませんでした。”舞う “ということは、能では陰陽を整えること。

気象予報士の方はどうなのかな。

まさに、雨が降って地面が固まることを意味しています 旗?すっかり忘れていましたが、最初の頃に毎日唱えていた家訓のようなものが今ここに登場しました。!!!!それは最初から旗だったのですか?”最初から旗だった “かどうかはわかりません。

だから家族には厳しくしていますw先に辞めた?今日はあっという間でしたね。

金曜日に辞めることを伝えるところは省略して、東京に行って一週間を終えることにしました 金曜日に辞めます、東京に行ってきます、今週は終わります!」となると思っていました。

金曜日に辞めます」と家族に伝えて今週を終えるのかと思っていました。そういう話です。

浅岡さんが就職したかどうかはわかりませんが、気象予報士の仕事に就いて内定をもらったのならいいですね。そんなに簡単には転職できませんよー。転職するのはそんなに簡単じゃないよ~。

でも、いつものように、なかなか言い出せずに、飲みに逃げてしまう。

何を言えばいいのかわからないが、言ってみることにする。

真面目な朝でしたね~ 勉強してましたか?いやいや、勉強したほうがいいよ!」。実家に帰ってから、ほとんど勉強していないように見えるのは私だけでしょうか?二人の会話からわかったのは、りょうちんはとても繊細だということ。

敏感すぎるがゆえに、漁師さんのガサツさが気になる。海を嫌いになれないというWさんの言葉も悲しく伝わってきました。

あなたはBを持っていませんでしたか?

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第22週目第130話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。