純ちゃんの応援歌第132話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」22週目第132話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月10日(金)放送
第22週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第132話のネタバレあらすじ

ここからは、3月10日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第132話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌132話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月10日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第132話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第133話のあらすじを知りたい方は、第133話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第132話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第132話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

彼女はお土産におかずを持って帰ってきましたが、きっと何か冷やすものと一緒に持ってきたんですよね?食中毒の原因にはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいたかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なぜ持ち帰ったのかと思ったら、祭壇になっていた。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていましたが、それは地方の祭礼でした。

迎え火というのは聞いたことがあると思いますが、そこの出身ではないのでちょっと新鮮ですね。

おかえりモネ」のような朝ドラでは珍しいのではないでしょうか?

歓迎されているのかどうかはわかりませんが、いいことだと思います」。

野坂が「誰が提案したんですか」と聞くと、神野は「浅岡さんです」と言ったんですよね。いや、彼の直感ということではなく、あの言い方は確信を持って話していたのだと思いますよ。と思っていたら、同じ経験をした高村さんが一言。

かっこよすぎる!」と。そこまで言ったからには、今後、高村さんの過去の詳しい話が出てくると思いますが、ちょうど浅岡が入ってきたときのことだと言っていたので、過去のシーンが少し若返って見せてくれるのかどうか、楽しみです。

ついにキャスターデビューを果たしたマネージャーと内田さん。

それをテレビ越しにチェックする明日香さん。

この子育てに何の意味があるのか?最初は恋愛感情があるのかと思っていたが、育てたいと思っているのか!?最初は恋愛感情があるのかと思ったけど、親としての目線で見ているんだなと感じました。

彼女が将来、マネージャーの仕事に就いて、人を育てるようになるとは思えません。

そんな彼女がまず行ったのは、自己紹介でした。

内田さんは相変わらずオタクキャラというか、風フェチというポジションですね。

なぜ「フェチ」という言葉をつけるだけでエロくなるのかわからないが、紙飛行機を大量に飛ばしておいて管理人に怒られたからだろう。飛ばしてしまったものは、きちんと回収しないといけません。と言われてしまいましたが、それはそれでいいと思います。菅波先生とクレジットされていれば、きっと明日も会えるはず!?いや、ここで宣言します。

明日も菅波さんのクレジットが出れば、絶対に2人はバッタリ会って、モモンは絶対にビックリする。モネがついに東京にやってきました。

泊まるところを見つけられないまま、森林組合を辞めてしまったようです。

そして、仕事を見つけられないまま森林組合を辞めてしまったようだ。

おじいちゃんの紹介で宿を見つけて、森林組合をやめる直前に東京に行くことを伝えたんだよね?彼は本当に何も考えずに無茶をしたのでしょうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入してしまった。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した戦力にはならないし、ましてやアルバイトではない。

気象予報士の仕事をまだ知らないので何とも言えませんが、4人いることの必要性は今後明らかになってくるでしょう。

もっと増えれば、意見の対立もあるでしょうし、これまでのほのぼのとした雰囲気から一変するかもしれませんね。

お元気ですか?おいおいおい、これは死亡フラグじゃないのかよ?龍樹はさやかと電話でカキ氷を注文している。

今週のエピソードではほとんど出てこなかったので、取り残された彼のおじいちゃんを紹介するためのシーンだと思いたいです。

ある意味、若者が苦しんでいるのに何もしてあげられないというところまで話が流れて、最後にさやかが自分の役割を伝えて終わりました。

代の若者と50代の若者が一緒になって前に進んでいるので、今度はちゃんと死を報告して前に進むのではないでしょうか。

あなたからの

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第22週目第132話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。