純ちゃんの応援歌第17話のネタバレあらすじ!叔母の所在

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」3週目第17話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第16話「仲直り」では、秀平に連れられて戻ってきた雄太と昭が仲直りをするストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第17話「叔母の所在」では、雄太の本籍と雄太の叔母の所在を知らせる手紙が届くストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年10月21日(金)放送
第3週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第17話のネタバレあらすじ

ここからは、10月21日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第17話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

夏休みに入り、村の子供たちは朝から晩まで元気に遊んでいる。
雄太も家出の一件以来、昭とのわだかまりも解け、ガキ大将の金太郎たちと野球や川遊びに夢中な毎日を送っていた。
小野陽一郎(川津祐介)は、大阪で職を得ようとつてを頼りに就職活動をしていた。
だが、戦後2年経っても復興はなかなか厳しく、職探しは難航していた。
速水秀平(髙嶋政宏)は、興園寺の製材所で働きながら、週末は祖父のお墓探しを続けていた。
ある日、雄太の本籍と雄太の叔母の所在を知らせる手紙が届く。
身寄りが判明した以上、雄太をこのまま小野家に留めて置くことはできないという陽一郎。
二、三日のうちに雄太を叔母のところへ連れて行くことになった。
雄太にとって身内がいたことは喜ばしい事であるはずだが、複雑な気持ちの純子たちであった。

 

 

ここまでが、10月21日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第17話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第18話のあらすじを知りたい方は、第18話『引き取り拒否』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第17話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第17話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌17話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週目第17話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。