純ちゃんの応援歌第15話のネタバレあらすじ!昭の怒り

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」3週目第15話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第14話「親友とのキャッチボール」では、帰還した陽一郎に雑賀がキャッチボールをしようと誘うストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第15話「昭の怒り」では、雄太に不満を持っていた昭の怒りが爆発して、家にいるのは厚かましいと言ってしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年10月19日(水)放送
第3週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第15話のネタバレあらすじ

ここからは、10月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15話のあらすじをまとめたネタバレです。

父・小野陽一郎(川津祐介)が伴ってきた林雄太が、小野家で暮らすようになって一週間が過ぎた。
引揚げ孤児の雄太に、家族皆が何かと気にかけることに昭は不満をもっていた。
特に大好きな父が、雄太に勉強を教えたり、熱心に野球を教えることに我慢ならない。
小野純子(山口智子)も父が雄太を特別扱いし過ぎなのではと感じたが、ともに命の危機を乗り越え、引き揚げてきた陽一郎と雄太の間には、強い絆のようなものがあるのだった。
しかし、とうとう昭の怒りが爆発する。
雄太に陽一郎は自分の父で近寄るなと忠告し、家にいるのは厚かましいと言い放つ。
雄太はまき割りを放り出し、小野家を出て行ってしまう。

 

ここまでが、10月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第16話のあらすじを知りたい方は、第16話『仲直り』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌15話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第3週目第15話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。