純ちゃんの応援歌第27話のネタバレあらすじ!説教

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」5週目第27話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第26話「祖父のお墓」では、秀平の祖父のお墓が見つかり、純子に内緒で、静尾と速水が二人で墓参りにいくストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第27話「説教」では、雑賀が戻ってきた正太夫の情けない姿をみて、説教するストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月2日(水)放送
第5週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第27話のネタバレあらすじ

ここからは、11月2日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第27話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

翌日、清原を訪ねた小野純子(山口智子)は秀平に偶然会う。
速水秀平(髙嶋政宏)から、今夜も英会話教室をやるから来てほしいと言われ、すっかり気を良くした純子。
興園寺に戻る道中、大阪に家出中だった興園寺正太夫(笑福亭鶴瓶)が突然姿を現す。
大正製の八人乗りのバスを買取り、希少価値が上がると意気揚々と話す正太夫。
だが、興園寺つや(白川由美)は大口叩いて出て行った息子が、一か月で戻ってきて情けないと正太夫を追い返す。
見かねた正太夫の弟・興園寺清彦(生瀬勝久)は、つやを説得するまで純子の家で兄を預かってほしいと頼む。
一方、正太夫と純子がバスに乗っているのを目撃した牛山もも(藤山直美)
さらに興園寺の番頭から、つやが二人を結婚させようと考えていることを聞く。
夕方になり、正太夫を迎えに叔父である雑賀久助(桂枝雀)が小野家にやって来た。
甥の情けない姿に、つい説教を始めた雑賀と正太夫が言い合いになってしまう。
再び村から出ていこうとする正太夫をなんとか説得しようとする純子。
秀平に英会話を教えてもらう約束もすっかり忘れ、必死になっていたのだった。

 

ここまでが、11月2日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第27話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第28話のあらすじを知りたい方は、第28話『興園寺の嫁候補』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第27話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第27話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌27話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週目第27話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。