『純ちゃんの応援歌』古賀昌代役は日色ともゑ!朝ドラヒロインだった!?

NHK朝ドラ「純ちゃんの応援歌」で、古賀昌代役を演じるのは、日色ともゑさんです。

こちらでは、純ちゃんの応援歌のキャスト・日色ともゑさんに関する情報をまとめています。

  • 日色ともゑさんが演じる古賀昌代の役柄
  • 古賀昌代のモデル
  • 日色ともゑさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

日色ともゑ演じる古賀昌代の役柄は?

純ちゃんの応援歌のキャスト・日色ともゑ演じる古賀昌代は、雄太の実母です。

ラジオで昌代が雄太を探していることを純子とあきが知り、純子がラジオ局へ出向き連絡を取りました。

大阪に来るということで、純子が会いに行き、雄太と面会させますが、雄太は母に捨てられたと思って口も利かずに冷たい態度をとります。

古賀昌代のモデルは?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト・日色ともゑさん演じる古賀昌代のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

日色ともゑさんのプロフィール

こちらでは、純ちゃんの応援歌のキャスト・日色ともゑさんのプロフィールを紹介します。

名前日色ともゑ(ひいろともえ)血液型
生年月日1941年6月4日身長
星座ふたご座出身地東京都

古賀昌代役を演じる日色ともゑさんは、1941年6月4日生まれの、東京都出身で、劇団民芸所属の女優です。

60年以上に渡り、劇団民芸で活躍している大変珍しい人物です。

小学生の頃にみた映画「原爆の子」に心を打たれたことが、役者を目指すことになったきっかけだったとされています。

これは、自身も戦争で祖母、叔父、叔母を亡くしているためだったとされており、近年の平和を訴える朗読劇に積極的に参加する契機にもなっています。

さらに、銀座を歩いていると、デモ隊に遭遇し、横断幕に当時「新劇の神様」と呼ばれた滝沢修さんや、宇野重合さんらの顔ブレがあったことから、「俳優は世の中のことをしっかり考えてくれている」と思ったそうで、衝撃を受けたとされています。

このこともあり、自分も同じ空気を吸いたいという気持ちが強まったため、東横学園高等学校を卒業後の1961年、20歳の時に、劇団民芸俳優教室に入所しました。同劇団に入所後は、宇野重合さんに師事し、演技を磨いたとされており、徐々に映画やドラマの出演を増やしていきました。

一躍彼女の名前を有名にしたのが、1967年に出演したNHK連続テレビ小説「旅路」のヒロイン役であったとされています。

同作品は、平均視聴率45.8%を誇る国民的人気作品となっており、同作のヒロインを演じ、ゴールデンアロー賞を受賞したことで、早くも注目を浴びる人物となりました。

2010年以降の朝ドラの平均視聴率が、20%台前後と比べると、約2倍となっており、その人気ぶりの高さを伺い知ることができます。

その後、数多くのドラマ、映画、舞台に出演しています。ドラマでは、1968年から1986年まで「東芝日曜劇場」、1969年「月火水木金金金」、同年「結婚戦争ここ一番!」、1971年「大岡越前」、同年から1979年「ライオン奥様劇場」、1977年「土曜ワイド劇場」、1979年「微笑日記」、同年から1981年まで「特撮最前線」、1998年「はぐれ刑事純情派」、2012年「金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ」、2013年ドキュメンタリードラマ「基町アパート」、2020年「すぐ死ぬんだから」と、出演ペースは年齢により減少しているものの、現在に至るまでコンスタントに出演を果たしている非常に珍しい女優さんです。

また、映画でも、1962年「非常の青春」、1965年「証人の椅子」、1968年「ドレイ工場」、同年「黒部の太陽」、1971年「喜劇 大泥棒」、1972年「娘たちは風に向かって」、同年「虹を渡って」、1973年「喜劇 日本列島震度0」、1974年「急げ!若者 TOMMOROW NEVER WAITS」、1974年「教室205号」、1976年「瀬戸はよいところ」、1979年「東京大空襲ガラスのうさぎ」、1980年「動乱」、1981年「日本フィルハーモニー」、1984年「パパママバイバイ」、1985年「クララ白書」、同年「危険な女たち」、2000年「郡上一揆」と、こちらも多数の主演歴となっています。

特に、1975年から1982年の長期間NHKで放送された「大草原の小さな家」では、お母さん役のキャロライン・インガルス役を、吹き替えで担当しています。

このように、劇団民芸で学んだ演技を、声での活躍でも活かしており、多芸な人物でもあります。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」が放送された1988年当時の日色ともゑさんの年齢は、47才です。

あれから33年経っていますので、日色ともゑさんの現在の年齢は、80才(2021年現在)になります。

今何してる?

日色ともゑさんは、現在も女優業を続けています。直近の出演作品は、NHKBSプレミアムで2020年に放送された「すぐ死ぬんだから」に出演しました。

彼氏は?結婚してる?

日色ともゑさんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、1969年に建築家の中園正樹さんと結婚しており、以降長年おしどり夫婦として知られています。

2013年の徹子の部屋では、仲睦まじい夫婦仲のエピソードを語っており、今後も、その仲の良さは健在だと言えそうです。

2021年は、舞台「ある八重子物語」、「泰山木の木下で」、「どん底―1947 東京―」と多数の作品に出演しており、御年80歳になる現在も精力的に女優業に邁進している人物です。

まだまだその熟練の演技に注目したい珍しい女優の1人となっています。

所属事務所は?

日色ともゑさんの所属事務所は、劇団民藝で、奈良岡朋子さんや田畑ゆりさん、みやざこ夏穂さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、純ちゃんの応援歌のキャスト・日色ともゑさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「旅路」室伏有里
朝ドラ「おていちゃん」大沢カツ
朝ドラ「純ちゃんの応援歌」古賀昌代
鬼平犯科帳 第3シリーズ 第3話「霧の朝」おろく
御宿かわせみ 第2シリーズ 第8話「ぼてふり安」お民
春の波涛島村市子
まさか、私が
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮」中島峰子
若ものたち
東京の女性
煙突のあるオアシス
窓をひらけば風がはいる
判決 第134話「下請業者」
木下恵介劇場「記念樹」
人生の並木路
白雪劇場「船場」
銀河テレビ小説 / ガラスのうさぎ
御宿かわせみ 第1シリーズ
加山雄三のブラック・ジャック
火曜サスペンス劇場「たそがれに標的を撃て」
映画
非情の青春
証人の椅子
ドレイ工場
娘の季節
黒部の太陽
喜劇 大泥棒
喜劇 命のお値段
喜劇 怪談旅行
娘たちは風にむかって
虹をわたって
喜劇 日本列島震度0
急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS
教室205号
瀬戸はよいとこ 花嫁観光船
東京大空襲 ガラスのうさぎ
動乱
日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章
パパママバイバイ
クララ白書 少女隊PHOON
危険な女たち

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧です。

「純ちゃんの応援歌」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『純ちゃんの応援歌』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
小野家
小野純子
(速水純子)
山口智子小野家の長女
小野陽一郎川津祐介純子の父親
小野あき伊藤榮子純子の母親
小野恭子
(西川恭子)
松本友里純子の妹
小野昭西川弘志純子の弟
林雄太
(小野雄太)
唐沢寿明小野家の養子
興園寺家
興園寺つや
(北川つや)
白川由美興園寺林業の主
興園寺正太夫笑福亭鶴瓶つやの長男
興園寺清彦生瀬勝久つやの次男
興園寺綾
(牛山綾)
繁田知里つやの長女
雑賀久助桂枝雀校長先生
美山村で出会う人々
速水秀平(トーマスSハヤミ)髙嶋政宏日系アメリカ人
ジョージ北川細川俊之秀平と共にやってきた男
立花静尾押谷かおり純子の友人
立花徹麻生敬静尾の夫
立花小百合野崎佳積静尾の妹
清原欽一郎浜村純美山村に住む法律家
清原澄小林泉欽一郎の妻
牛山金太郎高嶋政伸ももの息子
牛山もも藤山直美金太郎の母
牛山きん正司照枝金太郎の祖母
牛山うめ津島道子金太郎の曾祖母
牛山かき河東けい田丸の母親
村長岡村嘉隆和歌山県美山村の村長
大原赤塚真人満州から引き揚げてきた軍人
忠吉汐路章興園寺林業の従業員
番頭中村堀内一市興園寺林業の番頭
番頭田中児玉博之興園寺林業の番頭
村の人田口哲村の人
村の人三村伸也村の人
村の人村井義之助村の人
大川慶村の人
落合智子村の人
マックゲイン大尉マストロ・ジョバンニ・フランクGHQの軍人
軍曹アンディー・ハンキンソンGHQの軍人
通訳ジェームス・ロスマックゲイン大尉の通訳人
通訳ロイド・ウォーカーマックゲイン大尉の通訳人
青年団員花乃種吉日米の親善試合で野球をした青年
郵便局員工藤恭造郵便局員
河北絹子宮田圭子林雄太の叔母
河北守亀井賢二林雄太の叔父
内藤松岡与志雄陽一郎が倒れた時に駆け付けた医者
稲本森下鉄朗東和生命の専務
社員広岡善四郎東和生命の社員
社員楠本光子東和生命の社員
山田交作東和生命にやってきた客
竹中先生穂積哲也昭と雄太の小学校の担任
郵便局員土屋恵司郵便配達員
消防団長国田栄弥美山村の消防団長
村の男蔵多哲雄消防団員
村の男小松健悦消防団員
村の男佐藤浩消防団員
村の男佐野晶夫消防団員
警官田口哲美山村の警察官
真田実北川を追ってきた男
岡田照幸北川を追ってきた男
多々納斉北川を追ってきた男
村人友藤秀幸美山村の村人
村人中本哲夫美山村の村人
村人好士崎初子美山村の村人
村人峰るみ子美山村の村人
大阪で出会う人々
寺内ぬひ西岡慶子阿倍野の商人
寺内小平次曽我廼家文童ぬひの夫
女将坂本和子旅館のおかみ
スティーブ西川北京一パントマイム芸人
村山原哲男阿倍野の商人頭
古賀昌代日色ともゑ雄太の実母
大工さんMr.オクレ大工
商店街の人林幸次郎阿倍野の商店街の人
商店街の人小林信之阿倍野の商店街の人
商店街の人中村正阿倍野の商店街の人
商店街の人泉祐介阿倍野の商店街の人
商店街の人宮崎正徳阿倍野の商店街の人
商店街の人西田忠則阿倍野の商店街の人
村山久代村上理子組合長の村山の妻
食堂の客藤田友宏純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客小阪剛士純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客沖野克治純ちゃん食堂にきたお客さん
高木門田裕わらべ出版の社長
吉井節子
(興園寺節子)
布施真穂わらべ出版の秘書
森本秀明阪本谷孝司作家
女優魚住智美劇団「かもめ団」の女優
女優横山和代劇団「かもめ団」の女優
女優金沢玲子劇団「かもめ団」の女優
カメラマン元辻隆雄新聞屋のカメラマン
劇団員田口喜一劇団「かもめ団」の団員
劇団員玉本裕章劇団「かもめ団」の団員
劇団員森田勝利劇団「かもめ団」の団員
劇団員山下悦郎劇団「かもめ団」の団員
劇団員鎌田賢司劇団「かもめ団」の団員
郵便局員小林和夫郵便局員
女学生中畠美樹女学生
女学生吉田香女学生
山岸桂雀松秀平の友人
秀平の友人三宅敦俊秀平の友人
秀平の友人町田栄児秀平の友人
旅館の仲居河野元子有馬の旅館の仲居
大出芝本正昭が通っていた大学の野球部監督
警官塩見一之明石にある警察署の警官
債権者の男日高久わらべ出版にやってきた債権者
木村白川明彦正太夫倶楽部で働いているスタッフ
令子梅田千絵正太夫倶楽部に出入りする客
笑福亭瓶太正太夫倶楽部に出入りする客
ピアニスト梅沢太郎正太夫倶楽部に出入りするピアニスト
老婆路井恵美子万引き老婆
西川の友人笑福亭鶴松西川の友人
市場の若い男原謙二郎市場の男
市場の若い男松下安良市場の男
萩原郁三脅しにやってきた男
神永山本弘脅しにやってきた男たちの親玉
ダグラス中尉ドナルドグリーノーGHQの少尉
中根剛造牧冬吉中根商店の社長
中根五郎桂む雀中根剛造の息子
野球部監督本屋敷錦吾雄太と昭が通う中学校の野球部の監督
放送局員佐藤雅夫ラジオ局の職員
女将山田富久子喜春旅館の女将
従業員渡辺千恵子喜春旅館の従業員
西宮で出会う人々
野中キク紅萬子旅館「浜風荘」の仲居頭
石田清次戸田都康旅館「浜風荘」の板前手伝い
竹中ヨシ子川田陽子旅館「浜風荘」の客仲居
三島久美子谷口友香旅館「浜風荘」の仲居
垣本和平岡八郎旅館「浜風荘」の板前
仲居杉山陽子旅館「浜風荘」の仲居
仲居安田勝子旅館「浜風荘」の仲居
菊江風間舞子旅館「浜風荘」の新しい仲居頭(泥棒)
酒田ミネ子島村晶子旅館「浜風荘」の客
酒田浩三北村光生旅館「浜風荘」の客
北見唯一旅館「浜風荘」の客
大橋壯多旅館「浜風荘」の客
井之上淳旅館「浜風荘」の客
桂坊枝旅館「浜風荘」の客
福富純一旅館「浜風荘」の客
旅館の客端田宏三旅館「浜風荘」の客
滝川須永克彦甲子園北海道代表校の監督
野田南条好輝甲子園北海道代表校の部長
監督表淳夫道北学園の監督
部長加治春雄道北学園の部長
医師榊原大介医師
看護婦関田美香看護婦
大山雅樹旅館「浜風荘」の客
柳川昌和旅館「浜風荘」の客
梶本潔旅館「浜風荘」の客
医師松田明医者
杉本玉生司郎日本海高校野球部の部長
北見原一平日本海高校野球部の監督
岩鶴恒義旅館「浜風荘」の客
川井多渕岩夫旅館「浜風荘」の客
川井正子鳴尾よね子川井の母親
渡辺多賀勝ラジオ局の職員旅館「浜風荘」の客
伸吉ホープ・ユタカ昌代の義理の息子
山本岡村嘉隆たんぽぽ社の社員