『純ちゃんの応援歌』大工さん役はMr.オクレ!

NHK朝ドラ「純ちゃんの応援歌」で、大工さん役を演じるのは、Mr.オクレさんです。

こちらでは、純ちゃんの応援歌のキャスト・Mr.オクレさんに関する情報をまとめています。

  • Mr.オクレさんが演じる大工さんの役柄
  • 大工さんのモデル
  • Mr.オクレさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

Mr.オクレ演じる大工さんの役柄は?

純ちゃんの応援歌のキャスト・Mr.オクレ演じる大工さんは、大工さんです。

寺内商店の半分を食堂にするために、大工さんにお願いして改装してもらいまいた。

大工さんのモデルは?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト・Mr.オクレさん演じる大工さんのモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

Mr.オクレさんのプロフィール

こちらでは、純ちゃんの応援歌のキャスト・Mr.オクレさんのプロフィールを紹介します。

名前Mr.オクレ(みすたーおくれ)血液型
生年月日1953年4月30日身長160cm
星座おうし座出身地兵庫県明石市

大工さん役を演じるMr.オクレさんは、1953年4月30日生まれ、兵庫県出身、よしもとクリエイティブエージェシーに所属しているお笑い芸人、元ミュージシャン及び俳優です。

華奢なルックスで脱力感溢れる声が特徴的のピン芸人で、吉本新喜劇の座員として、これまで長きに渡り、活躍してきました。

その風貌から、死体役を演じることも多く、よく死亡説も流れる珍しい人物でもあります。

元々、クエッションボーイズというコミックバンドのローディ(ミュージシャンのサポート役)をしていました。

このクエッションボーイズでのバンド活動が、芸能活動を始めたきっかけだったとされています。

このバンドが解散後、1972年に残党で結成したコミックバンド「ザ・パンチャーズ」にて、正規メンバーのベーシスト“ナンバ四郎”として、より本格的にバンド活動に取り組んだとされています。

「オクレ」の芸名は、この頃のバンド活動にて、他のメンバーからワンテンポ遅れてズッコけ、「遅い遅い」と突っ込まれる唯一の芸が、由来とされているそうです。

そのため、「トロい(遅れる)」から、「オクレ」という芸名が誕生したと言えます。

このバンド活動時代は、極貧であったそうで、当時の貧乏エピソードは伝説となっています。

例えば、飼育していた鳩を使って卵かけご飯を作ったり、ボール紙を肉に見立て、紙に“カルビ“や”ロース“と記入し、それを焼肉として食べていたりしていたといった具合に、極貧中の極貧であったとされています。

このように非常に貧しい生活ながらも、好きなバンド活動を続けていましたが、解散することになってしまいます。

しかし、その頃に、バンド活動で関係があったとされる明石家さんまさんに誘われ「オレたちひょうきん族」に、タレントとして出演することとなり、村上ショージ、前田政二とともに、“何人トリオ”として、一気に全国区の人気を博すこととなりました。

この人気もあり、年収は1,000万円を超えていたとされており、収入面での不安がなくなっていったとされています。

この人気を活かし、吉本新喜劇でも、喜劇俳優として活動していくようになっていきます。

2004年に正式に吉本新喜劇に加入後は、警察官、ヤクザの親分、ボディガードなど、Mr.オクレさんのイメージとかけ離れた役を見事に演じています。

一方、新喜劇では、「死神」や「干物」などとよくその風貌をイジられており、本人が何も話さなくても笑いが起きるという、独特の雰囲気を醸し出して、お客さんに笑いを提供しています。

他にも小ネタの宝庫と言える人物で、芸人たちに「生きてるの?」というイジりに対し、脈を確認し、「生きてるわ」と返すギャクや、「なめとったら、足腰立たんようにしてしまうぞ~」と言いながら、自分が崩れ落ちるギャグなどを持ちネタに、ひ弱なイメージを見事、ネタに変えて笑いを獲得していきました。

プライベートでは、現在まで独身で、理由としては「人一人の人生を背負う覚悟がない」ということだそうです。

一方で、新喜劇の美人座員である宇都宮まきさんから、共通の趣味である音楽を通して、好意をもたれプロポーズされたことがあるそうで、年齢差28歳差ということで、世間の耳目を集めたことは記憶に新しいところです。

2021年には、NHK連続テレビ小説「おちゃよん」に出演しており、これまでの演劇経験を活かして、まだまだその独特のオーラで笑いと深い演技に期待できる珍しい人物の1人となっています。

 

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」が放送された1988年当時のMr.オクレさんの年齢は、35才です。

あれから33年経っていますので、Mr.オクレさんの現在の年齢は、68才(2021年現在)になります。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、純ちゃんの応援歌のキャスト・Mr.オクレさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「やんちゃくれ」奥田寛一
朝ドラ「純ちゃんの応援歌」大工さん
朝ドラ「あすか」桑田
朝ドラ「てるてる家族」復員兵
朝ドラ「だんだん」ライブハウス「ワイルドダック」マスター
朝ドラ「おちょやん」ヨシヲ
キスより簡単鈴也に間違えられた男性
NHK大河ドラマ『太平記』小男
土曜グランド劇場『三姉妹探偵団』桃源郷・店主
強行犯捜査第七係上田哲司
男と女のミステリー『心はロンリー気持ちは「…」VII』
映画
裸足のピクニック父親
舞妓Haaaan!!!主人公の勤める会社の社員
自虐の詩喫茶店主
ごんたくれ
ありがとう
トリック劇場版2
CM・広告
明星食品 ソース焼そば
リクルート ビーイング
ハドソン 爆ボンバーマン2
池田模範堂 ムヒ
ユーキャン
大日本除虫菊

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト一覧です。

「純ちゃんの応援歌」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『純ちゃんの応援歌』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
小野家
小野純子
(速水純子)
山口智子小野家の長女
小野陽一郎川津祐介純子の父親
小野あき伊藤榮子純子の母親
小野恭子
(西川恭子)
松本友里純子の妹
小野昭西川弘志純子の弟
林雄太
(小野雄太)
唐沢寿明小野家の養子
興園寺家
興園寺つや
(北川つや)
白川由美興園寺林業の主
興園寺正太夫笑福亭鶴瓶つやの長男
興園寺清彦生瀬勝久つやの次男
興園寺綾
(牛山綾)
繁田知里つやの長女
雑賀久助桂枝雀校長先生
美山村で出会う人々
速水秀平(トーマスSハヤミ)髙嶋政宏日系アメリカ人
ジョージ北川細川俊之秀平と共にやってきた男
立花静尾押谷かおり純子の友人
立花徹麻生敬静尾の夫
立花小百合野崎佳積静尾の妹
清原欽一郎浜村純美山村に住む法律家
清原澄小林泉欽一郎の妻
牛山金太郎高嶋政伸ももの息子
牛山もも藤山直美金太郎の母
牛山きん正司照枝金太郎の祖母
牛山うめ津島道子金太郎の曾祖母
牛山かき河東けい田丸の母親
村長岡村嘉隆和歌山県美山村の村長
大原赤塚真人満州から引き揚げてきた軍人
忠吉汐路章興園寺林業の従業員
番頭中村堀内一市興園寺林業の番頭
番頭田中児玉博之興園寺林業の番頭
村の人田口哲村の人
村の人三村伸也村の人
村の人村井義之助村の人
大川慶村の人
落合智子村の人
マックゲイン大尉マストロ・ジョバンニ・フランクGHQの軍人
軍曹アンディー・ハンキンソンGHQの軍人
通訳ジェームス・ロスマックゲイン大尉の通訳人
通訳ロイド・ウォーカーマックゲイン大尉の通訳人
青年団員花乃種吉日米の親善試合で野球をした青年
郵便局員工藤恭造郵便局員
河北絹子宮田圭子林雄太の叔母
河北守亀井賢二林雄太の叔父
内藤松岡与志雄陽一郎が倒れた時に駆け付けた医者
稲本森下鉄朗東和生命の専務
社員広岡善四郎東和生命の社員
社員楠本光子東和生命の社員
山田交作東和生命にやってきた客
竹中先生穂積哲也昭と雄太の小学校の担任
郵便局員土屋恵司郵便配達員
消防団長国田栄弥美山村の消防団長
村の男蔵多哲雄消防団員
村の男小松健悦消防団員
村の男佐藤浩消防団員
村の男佐野晶夫消防団員
警官田口哲美山村の警察官
真田実北川を追ってきた男
岡田照幸北川を追ってきた男
多々納斉北川を追ってきた男
村人友藤秀幸美山村の村人
村人中本哲夫美山村の村人
村人好士崎初子美山村の村人
村人峰るみ子美山村の村人
大阪で出会う人々
寺内ぬひ西岡慶子阿倍野の商人
寺内小平次曽我廼家文童ぬひの夫
女将坂本和子旅館のおかみ
スティーブ西川北京一パントマイム芸人
村山原哲男阿倍野の商人頭
古賀昌代日色ともゑ雄太の実母
大工さんMr.オクレ大工
商店街の人林幸次郎阿倍野の商店街の人
商店街の人小林信之阿倍野の商店街の人
商店街の人中村正阿倍野の商店街の人
商店街の人泉祐介阿倍野の商店街の人
商店街の人宮崎正徳阿倍野の商店街の人
商店街の人西田忠則阿倍野の商店街の人
村山久代村上理子組合長の村山の妻
食堂の客藤田友宏純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客小阪剛士純ちゃん食堂にきたお客さん
食堂の客沖野克治純ちゃん食堂にきたお客さん
高木門田裕わらべ出版の社長
吉井節子
(興園寺節子)
布施真穂わらべ出版の秘書
森本秀明阪本谷孝司作家
女優魚住智美劇団「かもめ団」の女優
女優横山和代劇団「かもめ団」の女優
女優金沢玲子劇団「かもめ団」の女優
カメラマン元辻隆雄新聞屋のカメラマン
劇団員田口喜一劇団「かもめ団」の団員
劇団員玉本裕章劇団「かもめ団」の団員
劇団員森田勝利劇団「かもめ団」の団員
劇団員山下悦郎劇団「かもめ団」の団員
劇団員鎌田賢司劇団「かもめ団」の団員
郵便局員小林和夫郵便局員
女学生中畠美樹女学生
女学生吉田香女学生
山岸桂雀松秀平の友人
秀平の友人三宅敦俊秀平の友人
秀平の友人町田栄児秀平の友人
旅館の仲居河野元子有馬の旅館の仲居
大出芝本正昭が通っていた大学の野球部監督
警官塩見一之明石にある警察署の警官
債権者の男日高久わらべ出版にやってきた債権者
木村白川明彦正太夫倶楽部で働いているスタッフ
令子梅田千絵正太夫倶楽部に出入りする客
笑福亭瓶太正太夫倶楽部に出入りする客
ピアニスト梅沢太郎正太夫倶楽部に出入りするピアニスト
老婆路井恵美子万引き老婆
西川の友人笑福亭鶴松西川の友人
市場の若い男原謙二郎市場の男
市場の若い男松下安良市場の男
萩原郁三脅しにやってきた男
神永山本弘脅しにやってきた男たちの親玉
ダグラス中尉ドナルドグリーノーGHQの少尉
中根剛造牧冬吉中根商店の社長
中根五郎桂む雀中根剛造の息子
野球部監督本屋敷錦吾雄太と昭が通う中学校の野球部の監督
放送局員佐藤雅夫ラジオ局の職員
女将山田富久子喜春旅館の女将
従業員渡辺千恵子喜春旅館の従業員
西宮で出会う人々
野中キク紅萬子旅館「浜風荘」の仲居頭
石田清次戸田都康旅館「浜風荘」の板前手伝い
竹中ヨシ子川田陽子旅館「浜風荘」の客仲居
三島久美子谷口友香旅館「浜風荘」の仲居
垣本和平岡八郎旅館「浜風荘」の板前
仲居杉山陽子旅館「浜風荘」の仲居
仲居安田勝子旅館「浜風荘」の仲居
菊江風間舞子旅館「浜風荘」の新しい仲居頭(泥棒)
酒田ミネ子島村晶子旅館「浜風荘」の客
酒田浩三北村光生旅館「浜風荘」の客
北見唯一旅館「浜風荘」の客
大橋壯多旅館「浜風荘」の客
井之上淳旅館「浜風荘」の客
桂坊枝旅館「浜風荘」の客
福富純一旅館「浜風荘」の客
旅館の客端田宏三旅館「浜風荘」の客
滝川須永克彦甲子園北海道代表校の監督
野田南条好輝甲子園北海道代表校の部長
監督表淳夫道北学園の監督
部長加治春雄道北学園の部長
医師榊原大介医師
看護婦関田美香看護婦
大山雅樹旅館「浜風荘」の客
柳川昌和旅館「浜風荘」の客
梶本潔旅館「浜風荘」の客
医師松田明医者
杉本玉生司郎日本海高校野球部の部長
北見原一平日本海高校野球部の監督
岩鶴恒義旅館「浜風荘」の客
川井多渕岩夫旅館「浜風荘」の客
川井正子鳴尾よね子川井の母親
渡辺多賀勝ラジオ局の職員旅館「浜風荘」の客
伸吉ホープ・ユタカ昌代の義理の息子
山本岡村嘉隆たんぽぽ社の社員