純ちゃんの応援歌第19話のネタバレあらすじ!養子にしたい

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」4週目第19話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第18話「引き取り拒否」では、雄太を叔母の家に連れていくが、引き取りを拒否されるストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第19話「養子にしたい」では、陽一郎が、あきに雄太を養子にしたいと話すストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年10月24日(月)放送
第4週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第19話のネタバレあらすじ

ここからは、10月24日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第19話のあらすじをまとめたネタバレです。

やっと見つかった雄太の身内に引き取りを拒否され、小野純子(山口智子)は雄太を連れて和歌山に帰ってきた。
喜ぶ昭と変わりなく戯れる雄太。
だが、幼い雄太の気持ちはきっと傷ついているにちがいないと純子と小野あき(伊藤榮子)は思った。
一方、親善試合でホームランを打って以来、子供たちの憧れの的となった速水秀平(髙嶋政宏)は、雄太や昭に野球を教えたりするなか、純子とも親しくなっていく。
純子に好意を寄せる興園寺正太夫(笑福亭鶴瓶)は焦りを感じ、つやに純子との縁談話を進めるよう話すが相手にされない。
大阪から帰宅した小野陽一郎(川津祐介)は、雄太が戻ってきたことを心の底から喜び、雄太を養子にしたいとあきに話す。
しかしあきは、満州で生き別れた雄太の母の消息を探すべきだと言う。
そこで、恭子が尋ね人に出してはどうかと話していると、陽一郎が突然倒れる。

 

ここまでが、10月24日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第19話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第20話のあらすじを知りたい方は、第20話『駆け落ち』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第19話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第19話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌19話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第4週目第19話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。