純ちゃんの応援歌第79話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」14週目第79話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月9日(月)放送
第14週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第79話のネタバレあらすじ

ここからは、1月9日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第79話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌79話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月9日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第79話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第80話のあらすじを知りたい方は、第80話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第79話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第79話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

医者の親バカであるコウジは、「東京の医者と聞いて驚くなよ」と言っていたが、まだ付き合っていないのではないか?お医者さんは今でも地位が高いようですが、東京のお医者さんはもっとお金持ちだと思われているのでしょうか?あと、モネに彼氏がいると聞いたとき、どっちかわからない絶妙な表情をしていたのがとても印象に残っています。

それってやっぱりモネのことが好きってことなのかな?と思っていたのですが、実際にはそうではありませんでした。

よくわからないんだけど。お坊さんも来ていたということは、たぶん南さんの供養になるんじゃないかと思うんですが、最後に涼ちんが東京に来たということは、何もかもが嫌になったんじゃないかと思うんです。

多分、シンジが死んだことを認めたくないというか、嫌な予感がしてきたんじゃないかと思うんです。

本当はりょうちんが苦しむことが目的なんだから、りょうちんには幸せになってほしい、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。モモンと先生が会うことになったことを知ったすーちゃん。

今回ばかりは、彼女の言い分に賛同します。!!!! 気持ちを伝えないというのはどういうこと?相手が告白してくるのを待つパターンなのか、それとも恋愛しなくてもいいパターンなのか。

それとも、気軽に童貞を捨てるつもりなのか?と思ってしまいますが、それはそれでいいと思います。

家の外で会っているだけだと思っていたのに、家に行くとなると、ぐっと怪しくなるので、噂になるのも仕方ないですね。袋に「お酒への欲求を抑える薬」と書いてある薬を本当に処方するのだろうか。アルコール依存症の薬かどうかはわかりませんが、綾子さんがアルコール依存症を克服するための手助けをしているということなのでしょうかね。

6年前、ついに過去が明らかに!?なんとなく予想はしていましたが、見たところ南さんは津波で亡くなっているようですね。

船は高いと思っていたが、まさか1億円とは!?正確には1億2800万人で、これは日本の人口だと思いました。よくぞ融資を受けられたものだと感心したが、それは浩二の能力のおかげだろうか。しかし、1億2800万円の船を作って、その直後に津波に遭うというのは、とんでもないパターンですが、現実にそういう人がいたかもしれませんね。

田舎の家にカラオケセットがあるのは当たり前だが、まさかカラオケを聴かされるとは……。かもめはかもめ」を歌っていたのですが、誰なのか調べてみると、研ナオコさんが歌っていました。なんということでしょう。中島みゆきさんが作詞したと聞いていたのですが、初めて聞きました。

この曲は、初めて聞いたけど、初めて聞いたよ。面白そうだなと思ったのですが、中村さんのキャラクターについては全く触れられていませんでした。菅波さんの日焼けキャラとは正反対の顔をしていて、面白い展開を期待していたのですが、逆に家庭訪問をあっさり断られた菅波さんの破天荒なキャラの方が目立ってしまいました。

本人は「治療をして癒されたい」と言っていましたが、過去に何かあったような気がします。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。

“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。

また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。

1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。

先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのが世の常です。

店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思う。

新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるんですけどね。新しいことをやってみてダメだったというのならわかるが、何もせずに「苦手」というだけでは、結局はそういうことになってしまうのではないだろうか。

今日はアバンギャルドなし!?今日も紹介がない日でした。

今日の放送は昨日と同じですが、導入部がないと、これまでの朝ドラでもそうでしたが、かなり重い話になります。

今日のエピソードは昨日と同じです。

今日のエピソードも波乱の展開が予想されましたが、最後はなんだか心温まる展開になりました。

傷ついた経験今日は奈津の話から始まりました。

傷ついた経験をした人は、本当に強いのでしょうか?いや、そんなことはない。

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週目第79話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。