純ちゃんの応援歌第150話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」25週目第150話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月31日(金)放送
第25週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第150話のネタバレあらすじ

ここからは、3月31日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第150話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌150話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月31日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第150話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第151話のあらすじを知りたい方は、第151話『高校球児の母』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第150話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第150話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

りょうちんが頼るのは妹のモネちゃんだけ。

ついにみーちゃんが八つ当たりを始めますが、それは小学生の八つ当たりに近いものがあります。

みーちゃんがりょうちんを好きになる気持ちはわかるのですが、りょうちんの気持ちを理解するのは自分でなければならないと、少し無理をしているのではないかと思います。

遠くから見ていても、視聴者でも彼女の気持ちはわかりますし、2人だけで話すシーンもそんなに多くないので、情報量はあまり変わりませんよね?それに、彼女が率先して彼を解放していたわけではなく、彼が話しかけてくるのを待っていただけなんです。

それなのに、モモンに八つ当たりするのは、ちょっと見当違いだったのではないでしょうか?正直なところ、少し間違っていると思いました。

その点、すーちゃんはとても大人でした。

自分の本音を話してくれるのは百音だけだということを知っていて、それを知り尽くしているからこそ、冗談を言って笑い続けていた。

最初の頃は、ノーテンキな女の子だと思っていて、上京してきたことをスルーしていたことを謝りました。お前はダメな奴だと思っていたことを謝ります。モモンが出かけた後、菅波先生がやってきた。

モモンが出て行った後、菅波先生が来ました。

二人を別れさせようとしたのか、それとも男を追いかけている妹を陥れようとしたのか……。これは本当に許せません。!!!! いくら彼女が恥ずかしいからといっても、これはマズイ。

選考会の3日前までは、「B案が来るぞ」と思っていたんですけどねー。3日でB案を代入するとは、なかなかの勝ち組軍団ではないか。しかし、これは本来、コーチの仕事ではないでしょうか?気象予報士の仕事ではないと思うのですが…。そもそも、昨日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想でも指摘しましたが、監督はいないのでは?応援している写真を見たことがありますが、まだ一度も見たことがないのです。それに鮫島さんにも、せめてコーチやマネージャーがいれば、印象が変わると思うのですが。

鮫島さんの印象が変わってしまうのは、私の中では仕方ないと思っています。選考会の日にモネだけが出席していたのは何か問題があるのか?写真に写っている人たちは嘘をついていたのか?いや、あの人たちが応援に来なくても、朝岡さんたちが来てくれればよかったのに~ いくら気象データを見るためとはいえ、外で確認してもいいと思うんだけどな。

朝ドラ「おかえりモネ」は、役に立たない人間を完全に排除するためにやってきた。

コロナのせいか知らないけど、モネさんがバイトだということを忘れていませんかw信じるか信じないかはあなた次第ですよ。プランBが発表された時、浅岡は「私たちが考えた最高のプランです」と言って、最終的な判断を鮫島に委ねていました。

その時、鮫島さんが留守だったように感じたのは私だけでしょうか?これで行こう!」。”これで行こう “ではなく、”最後はあなたが決めてください “と言ったのだ。ちょっと冷たい言い方かもしれませんが、おそらく明日からB案に変更して選考に臨むことになると思います。

No Avant! Long time no avan! ノーアバンの一定のルールは、物語が重い雰囲気を持っていたり、内容が多かったりする場合です。

今回の場合は前者です。

久しぶりに途切れないオープニングだったので、ちょっとびっくりしました。しかも、今日は菅さんのお休みではありません! 久しぶりに登場した菅波さん。

久しぶりに菅波さんにお会いしました。クレジットに名前が出ただけで、SNSでは盛り上がりました。

彼の人気の高さが伺えますね

さらに、突然の菅波さんの登場には、驚きと同時に大きな感動がありました。菅波さんは、おじいちゃんのことを下の名前である「リュウキさん」と呼んでいる。

話している内容は、相変わらずの菅波節だが、よく言ってくれた! 菅波さんが厳しいことを言うのは今に始まったことではありませんが、菅波さんは言うべき時には言う人です。仕事でプライベートな電話をするのは2年しかないけど、もっと気をつけないといけないな~。母が教師を辞めた理由がわかりました! なんとなく、震災が引き金になったのではないかと思っていましたが、やっぱりそうだったんですね。

経験した人にしかわからないことですが、たとえ教育者であっても、自分の子どものことが心配になります。

あまり自分を責めないでほしいですね….

ミスをしたのはマリアンナですが、画像の切り替えを担当したスタッフも「自分も悪かった」と謝罪していました。

いいチームだな、と思いました。

内田からは「怪我の功名」「トレンド入り」と聞いていたが、その記事のタイトルに「早すぎない?その記事のタイトルには「早すぎる」という言葉が含まれていたのではないか?つまり、「浅岡の代役を務めるにはまだ若い」という見切り発車的な記事だったのだ。

この記事を読んだとき、私は、この記事を読んだときのことを思い出しました。その後、4人でささやかな思い出話に花を咲かせた

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週目第150話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。