純ちゃんの応援歌最終回(第151話)のネタバレあらすじ!高校球児の母

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」25週目第151話(最終回)のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年4月1日(土)放送
第25週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第151話(最終回)のネタバレあらすじ

ここからは、4月1日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第151話(最終回)のあらすじをまとめたネタバレです。

甲子園のため球児たちが宿泊してきて大忙しの朝。
高校球児たちがやってきて、純子に応援に来てほしいとお願いしに来た。
速水純子(山口智子)は必ず応援に行くと答える。
そこへ、小百合がやってきた。
皆、雄太との婚約を聞いており、おめでとうと声をかける。
雄太もやってきて、二人は一緒に外へ出ていった。
それを見送った純子と小野あき(伊藤榮子)は、二人のために家を探してあげようと話す。
一方、速水秀平(髙嶋政宏)にもまた朗報が舞い込む。
秀平が企画していた混血児の取材について、アメリカのトーマス社がぜひやりたいといってきたのだ。
間に入って交渉をしてくれていたジョージ北川(細川俊之)はすべて任せてくれと伝えた。
すると、そこへ西川恭子(松本友里)がやってくる。
ドイツにいったスティーブ西川(北京一)から電報が届いたというのだ。
純子が内容を読むと、寂しいから恭子にドイツのミュンヘンに来てほしいというのろけだった。
恭子は、来月行くつもりだと話す。
その夜、小野雄太(唐沢寿明)は、あきに結婚したら家をでるけど、年をとったら一緒に住んでほしいと話す。
それが小野昭(西川弘志)が一番喜んでくれることだというと、あきは感謝の言葉を口にした。
翌日、甲子園球場へ向かう高校球児たち。
純子は、彼らに2回線も勝たないといけない!と元気づけた。
そして、彼らを見送り、用を済ませると、約束通り、彼らを応援するために甲子園へ走って向かった。
純子は、これからも彼らのお母ちゃんとして奮起するのであった。
ここまでが、4月1日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第151話(最終回)のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第1話からもう一度あらすじを知りたい方は、第1話「日系人米兵」へ読み進めてください。

「純ちゃんの応援歌」の最終回はいつ?

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」の第1回が放送されたのが、1988年10月3日です。

「純ちゃんの応援歌」は 151回放送され、151回の今回が最終回となります。

よって、「純ちゃんの応援歌」の最終回は、1989年4月1日(土)です。

現在、「純ちゃんの応援歌」が再放送されていますが、再放送の最終回は、例年でいえば、2022年1月21日(金)になります。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第151話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第151話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌151話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第26週目第151話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。