純ちゃんの応援歌第65話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」11週目第65話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月16日(金)放送
第11週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第65話のネタバレあらすじ

ここからは、12月16日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第65話のあらすじをまとめたネタバレです。

食堂の食材を届けに、牛山ももと金太郎が美山村からやって来た。
大阪に移り住んでいた小百合も、姉の静尾に送られて現れた。
すっかりモダンな職業夫人となった静尾の姿に、驚く純子。
今は東京で作家の秘書になり、取材で京都に来ていると言う。
純子は早速、皆を開店前の食堂へ案内する。
小さいながらも真新しく改装した店に、皆が興奮し純子も満足げだった。
しかし静尾は、学生の時から優秀だった純子が、無邪気に食堂開店を喜ぶ姿に苛立ちを覚える。
女が活躍できる時代になった今、他にやるべき事があるのではと厳しく意見する静尾。
純子は苦笑いし、今の自分には食堂を成功させることが、やるべき事なのだと話す。
やりたい事だけやるわけにはいかない現実を背負う純子。
だが、純子の胸には静尾の言葉がいつまでも突き刺さっていた。

ここまでが、12月16日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第65話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第66話のあらすじを知りたい方は、第66話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第65話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第65話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

りょーちんの東京到着りょーちんがついに東京に到着しました。

昨日は突っ込みませんでしたが、りょうちんは手ぶらで来ましたよ。気仙沼の人はみんなアポなしで訪れると思われているようなので、偏見を持たれないか少し心配です。

しかし、今までの訪問者と違って、りょうちんの登場には不穏な空気を感じましたが……まあ、仕事で銚子から築地に来て、そのついでに立ち寄ったということですが、それでも不穏な空気を感じました。荷物もないし、着替えもないので不安でしたが、仕事で来たと聞いて安心しました。

父と一緒に映画を見ていたのですが、どうして嘘をついたのかわかりません。

モネへの思いがあって嘘をついたのか、モネの実家に行ったときに会ったと言っていたので、そこでの話し合いの内容を伝えなければならないのではないかと思いました。そんな目で見られたら目も当てられませんよね!?あの顔で言われたら、多くの人は許すと思いますが、私の場合は、「来ちゃいけないの?っていう顔をしたら、許してくれる人も多いと思います。めちゃくちゃ可愛いじゃないですか。今日のみーちゃんは可愛すぎる。!!!!東京に来ても上達しないと思いますが、いつものテイストと違うものを着ていると、なぜか可愛いと思ってしまうのです。と思うようになりました。昨日、さやかとモネがチェーンソーで切っていたとき、「このまま切り続けられるのかな」と心配になりました。と心配していましたが、無事に切断されました。でも、昔はチェーンソーがなかったから、ノコギリで切っていたんでしょうね。

また、昨日の最後の儀式的なシーンでは、昔ながらの木の手入れの仕方を感じたので、いきなりチェーンソーで切られる瞬間を見て、現代の冷たさを感じました。撮影のために伐採されたわけですが、いったいいくら払ったんでしょうね。

ドラマの内容はともかく、本当にこの木を50年寝かせて、能舞台の材料にしたら、本当に素晴らしいと思いました。

樹齢300年のヒノキを伐採したのは良かったのですが、問題が1つありました。

伐採するのは貯蔵してからではないのか?と思ったが、そんな心配は無用だった。

問題は一瞬にして解決した。モネはハザードマップで被害のない場所を見つけ、祠に目をつけた。

祠が実際に現場で使われるのかどうか。

と思ってしまうほどだ。

周りからのプレッシャーも大きかったと思いますが、50年という長い年月を経て、即決した倉ちゃんもすごいですよね やっぱり…保管場所は解決して、あとはモネの問題が残っている。

私は、この問題を解決することができました。私は、この問題を解決することができると確信しています。

明日、さやかに「東京に行く」と言うのだろうが、考えただけで涙が出てくる。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰か死んだんじゃないかと思ってしまう。

涼ちんがいなくなったことをちゃんとみーちゃんに伝えていて、モネはお姉ちゃんだなと思ったシーンでした。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのこともあってのこと。

おばあちゃんが手渡した封筒から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちは理解できるが、息子の涼ちんが一生懸命働いているのに、息子のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちは分からないでもないけど、親の役目は子供のために生きることだよ。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をすると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょうちんがモネのことを好きだとしても、モネがコントロールできるものではありません。

昨日の噂では、綾子さんは島中で浮気をしていると噂されていましたが、家に行って掃除をして、二人きりになったら

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第11週目第65話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。