純ちゃんの応援歌第66話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」11週目第66話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月17日(土)放送
第11週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、12月17日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

食堂開店の前夜、「山うな丼」のアイデアが閃き、突然調理をし始める純子。
「純ちゃん食堂」がいよいよ開店し、正太夫がお祝いに現れた。
正太夫は、北川から一緒に渡米することを誘われ、これからと東京へ旅立つという。
それは、息子を心配し北川に頼んだつやの親心であることを正太夫も純子も知らない。
秀平に会ったら、純子が小さな食堂をやって頑張っていることを伝えると言い、正太夫は旅立って行った。
「山うな丼」も好評で、食堂は大盛況。
午後の落ち着いた頃、雑賀が店にやって来た。
校長を辞め、自身も出版社を立ち上げた雑賀は、純子にお互い船出だと励ます。
初日は大盛況で、昭と雄太も野球部でレギュラーになれ、幸先の良いスタートとなった。

ここまでが、12月17日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第66話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第67話のあらすじを知りたい方は、第67話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

三陸鉄道三陸鉄道の写真を撮ろうと思っています! まさか朝ドラ「あまちゃん」に繋がるとは思っていませんでしたが、鳴子温泉もいいところですね~ 私たち2人はなぜか取り残されてしまいました。

起きてすぐに海に行ったのですが、朝ごはんを食べずにそのまま帰ってしまいました。

ところで、私たちは服を着たままでしたか?確認しておけばよかった・・・。牡蠣の養殖の講義牡蠣の養殖の講義は、今日初めて詳しく説明しました。

温水で処理するには手間がかかるようで、赤ちゃんを買ってきて養殖しているとのことでした~ おばあちゃんが食べるような美味しい牡蠣ができるとのことでした。今日は牡蠣(おばあちゃん)による牡蠣養殖のレクチャーでしたw自宅の実験室 今週はみっちゃんの自由研究のお話のようですが、自宅の実験室はとても本格的でした。

設備には相当なお金がかかっているはず。家はボロボロだけど、浩二さんは銀行員だから給料はいいのかな?今日、スクリーン越しにキャストの中に浅岡の名前を見たとき、「また来てくれるかな?と思っていたのですが、画面に登場したのは浅岡さんでした!「また来てくれるかな?最後に電話をかけてくるかなと思ったのですが、今日は出てきませんでした。最後に電話をかけてくるかもしれないと思っていましたが、今日は出てきませんでした。

内容が多いからなのか、最終回が近いからなのかはわかりませんが。内容が多いからなのか、最終回が近いからなのか、よくわかりません。朝市から気が気じゃない!?内容が多いからなのか、最終回が近いからなのか、よくわかりません。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも心が痛みます。

毎年このような映像を見ているような気がしますが、異常気象の話題ばかりで、それが当たり前のようになってしまっています。

しかし、備えをしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、オリンピックと今来ている台風との関連性が強い。

台風シーズンに放送されたこともあって、天気予報の見方がずいぶん変わったなと思いました。

ポイントを押さえた発言 マリアンナさんは、物事を端的に言います。

嬉しいというか、マリアンナさんだからこその言葉だと思います。

確かに、トラウマを抱えた百音は、誰も傷つけたくないし、人を助けたいと思っているけど、結局は自分のためなんだよね。でも、結局は自分のためなんですよね。

自分で言うのもなんですが、「人のために何かをするのは偽善だ」と言われるとつらいですね。

自分に酔っているわけではありませんが、人のために偽善的だと言われると難しいですね。

永浦姉妹に共通しているのは、考えすぎていること。

また、おじいさんの牡蠣を何とかしたいと思っているが、それが本当にやりたかったことなのかどうかはわからない。

自分なりに誰かの役に立ちたいと思っていたのかもしれない。

涼との将来も気になりますし、2人には幸せになってほしいですね。

関西弁東京の作品に関西弁のキャラクターが登場するのは珍しいですね。パラリンピックを目指すアスリートを演じたのですが、なんというか、自信過剰なんですよね。アスリートがあんなに大きな口を叩くのはいいと思うけど、お金がないから面倒を見てくれって言うのはちょっと偏見だけど、それが関西人なんだよね!」。今朝のドラマ「おかえりモネ」は強烈なキャラクターに完全に乗っ取られてしまいましたが、浅岡さんの「お天気キャスターを辞める」宣言もかなりインパクトがありました。

物語は4年後の東京を舞台にしているので、長丁場になると思いますが、浅岡がいつお天気キャスターを辞めるのかが気になるところです。

物語はかなり長くなると思いますが、浅岡がいつお天気キャスターを辞めるのかが気になりますね。

何もしていないのに、「何かしなければならない!」という気持ちに縛られすぎている、と。彼女の感情や行動が少し独りよがりに見えてしまうのが残念だと思います。なぜ髪を切ったのか!?そして、もうひとつ。もうひとつ気になったのは、三成の断髪式です。

お寺を継ぐのはいいのですが、断髪式でのそれぞれの気持ちがよくわからず、ただの断髪式の話になってしまいました。

父親は何も感動的なことを言っていないし、何をしようとしているのかよくわからなかった。

昨日の放送では、小学生の女の子2人が相合傘で帰宅するところで終わっていましたが、さすがに振り返る朝ドラは「おかえりモネ」ですね。今回は、「二人が相合い傘をしている時から帰宅するまでの15分間を全部使ってもいいじゃないか!」と思いました。と思っていたのですが、「相合い傘から15分全部入れればいいんじゃない?

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第11週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。