純ちゃんの応援歌第67話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」12週目第67話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月19日(月)放送
第12週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、12月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

昭和28年6月、「純ちゃん食堂」は開店から四年が経ち、順調そのもの。
安くて美味しく、純子の魅力もあって、評判の店になっていた。
校長を辞め、仲間と出版社を立ち上げた雑賀も、いよいよ自分の本を出版することに。
その出版記念の会で出す料理を頼まれた純子は、喜んで引き受ける。
昭と雄太は高校三年生となり、甲子園を目指して野球に打ち込んでいた。
そんななか、優秀なピッチャーである雄太に対し、昭はレギュラーから外されてしまう。
翌朝、小野家の玄関に人影があり、戸を開けると、牛山ももが立っていた。
玄関先には大きな荷物があり、驚く純子とあきに  家出したきたと告げるのだった。

ここまでが、12月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第67話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第68話のあらすじを知りたい方は、第68話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第67話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ももんが考えたのは、カサカサになった太陽光の熱を利用したもの。

それをさやかに報告すると、さやかは「パリパリになった」と表現する。

夏木マリの干物は、値段相応の価値があるようだ。モネとサヤカは干物とは関係ない。

今にも笑い出しそうですが、当事者としては気まずいですよね~ほんと、若い人は言うことが容赦ないですねw 伝説の名人のクレジットに「伝説の名人」を見つけました! なんじゃそりゃ?偉い師匠が登場する予感がしていたのですが、いざ登場してみると本当に仙人のようでした!(笑 伊藤さんの師匠ということで、本当に腕がいいんですよ。

ちょっと仕事をしているシーンがあったのですが、凡人の私にはその凄さがわかりませんでした。モネが思いついたのは、ビニールハウス。

しかし、それはすでに考えられていて採算が合わないという。

でも、でも!?その時は、ロット数が少ないので採算が合わなかったのですが、数を出せば採算が合うことがわかりました。

理解するのに時間がかかりましたが、採算ラインが読めるのであれば、それでビニールハウスを作ればいいのではないでしょうか?素人間隔で申し訳ありませんが、いかがでしょうか。また、問題は職人さんの確保です。

川久保さんはようやく職人さんを集めましたが、集めるのが早くないですか!?あれは時間的には数日だったかな?同じ日の話をしているようでも、最終的には納品を終えて、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

でも、一番気になるのは、入札はどうなったのか?大手企業も興味を持っていたと聞いています。

大手企業をターゲットにしているとは言っていましたが、入札をせずに特別な注文を受けるというやり方には、少し違和感を覚えました。

ドクターコージは、「東京のお医者さんと聞いても驚かないでください」と言っていたが、まだ付き合っていないのではないか?お医者さんはやはり身分が高いようですが、東京のお医者さんはさらにお金持ちと思われているのでしょうか。あと、モネに彼氏がいると聞いたとき、どっちかわからない絶妙な表情をしていたのがとても印象に残っています。

それってやっぱりモネのことが好きってことなのかな?と思っていたのですが、実際にはそうではありませんでした。

よくわからないんだけど。お坊さんも来ていたということは、たぶん南さんの供養になるんじゃないかと思うんですが、最後に涼ちんが東京に来たということは、何もかもが嫌になったんじゃないかと思うんです。

多分、シンジが死んだことを認めたくないというか、嫌な予感がしてきたんじゃないかと思っています。

本当はりょうちんが苦しむことが目的なんだから、りょうちんには幸せになってほしい、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。モモンと先生が会うことになったことを知ったすーちゃん。

今回ばかりは、彼女の言い分に賛同します。!!!! 気持ちを伝えないというのはどういうこと?相手が告白してくるのを待つパターンなのか、それとも恋愛しなくてもいいパターンなのか。

それとも、気軽に童貞を捨てるつもりなのか?と思ってしまいますが、どうでしょうか。今日は久しぶりに、ももんがみーちゃんの心に響く言葉を言ってくれました。

今日、久しぶりにモモンがみーちゃんの心に響く言葉を言いました。”みーちゃん、東京に行きたくないの?”。物語の方向性としては、そういうことになるのかな。桃音は意外と自分の言葉に素直なんですよね。

涼ちんが百音に声をかけたとき、百音は完全に彼を突き放した。でも、厳密に言えば、彼は東京に行きたいのではなく、研究をしたいのです。

朝ドラ『おかえりモネ』の103話では、みーちゃんがりょうちんを乗り越えて、自分のやりたいことをやってくれることを期待しました。

マサケンとは?謎の手紙を受け取った長浦家ですが、推測するに、民宿時代の常連客に手紙を書こうとしていたのではないでしょうか。

突然の正則に視聴者はSNSで戸惑い、皆が戸惑った後に正則の正体が明らかになりました!?島の里親制度のことを初めて知りましたが、正則さんはホームステイの子なのかな?正則はホームステイができたのかどうか。島の里親制度の話になるのかどうか気になりますね。

単発の話なのか、それとも民宿再開の話でまた登場するのか、確認してみたいと思います ついに告白が!?そして、それにつながる動きが今日解き放たれた! ついに辰巳が畳み掛けるように告白します。

“おじいちゃん “が辞められる年齢になったのはいいが、自分の代で廃業する決意を表明したことで、後継者問題が浮上してきた。

みーちゃん、若くて元気なのはいいことだけど、考えてみてよ。

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。