純ちゃんの応援歌第103話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」18週目第103話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年2月4日(土)放送
第18週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第103話のネタバレあらすじ

ここからは、2月4日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第103話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌103話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、2月4日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第103話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第104話のあらすじを知りたい方は、第104話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第103話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第103話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

今日はDJやまちゃんからスタート! やまちゃんが本領を発揮する時ですが、まさにその通りです。百音と違って、楽しそうにラジオをしていました。きっとこれは「村八分」ではないのだろう。

私だけではなく、他の子供たちもそうだと思いますが。

言葉を噛み砕きながらも、「子役として頑張れ!」と励ましていました。しかし、子どもたちの演技を見て、朝ドラ「お蝶庵」で千代役を演じた厚野舞多さんの演技はすごいと思いました。

やはり、子役といえども、選ばれた役者の演技はまったく違う。

百人一首の子役が悪いわけではありませんが、やはり才能のある人が選ばれる世界なのだと改めて実感しました。

まあ、中にはあえてふりがなを振らず、スラスラと演技をする子役もいましたが、それはそれで子供らしい演技でした。

むしろ、子供たち全員が同じ状況に陥っていることが不自然だったと思います。日曜日の雨の日はお祭りの日で、雲行きが少しおかしくなってきました。

昨日は晴れていたはずなのに、急に雨の予報になってしまった。

予報が真逆になることってあるの?Momoneは地元の人ですが、周りの人からはよそ者扱いされています。

彼女は地元の人ですが、周りの人からはアウトサイダー扱いされています。周りの人たちは、外部の人間がかき回してはいけないと思っているのでしょうが、やはり彼女はすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎるのでは?世の中そんなに甘くないと思いますよ…. 食中毒とかにはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいたかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なぜ持ち帰ったのかと思ったら、祭壇になっていた。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていましたが、それは地方の祭礼でした。

迎え火というのは聞いたことがあると思いますが、私はそこの出身ではないので、ちょっと新鮮でした。どこに行っていたのか聞いてみると、送信ミスをしていたらしいのです 沙也加はスマホ音痴であることが判明した。スマホを使い慣れていない様子でしたが、送信していないのは痴呆フラグではないでしょうか?絶妙なタイミングで、桃音は彼女に合格を伝えるチャンスを逃してしまった。

彼女には言えない。

合格したことを伝えれば、自分も辞めることを伝えなければならない。

でも、まさか金曜日まで引きずるパターンではないですよね?さやかは、モモンの決断を待っているだけで、すべてはモネにかかっているような気がする。

モネは茶碗蒸しに挑戦。

気象予報士以上の新たな挑戦が始まったようだ…。あと、布か何かを使ってやらないと熱くなるんだよね。私は、「さやかちゃんは、自分のことが好きなんだな」と思いました。さやかちゃんは合格したのかと聞いたら、合格していないと宣言されてしまいました これは後々問題になりそうな予感がしますが、さやか自身も合否に疑問を持っているようです。

そして、彼女が向かった先は、菅波先生のところ。

気象予報士試験の合否について尋ねると、「守秘義務がある」とのこと。

でも、さやかちゃんは勘がいいから、事情は察してくれたんじゃないかな。あとは、いつその話をするかですが、来週は東京にいるでしょうから、金曜日になるのではないでしょうか?第二の刺客長浦家から第二の刺客として送り込まれたみーちゃん。

お祭りには来ませんが、お母さんに頼まれると行くそうです。下宿にいるのなら、バスや駅で迎えに来てもらえばいいのに、時間を節約するために突然下宿にやってきた。

今週のタイトルは「百音と未知」ですから、間違いなくこの2人の話ですね みーちゃんが静岡に出張に来た理由は、モネを見るためだけではなく、静岡への寄り道だったことがわかりました。

養殖業の総合検討会に参加すると言っていましたが、入社したばかりの新入社員を一人で参加させることができるということは、相当優秀な方なのだと思いました。目黒といえばウィット

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第18週目第103話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。