純ちゃんの応援歌第104話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」18週目第104話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年2月6日(月)放送
第18週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第104話のネタバレあらすじ

ここからは、2月6日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第104話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌104話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、2月6日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第104話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第105話のあらすじを知りたい方は、第105話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第104話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第104話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

相変わらずの安定したハイライトですね~。念のために言っておくと、これは皮肉です。~~~~~ ハイライトが当たり前になってしまったことが気に入らないのですが、これが今後も続くのであれば、もう何も言うことはありません! 毎回、文句を言ってしまいそうですが。

でも、今日はいつになく短かったので、そこまで文句は言いませんが、納得はしていません。そんなに文句を言うつもりはないけど、納得できない。東京の人口は1300万人です。

納得できますよね。

菅波さんが納得していない理由はそこなんですよ!?それは先生が言ったことだけど、ちょっと面倒くさい人だなと思った。彼は、ありえない偶然に、私をうならせればよかったのです しかも、菅波先生は、近くに住んでいるのに4ヶ月もすれ違っていたことに納得していなかった。

過去に2回もすれ違っていたことを知ったら、さらに納得がいかないだろうが、ある意味では知らせてあげたいと思う。

しかし、菅波先生は夜勤明けに現れたことが判明した。

考えてみれば当たり前のことだが、彼もまた夜勤の医師として働いていたのだ~。今となっては、二人が付き合う確率が飛躍的に高まったことは誰の目にも明らかだ。

二人の時間をどうやって作るか悩んで医者になることを決めたのかどうかはわかりませんが、うまくタイミングを合わせられたのは良かったのではないでしょうか。また、今日は宇田川さんの声を聞くことができました! クレジットにも出ていなかったので、シークレットキャラクターということでしょうか。

ここまで引っ張っておいて、何かつまらないことになっていないか、ちょっと心配です。

第二の刺客長浦家から第二の刺客として送り込まれたミーちゃん。

縁日には来ないが、母親に頼まれれば行く。下宿にいるなら、バスに乗るか駅まで迎えに行くかすればいいのに、いきなり下宿に来て手短に済ませてしまう。

今週のタイトルは「百音と未知」ですから、間違いなくこの二人の話ですね みーちゃんが静岡に出張に来た理由は、モネを見るためだけではなく、静岡への寄り道だったことが判明しました。

養殖業の総合検討会に参加すると言っていましたが、入社したばかりの新入社員を一人で参加させることができるということは、かなり優秀なのではないかと思いました。目黒といえばサンマという発想は、普通の若者とは思考回路が違うことを垣間見せてくれますが、中目黒と目黒は違うということにしておきましょう。

今回は彼女の職場の話をしたいのだが、ひとつ疑問があった。

彼女はいつ仕事に行くのか?基本的には桃園とは真逆の生活をしているはずなのに、なぜかいつも下宿にいるんですよね。お父さんやおじいちゃんが来たときもそうだし、今回ミーちゃんが来たときもそうだし。

もしかしたら働いていないのでは…という仮説を立て始めています。コウジが作ったフルートのこの芽を植えたいんです。

旗なんですよね。気仙沼に帰って、この笛を植えて、将来的にはこの芽が大きく育った姿で「おかえりモネ」の最終回を迎えるのではないかと想像してしまうほどのフラグだと思います。山ちゃんが本領を発揮するのは、まさにこの時なのである。百音と違って、ラジオを楽しんでいるようにも見えました。きっとこれは「村八分」ではないのだろう。

私だけではなく、子供たちもそうなのかなと思います。

言葉を噛んだりしていましたが、「子役として頑張れ!」と励ましました。しかし、子どもたちの演技を見て、朝ドラ「お蝶庵」で千代役を演じた厚野舞多さんの演技はすごいと思いました。

やはり、子役といえども、選ばれた役者の演技はまったく違う。

百人一首の子役が悪いわけではありませんが、やはり才能のある人が選ばれる世界なのだと改めて実感しました。

まあ、中にはあえてふりがなを振らず、スラスラと演技をする子役もいましたが、それはそれで子供らしい演技でした。

むしろ、子供たち全員が同じ状況に陥っていることが不自然だったと思います。日曜日の雨の日はお祭りの日で、雲行きが少しおかしくなってきました。

昨日は晴れていたはずなのに、急に雨の予報になってしまった。

予報が真逆になることってあるの?Momoneは地元の人ですが、周りの人からはよそ者扱いされています。

彼女は地元の人ですが、周りの人からはアウトサイダー扱いされています。周りの人たちは、外部の人間がかき回してはいけないと思っているのでしょうが、やはり彼女はすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎるのでは?

最後に、みーちゃんは八つ当たりを始めたが、それは小学校のSに八つ当たりするようなもので

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第18週目第104話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。