純ちゃんの応援歌第14週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週(66話~70話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月2日(月)~1月7日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第14週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第14週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第14週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第14週『』一覧
放送回放送日
第79話「」1月9日(月)
第80話「」1月10日(火)
第81話「」1月11日(水)
第82話「」1月12日(木)
第83話「」1月13日(金)
第84話「」1月14日(土)

その後彼女は川に身を投げたが、助けられて一命をとりとめ、帰国後再婚した。
夫の連れ子もあり、雄太を引き取ることはできないが、成長したわが子を一目見たいというのだ。

純子はあき(伊藤榮子)と相談し、すべてを雄太に打ち明け、母親に会うように勧めるのだった。

しかし少年はなかなか首をたてに振ろうとはしない。

秀平が小野家にやって来たのは、そんな時であった。

事情を知らされた秀平が、雄太をやや強引に説得した。

雄太は純子と秀平につき添われて、母親の昌代と対面した。

ここまでが、1月2日~1月7日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第15週のあらすじを知りたい方は、第15週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌14週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。