純ちゃんの応援歌第41話のネタバレあらすじ!泣きなさい

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」7週目第41話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第40話「陽一郎死す」では、送別会に招待された陽一郎が急死するストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第41話「泣きなさい」では、家族の前で泣くことを堪えていた純子に、北川は泣きなさいと優しく言うストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月18日(金)放送
第7週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第41話のネタバレあらすじ

ここからは、11月18日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第41話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

父・小野陽一郎(川津祐介)が亡くなっても、小野純子(山口智子)は葬儀の決して涙を見せなかった。
葬儀を終え家に戻るが、家族は皆、父を失った悲しみに満ちていた。
そんな時、大阪から寺内寺内ぬひ(西岡慶子)がやってくる。
陽一郎の死を悼むも、雄太のことを厄介者扱いし、施設にやるべきだと言う。
純子は、自分が大黒柱となり家族を支えるから大丈夫だと言い切る。
日常に戻り、興園寺にやってきた純子。
そこで北川に呼び止められる。
縁側に座り、陽一郎の死を共に悼んでくれる北川の横で純子は次第に涙があふれる。
家族の前で泣くことを堪えていた純子に、ジョージ北川(細川俊之)は泣きなさいと優しく言う。
純子は、北川の胸でいつまでも泣き続けた。

 

ここまでが、11月18日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第41話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第42話のあらすじを知りたい方は、第42話『大阪』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第41話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第41話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

もう中に入っています。朝から驚いています! まさか出演するとは思っていませんでしたが、知らなかったのでびっくりしました。

雰囲気はももクロのままでしたが、内容は宇宙天気のようなシリアスなものでした。プレゼンの仕方が自分の話の延長線上にあるような感じで、すごく気になりました。そして、もう一つのイベント、キーハンディング! 私は、「鍵を渡すのはまだ早いのでは?鍵を渡すのはまだ早いのではないかと思ったのですが、そういえば今年のクリスマスに二人が連絡を取り合ってからかなり時間が経っていることに気づきました。ちょっと野暮な質問ですが、お二人はもうコミュニケーションをとっているんですよね?まだ小学生のカップルではないですよね?笑)」「そうですね。朝ドラ「おかえりモネ」でよく使われる言葉に「きれいな言葉!」というのがあります。今日もそう言われてしまいましたね。

会ったばかりの中学生に「きれいな言葉」と言われたら、どんな心境になるんでしょうね。確かに「誰かの役に立ちたい」というのは抽象的すぎるというか、具体的に何をしたいのかが見えてこないですね。

何をしたいのかはまだ見えていないと思いますが、気象予報士が一人いても、すぐに情報を発信することはできますが、具体的に何が起こると予想されて、その情報から何が得られるのかというビジョンがないと、人は聞いてくれませんよね。

ケハラツアー」を提案されましたが、誰かを助けるというよりは、天気予報をいかにビジネスに結びつけるかという内容で、それが本当にモネのやりたいことなのか疑問に思いました。

結局、具体的なものは何もなかったので、中学生でも「きれいなアイデア」と言ってくれたのでしょう。

脈なし!?みーちゃんは、いよいよダメになってしまったんですね。

そりゃあ、ずっと好きだったのに、同じタイミングで帰されるなんて……。というか、彼女は抱かれたかったんですよね。彼女と一晩二人で過ごしたいのに、いつも帰されてしまう…。何をしているんでしょうね。

みーちゃん、このまま東京に行ってしまいそうな気がしてなりません。

東京に行って、自分のやりたいことをやって、いい男を見つけて、結婚するのが一番いいと思うんだけどな~。地元の人たちがとても素晴らしく、地元の人たちがとても素晴らしいのは不思議ではありませんか?地元の人が大事にしているのはおかしいのではないか?

地元を離れる理由は、都会に憧れたり、仕事がなかったりすることがほとんどですが、私はそれを素晴らしいと思ったことがありません。偉いと思ったことはありませんが、そういうものなんでしょうね。その逆もまた然りで、東京で働くことが偉いとは思わない。

東京で仕事をすることが素晴らしいとは思いません。

彼女は、亮への愛を語っていた。

彼女は漁師であることを気にしていなかったし、むしろ自分の仕事に誇りを持っていた。

“ただ……。これが一番の問題だと思っていたし、それを名前で特定するとしたら、シンジが彼を苦しめていることだけだ。

そんな話をしているうちに、りょうちんが目を覚ましたんですが、これはフラグですか?みーちゃんを好きになって、みーちゃんが目を覚ましたときに自分も起きていた、なんてことになったら嬉しいですね。みーちゃんを闇から救ってくれるのは、りょうちんしかいません!お願いします。と言っています。

二人とも少し足が軽いのですが、こちらの方が少し本気だったようです。

菅波は、連続した尋問時間にたじろぎそうになったが、それでもちゃんと答えてくれた。仙台にいるときは何も考えていなかった」と正直に話してくれましたね。

最後は野坂さんのカミングアウト。

野坂さんは三宮出身だったと思いますが、阪神・淡路大震災を経験されています。

その時のことは今でもよく覚えていますし、大阪から転校してきた女の子のことは今でも忘れられません。

もう、中の人!?朝から気が抜けません! まさか、ももクロが出るとは思っていなかったのですが、昨日から私が出ることがわかっていたようですが、私は知らなかったので、びっくりしました。

雰囲気はももクロのままでしたが、内容は宇宙天気のようなシリアスなものでした。プレゼンの仕方が自分の話の延長線上にあるような感じで、すごく気になりました。そして、もう一つのイベント、キーハンディング! 私は、「鍵を渡すのはまだ早いのでは?鍵を渡すのはまだ早いのではないかと思ったのですが、そういえば今年のクリスマスに二人が連絡を取り合ってからかなり時間が経っていることに気づきました。ちょっと野暮な質問ですが、お二人はもうコミュニケーションをとっているんですよね?まだ小学生のカップルではないですよね?綾子さんが島中で浮気をしているという噂は聞いていると思いますが、どこまでが浮気で、どこまでが浮気でないのかはわかりません。昨日、綾子さんが島中で不倫しているという噂を聞きました。

家の外で会っているだけだと思っていたのですが、家に行ってみるともっと怪しくなってきたので、

 

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第7週目第41話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。