純ちゃんの応援歌第89話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」15週目第89話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月19日(木)放送
第15週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第89話のネタバレあらすじ

ここからは、1月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第89話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌89話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月19日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第89話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第90話のあらすじを知りたい方は、第90話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第89話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第89話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

昨日は携帯でさやかちゃんを見つけられなかったのですが、今日は会えました。どこに行っていたのか聞いてみると、送信ミスだそうです。なんと、さやかはスマホ音痴だったのです。スマホを使い慣れていない様子でしたが、送信していないのは認知症フラグではないでしょうか?絶妙なタイミングで、桃音は彼女に合格を伝えるチャンスを逃してしまった。

彼女には言えない。

合格したことを伝えれば、自分も辞めることを伝えなければならない。

でも、まさか金曜日まで引きずるパターンではないでしょうね?さやかは、モモンの決断を待っているだけで、すべてはモネにかかっているような気がする。

モネは茶碗蒸しに挑戦。

気象予報士以上の新たな挑戦が始まったようだ…。あと、布か何かを使ってやらないと熱くなるんだよね。私は、「さやかちゃんは、自分のことが好きなんだな」と思いました。さやかちゃんは合格したのかと聞いたら、合格していないと宣言されてしまいました これは後々問題になりそうな予感がしますが、さやか自身も合否に疑問を持っているようです。

そして、彼女が向かった先は、菅波先生のところ。

気象予報士試験の合否について尋ねると、「守秘義務がある」とのこと。

でも、さやかは勘がいいから、事情は察してくれたんじゃないかな。あとは、いつその話を始めるかだが、来週は東京にいるだろうから、金曜日になるのでは?樹齢300年のヒノキを伐採する計画がいよいよ発表されましたが、1本の木を伐採するのに何人の人が必要なのでしょうか?いや、300年はすごいけど、一本の木なんだよね。その木を能の舞台にするというのならわかるが、ただ伐採するだけならちょっと大げさだと思った。物語の中では、柱を返すのは数十年後だと言ってモネにプレッシャーをかけていましたが、彼の心はそこにはありませんでした。

誰もがモネに山の後継者として期待しているが、彼女はどうなるのだろうか…. そう言われると、東京に行きたいってことですよね?そういうことなんだよ。

誰が見てもそうなることはわかる。

でも、モネはその先にあるもの。

気象予報士をあきらめる!?いやいや、そんなことはどうでもいいんです。!!!!私は気象予報士をあきらめる!?なんて言ったらいいのかわからない。

どうして、どうしてそのような結論になったのか、本当に聞いてみたいのです。

どうやってその考えに至ったのか、彼に聞いてみたいと思います。きちんと訂正する菅波さんは、相変わらずの正論の持ち主ですが、今日の会話の流れは本当に悪いと思いました。そうなんですよねー。他に道はないんだから。

まっすぐな道だよねー。私の言っていることは、きっと理解してもらえると思いますよ。

私は、そのように考えています。しかし、私は、そのようには考えていません。というか、あの距離では聞こえていないはずだし、菅波先生には私の姿がバッチリ見えているのだから! でも、彼女の声を聞いてしまったからには、彼女を送り出さなければならないと思っているのでしょうね~ それは、気象予報士の資格を取った後のモネの話でもあります。

今回は学校にも通っているので、次の試験の合格を目指している最中だろう。

そのときに、どのようにカットするかが見ものですね 結局、何時なの?涼が行方不明になってから4日が経ちましたが、結局何時なのかよくわかりません。

朝、迎えに行って、午前中におしゃべりして、お昼に築地に行って、下宿に戻ってきて、みんなで解散して、みいちゃんの荷物をまとめた。

涼は寝てしまったということは、モモンガが来るまではずっと起きていて、その後寝てしまったということですよね?時計も表示されず、よくわからない時間軸の1週間だった。

腕が2本!?みんなのところに戻ろうとする百音の腕を掴む亮。

おーい、ここから告白タイムだー。と思っていたのですが、なんだか間接的というか、遠い実感のようなものがありました。

わかっているのかな?いやいや、そうじゃない。なんとなく、ね。きっとそういう意味なんだろうけど、はっきり言ってほしかった。!!!! わかっているはずなのに。私もあの無神経なモモンガにどう対応していいのかわかりません!(笑 個人的な見解としては、「言いたいことはわかるよね」とセットで考えている。と思ってしまうのですが、どうなんでしょうか?次のエピソードはもうすぐですね。個人的には、次のエピソードが起こらなくてイライラしているモネの姿を期待していたのですが、あまりにも早く次のエピソードが起こってしまったのでがっかりしました。しかし、今回の講演内容は義務教育レベルの内容でしたよね。

でも、話している内容は義務教育のレベルです。その程度のこともわからないようでは、高校入試に失敗しても仕方がない……。でも、菅沼さんは主張もしっかりしている。と思ったのは、私だけでしょうか。

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15週目第89話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。